Microflown Technologies

スキャン&ペイント 3D

音源探査、音響の可視化のためのユニークなツールで、複雑な問題をわかりやすくシンプルに解析することができます。短時間で音響インテンシティと音響粒子速度を立体的に解析し、広い周波数帯域かつ高ダイナミックレンジの計測結果を、測定対象の3Dモデルに重ねることができ、音源の特定と音伝搬の視覚化がフル3Dで実現します。
プローブの位置と向きは3Dカメラにより自動で認識されるため、車室内装のように込み入った測定空間でもプローブの位置認識を簡単に行えます 。

製品一覧を見る

MFT社動画一覧へ

MFT社最新リーフレット
スキャン&ペイント3D

特長

  • 広い周波数に対応: 20Hz – 10 kHz
  • セットアップから結果表示まで短時間で可能
  • 以下のパラメータを三次元的に可視化
    • 音響インテンシティベクトル
    • 音響粒子速度ベクトル
    • 音圧分布
  • 実稼働環境での測定
  • プローブの位置同定を自動化
  • CADやSketchUpなどの三次元モデルを取り込み可能
  • 任意の面に対し2次元マッピング表示可能
  • 簡便な操作性
  • 1本のプローブで計測可能

システム構成

  • 赤外線トラッキングカメラ
  • 反射板アレイ
  • Scout V2 | フロントエンド
  • MFPA-4 | プローブ用プリアンプ
  • 3軸音響粒子速度プローブ
  • リモートハンドル
  • ソフトウェア