音響粒子速度センサ

音響粒子速度プローブは世界で唯一、音響粒子速度の直接測定が可能なセンサを内蔵したプローブです。非常に小さなセンサで音響粒子速度が計測できることで、微小領域での音響計測を可能にしました。
小型マイクロホンと音響粒子速度センサを内蔵したPUプローブを用いて、ほぼ同じ位置で音圧と音響粒子速度が計測され、それらから音響インテンシティが 算出されます。
これらの計測値を画像に重ねて、音響ホログラフィとして表示したり、音響インピーダンス計測に応用して、吸音材の吸音率計測や、吸音材が製品として加工された状態での吸音率計測に応用した計測システムを提供しています。

ご参考:音響粒子速度センサから始まる 新たな振動/ 音響計測

音響粒子速度センサについての
お問い合わせ

    音響粒子速度プローブ(スキャニングプローブ)

    Microflown Technologies

    音響粒子速度プローブ(スキャニングプローブ)

    スキャニングプローブは音響粒子速度を物理量として直接計測できる唯一のセンサです。 センサの構造上非常に指向性の高い計測が可能です。振動している測定対象物の近傍(極近接音場)では、粒子速度と対象物の振動速度は一致します。極近傍における表面振動垂直成分の測定が出来るように3種類のプローブを用意しています。

    3軸音響粒子プローブ(USP)

    Microflown Technologies

    3軸音響粒子プローブ(USP)

    USPはマイクロホンと3軸の音響粒子速度センサを内蔵した音響プローブです。1/2インチの円筒状のプローブで、音圧と3方向の音響粒子速度を1点で直接計測します。

    PUプローブ

    Microflown Technologies

    PUプローブ

    PUプローブは1/10"マイクロホンと超小型音響粒子速度センサを内蔵したプローブです。音響粒子速度センサは8の字の指向性を持つため、環境ノイズに影響されにくい計測が行えます。
    PUレギュラー、PUミニプローブはそれぞれの受感素子が外部との接触から保護される構造になっています。PUマッチプローブはセンサ部だけを取り出した非常に小型なインテンシティプローブで、小さな音源の位置特定や、測定スペースが限定された対象物の測定に適しています。

    いずれのプローブにも2Chプリアンプユニットと専用のケーブルが付属します。