機械制御/振動騒音TOP
IR情報 会社情報
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  •  
プラントメンテナンスショー
youtubeチャンネル
EZ|3D(ハンディ3D変位測定ツール)
  • 2017/02/17(金)
    挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム ~ 自動車/鉄道/エレベータ/自動ドア・ゲート向け ~

    自動車や鉄道などの輸送機器に採用されるドアや窓は自動化が進み、挟み込み事故に対する安全対策が必須になっています。自動車のサンルーフや窓については、米国規格のFMVSS 118、欧州規格の2000/4 EGへの対応が求められています。同様に、鉄道車輌やエレベータのドア、各種自動ドア・ゲートについても、それぞれの規格に沿った試験を実施し規格を満たす必要があります。挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム「FMシリーズ」「BIAシリーズ」は、自動車の窓/サンルーフ/テールゲート/スライドドア、鉄道車輌やエレベータのドア、ゲートなどが閉まるときに、障害物を検知して反転する際の荷重を計測します。取り扱いが簡単で短時間で装置の設置ができ、単一ボタンのワンプッシュ操作で測定できます。さらに、グラフの作成、レポート出力、データのエクスポートなどデータの収集・解析も簡単・迅速におこなえます。また、各種... ...続きを読む

  • 2017/02/16(木) 画像解析により三次元変位を測定するハンディ3D変位測定ツール「EZ3D」

    自動車のボディーのアライメントは外観に影響を与えるだけでなく、車両剛性や空力の影響による操縦安定性、衝突時の安全性など様々な車両性能に影響を及ぼすため、品質管理の現場では荷重や温度変化を与える試験を行い、各部のアライメントを厳しくチェックしています。測定には、三次元測定システム、もしくは、ギャップゲージやステップゲージなどが用いられています。しかし、三次元測定システムは高額で、かつ装置の据付・調整に時間がかかり、操作・測定には知識と経験が必要であること、ギャップゲージやステップゲージは一箇所ずつ人の手で測定するため相当の時間を要し、さらに、作業員によって計測結果にバラツキが生ずるなどの問題があります。 今回販売する、ハンディ3D変位測定ツール「EZ3D」は、タブレット端末をベースとしたハンディタイプのシステムで、ステレオカメラとターゲットシールを使用した画像解析により三次元変位を計測し... ...続きを読む

  • 2016/12/01(木) 車両が路面から受ける力を計測するホイール6分力計「WFT-Cx」

    近年、自動車の安全性や操縦安定性向上のため、様々な路面状態での走行試験や耐久試験などが必要不可欠になってきており、テストコースや公道での試験走行を減らし、天候の影響を受けずに再現性よく繰り返し試験を行うことができる、台上での試験の重要性が増してきています。台上試験において、テストコースや公道での走行を忠実に再現するためには、実走行時に路面から車両が受ける力を正確に計測し、種々のシチュエーションの詳細なデータを用意する必要があります。車両が路面から受ける力の計測にはホイール 6 分力計を利用しますが、計測精度の確保ならびに車両重量 に対するセンサー重量比率軽減のために、小型車用、中型車用、大型車用のように、車種ごとに異なるホイー ル 6 分力計を用意する必要がありました。今回販売を開始する、ホイール 6 分力計「WFT-Cx」は、7.9kg 未満の軽量なセンサーで 0.2%FS 未満の優れた精度を実現してお... ...続きを読む

  • 2016/11/15(火) 大容量eMMC向け高速書込み・大量生産自動プログラミングシステム「PSV5000/LX」 販売開始

    スマートフォン、車載インフォテイメントおよび先進運転支援システム(ADAS)情報機器市場が拡大し、記憶装置である大容量(~128Gバイト)eMMCの搭載量も拡大しています。大容量eMMCにプログラムやデータを書込む製造工程にておいては、eMMCは以前使用されていたNAND型フラッシュメモリに比較し容量が大幅に増加したことで、既存の自動プログラミングシステムでは書込み製造に時間が掛かり単位時間あたりの生産能力が大幅に低下、全体の生産能力(個数)の低下が問題となっています。また、フラッシュデバイスに対する書込みに関しては、単に生産能力の向上のみでなく、不良品の混入を防ぐための品質管理体制の充実、さらに、扱うデータのセキュリティや安全性への対応も強く求められます。今回販売する「PSV5000/LX 大容量eMMC対応自動プログラミングシステム」は、最大40個の同時書込みができ、さらにData... ...続きを読む

  • 2016/05/13(金) 自動運転での複数車両同時走行。GPS 制御 実車走行試験用ロボット「NaviControl」

    近年、自動車の安全性向上のため、様々な路面状態の走行試験や耐久試験など、長時間で過酷な実走運転が不可欠になってきていますが、テストドライバーでは実施が難しいことが課題になっています。GPS 制御 実車走行試験用ロボット「NaviControl」は、テストコースにおいて、ハンドル・ブレーキ・アクセル・ク ラッチ・ギア用ロボットを使い、メーカーや車種を問わず全ての自動車を、完全自動、半自動、遠隔操作で、定義された軌跡ならびに速度にて走行します。過酷な条件下でも高精度・高再現性かつ安全な実車走行試験が実 施でき、正確な計測を行うことができます。今回多数のご要望にお応えし、複数車両の同時走行が可能になる機能「Multi Control」を新たに開発いた しました。「Multi Control」は各車両の位置と距離を常時計測し、さらに追突防止機構により、安全に複数車両同時の自動走行試験を可能にします。複数台... ...続きを読む

PAGE TOP