機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

メーカー

Microflown Technologies

MicroFlown社の音響粒子速度プローブは世界で唯一、音響粒子速度を直接測定することが可能なセンサです。これによって音響インテンシティ、音響インピーダンス計測、音場解析をより簡単に行なうことができます。

音響粒子速度センサは8の字の指向性を持ち、サウンドインテンシティは、音圧センサ出力と音響粒子速度センサ出力の内積演算により求まります。音響パワーは音響インテンシティに発音部位の面積をかけることによって求まります。

8の字の指向性がある音響粒子速度センサを3つ、XYZ方向に直交して配置することで、コンパクトな3次元の音響インテンシティプローブが構成されます。この3次元サウンドインテンシティプローブを測定対象周辺をスキャン測定することで、簡単に3次元音響マッピングを得ることが可能です。

吸音材などの吸音率/反射率等、サンプル表面における音響的な振る舞いは、表面インピーダンスの測定によって得られます。コンパクトなサイズに音圧センサ、粒子速度センサが組み込まれたPUプローブを用いれば、サンプルを切り出すこと無く、その場(in-situ)で簡単に観察可能です。

インパクトハンマによる相反性の原理を応用し、車室内の各パネルが耳位置音圧にどの程度の影響を与えているかの解析を、伝達寄与度解析(TPA)と呼びます。

Microflown社音響粒子速度プローブは、車室内各パネル表面の音響粒子速度に、点音源から耳位置までの空間的な伝達特性をかけることによって算出するこのアプリケーションにも適用可能です。指向性がなく、広周波帯域をカバーするモノポールソースは、音源の出力口に音響粒子速度センサが配置されており、直接体積速度を測定いたします。

このメーカーのお問い合わせ

ライセンス申請

このメーカーの詳細を見る

  • ボイジャー ポータブル音源探査デバイス
    1

    ボイジャー ポータブル音源探査デバイス
    Microflown Technologies

    ボイジャーはポータブルな音源探査デバイスで、シグナルコンディショニング、データ収集、およびストレージの機能を備えたタブレット端末です。リアルタイムリスニングができるほか、リアルタイムでモニタリングやフィルタリングもできるため、計測現場でも音場への理解を深められます。

  • サウンドパワー&サウンドインテンシティ計測システム
    1

    サウンドパワー&サウンドインテンシティ計測システム
    Microflown Technologies

    従来の対向式マイクロホンのインテンシティプローブを用いる方式同様に、計測空間に仮想のメッシュを切ります。そのメッシュの計測ポイントにPUプローブ を設置し音圧と音響粒子速度を計測します。全ての計測点の計測を行い、画像に重ね合わせて、音圧、音響粒子速度、音響インテンシティのマップを表示しま す。結果は立体的なデータとして表示されます。

  • スキャン&ペイント
    1

    スキャン&ペイント
    Microflown Technologies

    スキャン&ペイントは最速で非常に簡便な、近接音場での音源探査・音響マッピングを提供します。Microflownプローブ(音圧・音響粒子速度プローブ)で音圧と音響粒子速度を計測します。

  • スキャン&ペイント3D
    1

    スキャン&ペイント 3D
    Microflown Technologies

    音源探査、音響の可視化のためのユニークなツールで、複雑な問題をわかりやすくシンプルに変えることができます。

  • スキャン&リッスン
    1

    スキャン&リッスン
    Microflown Technologies

    従来から音計測に用いられているマイクロホンは、ほとんど指向性がありません。それに対しMicroflownプローブは小型で指向性が高いため、目的の方向から発信する音に起因する音響粒子速度に反応します。被測定物に近接させて「音響粒子速度を聞く」ことにより、ピンポイントで音源を特定することができます。

  • 表面インピーダンス計測システム
    1

    表面インピーダンス計測システム
    Microflown Technologies

    表面インピーダンス測定システムは、素材の音響特性を測定するソリューションです。従来の音響管等による吸音率測定のように、サンプルを切り出して計測する手法ではなく、サンプルを取り付けた製品本来の状態のまま、吸音率を求めます。

  • アコースティックカメラ
    1

    アコースティックカメラ
    Microflown Technologies

    過渡的であったり、非定常な音の音源探査は、複数本のセンサによる同時測定を必要とします。アコースティックカメラは、複数本のPU プローブを用いてグリッドアレイや分散アレイを構成し、非定常音響現象をリアルタイムでマッピング出来る測定システムです。

  • 音響粒子速度プローブ(スキャニングプローブ)
    1

    音響粒子速度プローブ(スキャニングプローブ)
    Microflown Technologies

    スキャニングプローブは音響粒子速度を物理量として直接計測できる唯一のセンサです。 センサの構造上非常に指向性の高い計測が可能です。振動している測定対象物の近傍(極近接音場)では、粒子速度と対象物の振動速度は一致します。極近傍における表面振動垂直成分の測定が出来るように3種類のプローブを用意しています。

  • 3軸音響粒子プローブ(USP)
    1

    3軸音響粒子プローブ(USP)
    Microflown Technologies

    USPはマイクロホンと3軸の音響粒子速度センサを内蔵した音響プローブです。1/2インチの円筒状のプローブで、音圧と3方向の音響粒子速度を1点で直接計測します。

  • スキャン&ペイントTPA
    1

    スキャン&ペイントTPA
    Microflown Technologies

    スキャン&ペイントに、参照点との位相情報計測機能を加え、音響粒子速度センサを内蔵したモノポール音源を用い、参照点から、測定面への伝達関数(P/U)を算出します。測定対象を動作させ、測定面の音響粒子速度と検証のために参照点の音圧測定を行います。これらの伝達関数と測定された音響粒子速度から、参照点の音圧を求めます。複数のパネルの計測を行った場合、上記を測定回数分足して参照点の音圧の総和、パネル寄与度を算出します。

  • PUプローブ
    1

    PUプローブ
    Microflown Technologies

    PUプローブは1/10"マイクロホンと超小型音響粒子速度センサを内蔵したプローブです。音響粒子速度センサは8の字の指向性を持つため、環境ノイズに影響されにくい計測が行えます。
    PUレギュラー、PUミニプローブはそれぞれの受感素子が外部との接触から保護される構造になっています。PUマッチプローブはセンサ部だけを取り出した非常に小型なインテンシティプローブで、小さな音源の位置特定や、測定スペースが限定された対象物の測定に適しています。

    ​いずれのプローブにも2Chプリアンプユニットと専用のケーブルが付属します。

  • モノポール音源
    1

    モノポール音源
    Microflown Technologies

    無指向性の体積速度音源です。
    音の出力口にリファレンスとなる音響粒子速度センサが組み込まれており、正確な体積速度の測定が可能です。
    低周波帯域(30~300Hz)と中高周波数帯域(300~7kHz)のモデルを用意しています。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。