機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

音源探査システム/音の可視化システム

超小型音響粒子速度センサとマイクロホンを用いて、音源探査を行うシステムです。指向性の高い、高帯域(20-10kHz)のセンサで音響計測を行い、その結果を様々なフォーマットで表示します。外来ノイズや反射の影響を受けにくい音響粒子速度で計測したデータにより、無響室などの特別な測定環境が不要で、車室内などの反射環境でも計測が可能です。



ご参考:音響粒子速度センサから始まる 新たな振動/ 音響計測

contact_btn_p11_MFT.jpg
 

  • ボイジャー
    1

    ボイジャー
    Microflown Technologies

    ボイジャーはポータブルな振動騒音測定デバイスで、シグナルコンディショニング、データ収集、およびストレージの機能を備えたタブレット端末です。リアルタイムリスニングができるほか、リアルタイムでモニタリングやフィルタリングもできるため、計測現場でも音場への理解を深められます。

  • スキャン&ペイント3D
    1

    スキャン&ペイント 3D
    Microflown Technologies

    音源探査、音響の可視化のためのユニークなツールで、複雑な問題をわかりやすくシンプルに変えることができます。

  • スキャン&ペイント
    1

    スキャン&ペイント
    Microflown Technologies

    スキャン&ペイントは最速で非常に簡便な、近接音場での音源探査・音響マッピングを提供します。Microflownプローブ(音圧・音響粒子速度プローブ)で音圧と音響粒子速度を計測します。

  • アコースティックカメラ
    1

    アコースティックカメラ
    Microflown Technologies

    過渡的であったり、非定常な音の音源探査は、複数本のセンサによる同時測定を必要とします。アコースティックカメラは、複数本のPU プローブを用いてグリッドアレイや分散アレイを構成し、非定常音響現象をリアルタイムでマッピング出来る測定システムです。

  • スキャン&リッスン
    1

    スキャン&リッスン
    Microflown Technologies

    従来から音計測に用いられているマイクロホンは、ほとんど指向性がありません。それに対しMicroflownプローブは小型で指向性が高いため、目的の方向から発信する音に起因する音響粒子速度に反応します。被測定物に近接させて「音響粒子速度を聞く」ことにより、ピンポイントで音源を特定することができます。

  • スキャン&ペイントTPA
    1

    スキャン&ペイントTPA
    Microflown Technologies

    スキャン&ペイントに、参照点との位相情報計測機能を加え、音響粒子速度センサを内蔵したモノポール音源を用い、参照点から、測定面への伝達関数(P/U)を算出します。測定対象を動作させ、測定面の音響粒子速度と検証のために参照点の音圧測定を行います。これらの伝達関数と測定された音響粒子速度から、参照点の音圧を求めます。複数のパネルの計測を行った場合、上記を測定回数分足して参照点の音圧の総和、パネル寄与度を算出します。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。