機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

技術資料

第2回 技術的発達の歴史 /
音や振動のアクティブコントロール

「(電気機械的に)制御された干渉によるノイズ消去」としてアクティブノイズ低減の考えに関して記載された最初の書面は、1933年から1934年にP. Luegによって取得されたいくつかの特許の中で見つけることが出来ます。注目すべき点としては、それらの特許はその後数十年にわたり最初の実用的な試みの中心になった二つのアプローチの内容を含んでいたことです。そのアプローチとはすなわち、適切に配置された二次音源(セカンダリーソース)の近くの任意音場の制御、及び一次元的な波伝播への制限です。

そのような制御の最初の結果は1953年にOlsonによって発表されました。彼は図1に示した様な基本的な制御ループにより原理的に低減が行える構成を研究しました。 逆相で増幅されたマイクロフォン信号でスピーカを駆動することは、マイクロフォン位置における音圧の変動を補正することを目的としています。一次(プライマリー)音場と二次(セカンダリー)音場で波の伝搬方向が異なる為、音のレベルが低減する領域はマイクロフォン周辺の近傍に限られます。

音の低減が適用出来る領域は音場の波長に比例しますので、アンチソースの空間的な有効性は低周波側で増加します。このことは、どの様な信号処理でも低いサンプリングレートの場合のほうがより容易に行えるという事実によって強調されているあらゆるアクティブ対策の重要な特徴の1つです。低周波領域での受動的(パッシブ)手法のアプローチが難しいこともあり、アクティブ手法のアプローチの魅力を高めています。

代表的な結果として、Olsonは0.5メートルまでの距離かつ60 Hzの中心周波数で、1~3オクターブ内で音圧レベルを10~20 dB程低減させることができました。
 
sav_info_img.jpg
図1 マイクロフォン位置における音場の制御


音圧レベル低減の限界は、高い増幅度で生じる不安定性により引き起こされます。それにもかかわらず後年、このシンプルなアプローチはさまざまなアプリケーションで成功を持って支持されました。Leventhall等は一次元導波管内の音圧を制御することによって約20 dBの低減を達成しました。

Olsonはこの手法で多くの潜在的な応用が出来ることを指摘しましたが、実用的な用途にさせる為には長い道のりを必要としました。この理由としては、高速信号処理の限界があったことや、この手法に関する物理的メカニズムの理解不足がありました。電気変換器分野での成功により実際に直面する困難さを過小評価してしまったことで、アクティブ対策技術はその後一時的に衰退しました。

アクティブサウンド制御の可能性に対する新たな関心が寄せられるまでに、その後10年から15年の年月がかかりました。電子信号処理の飛躍的な進歩と共に、アクティブ制御をシンプルな音場あるいは一次元音場へ一時的に制限をかけることで、成功を促進出来る見通しがたちました。

このようにSwinbanksやJessel及び彼のグループが実施した基礎研究は、間もなくして素晴らしい実験結果を導きました。代表的な成果としては、単一周波数の音では最大50 dBの音圧レベルの低減、広帯域の音では10~15 dBの音圧レベルの低減を実現しました。

振動制御分野における技術的進展としては、音圧制御の場合と同様な進展があったものの、それとは異なる発展も見られました。機械的に駆動される位相をずらした発生源(ソース)によって構造物の加振を低減するという初期の試みは、Swinbanks(1984年)の文献(The active control of sound and vibration and some applications in industry)で確認することが出来ます。Olsonが自身の考えにおける振動制御の応用の実現を望んで以降、RockwellとLawtherは梁の曲げ波モードをアクティブ的に最大30dBまで減衰させることに成功しました。その一方で主な理論的研究はTartakowskijと彼の同僚によって行われました。

一方、振動制御に関する実際の対策の実現可能性の見込みがあると分かり、そのことが さらなる関心を引くようになるまでにさらに10年かかりました。アクティブ振動制御に関する文献やその文献で引用された参考文献内で関心が持たれていた分野としては、機械工学、宇宙技術、及び土木工学に集中していました。

アクティブ振動制御のタスクとアクティブサウンド制御のタスクの間には密接な関係があるにもかかわらず、両方の領域の研究については互いにほとんど言及されていません。このようにして、放射構造のアクティブ制御により音を低減するという目的の為に、この制御原理を適用する為の具体的な方法が1967年からまとめられてきました。

アクティブサウンド制御やアクティブ振動制御への関心、及びそれらの可能性への関心が著しく高まったのは1980年代になってからでした。その結果として、非常に多くの基礎研究プロジェクトや応用寄りの開発プロジェクトが、技術的応用分野を含むあらゆる分野に対してアクティブ制御によるアプローチが原理的に実現可能かどうかを体系的に調査しました。しかしながら、実用の可能性があると判断されたにもかかわらず、それが実際に実装された数は少ないものでした。

この理由としては主に、適切な電子装置及び電気機械装置を使う為に多額の費用がかかってしまうことや、それら装置部品への長期的な堅牢性の信頼がないことからでした。しかしながら、ふさわしい用途においては機械的波場及び音響的波動場のアクティブ制御は非常に大きな利点を持っており、それ故最も有益な技術的アプローチの1つとみなすことができます。これら詳細内容については以降の回でご紹介していきます。

 

製品詳細はこちら≫

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

アーカイブ

  • 第8回 閉空間におけるアクティブコントロール(前編)

    これまでご説明してきた考えでは、ターゲットとなっているエリアや容積からなる空間がどの様に構成されているかということは考慮せずに、波の励起や波の伝播を直接制御することを扱ってきました。これまでのアプローチでは、音源にアクセスすることができない場合や、いろいろな方向からやってくる沢山の波によって音場が特徴付けられている様な場合にはうまくいきません。
     

  • 第7回 波動伝播のアクティブコントロール(後編)

    具体例として、16個のラウドスピーカーと24個の計測用マイクロフォンを用い実験室に配置し、200~500Hzの間で30dBまで減衰させることができ、一部周波数範囲を遮蔽できるという結果を得ました。
     

  • 第6回 波動伝播のアクティブコントロール(前編)

    安定性の問題とは別に、二次音場および電子コントローラ内の伝播遅延時間は、「第2回 技術的発達の歴史」で言及したようなシンプルかつ標準的なフィードバック・コントローラの性能を制限する可能性があります。
     

  • 第5回 音源の再生成 /
    音や振動のアクティブコントロール

    多次元波伝搬の制御、並びに高モード密度な振動場の補正は、多くの場合、実際には実現不可能なほどの多数のセンサとアクチュエータを必要とします(詳しくは第6回以降を参照)。したがって、オリジナルの音源のコピーによって音場を打ち消そうとする方法がより好ましいです。

  • 第4回 アクティブシステムの動作メカニズムに関する考察 /
    音や振動のアクティブコントロール

    いかなる音場も任意に変更するためには、その音場の補正を必要とします。なぜなら、少なくとも元の音場を補正または縮小できなければ、音場の分布の変更または置換は有効ではないからです。

  • 第3回 アクティブコントロールの構造 /
    音や振動のアクティブコントロール

    音や振動のアクティブコントロールについての構造図を示します。音源Qは1つまたは複数の音源を示しており、発生する一次音場はベクトルYpで表現されます。アクティブコントロールの基本的な仕組みは、これらの一次音場Ypが2次音場Ysと交わる箇所で重ねられるということです。

  • 第1回 イントロダクション /
    音や振動のアクティブコントロール

    「逆相の音によるノイズ低減」:40年以上にわたってこの魅力的でキャッチーなテーマは物理的な存在以上に注目を集めています。事実、この手法は部分的にでも不快と感じられる音場、つまりはノイズの存在する音場に対して有益で役立つアプリケーションとして認められています。この手法及びその音響工学の応用的拡大は多くの人に受けいれられてきました。

  • データ収集機器(DAQ)の性能指標

    データ収集機器(DAQ)のフロントエンドには、あらゆるノイズの影響が最小限になるような設計が求められます。そのような観点からDAQフロントエンドの性能を表すために、信号にどの程度ノイズが乗ってしまうかを示す様々な指標が利用されています。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第6回
    スピーカ特性シミュレーションとモデルベース聴感試験

    いいスピーカとは何か、測定によって数値化して、その数値が高いほどいいスピーカである、という風に定量化ができればスピーカの開発は苦労しないと思います。ご存知の通り、今のところそのような測定器はありません。そのため、実際に聴感試験を行い、製品を評価します。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第5回
    ビリつき音(Rub&Buzz)

    スピーカより発生するひずみは、その発生原因毎にいくつかの種類があります。主に、定常的に発生する線形ひずみ、スピーカの駆動状態によって発生する非線形ひずみ、そして、接触や異物によって発生する非定常ひずみ=Rub&Buzz(以下、ビリつき音)に分類されます。中でも、ビリつき音はその性質上、非常に耳に付きやすく、製品の品質に大きな影響を与えます。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。