海洋/特機
IR情報 会社情報
  • Sonic2024 ワイドバンドマルチビーム測深機
    1

    Sonic2024 ワイドバンドマルチビーム測深機
    R2Sonic, LLC

    SONIC2024はダイナミックビームフォーカシング技術を応用した、第5世代の高性能マルチビーム測深機です。

  • ARIS 高精度2周波音響カメラ
    1

    ARIS 高精度2周波音響カメラ
    Sound Metrics Corp.

    ARIS(Adaptive Resolution Imaging Sonar)は超音波により高分解能の水中映像撮影が可能なDIDSON音響ビデオカメラの後継モデルです。光学カメラでは撮影困難な濁水中や夜間での使用に有効です。

  • OIC Tool kit サイドスキャン/測深データ後処理ソフトウェア
    1

    OIC Tool kit サイドスキャン/測深データ後処理ソフトウェア

    OIC Tool kitは、UNIXワークステーション上で動作する、サイドスキャン画像、インターフェロメトリック測深、マルチビーム測深データの姿勢補正、ナビゲーション補正、画像強調、モザイキング用後処理ソフトウェアです。
    各メーカーで収録したサイドスキャン/インターフェロメトリ/マルチビームの画像データを入力し、編集、処理、画像強調等の処理を一貫して行い、生データから各種補正を加え、地理座標にコーディングされた海底地形データを高精度の印刷物レベルの成果品として出力します。デジタル出力データの形式は、各種のラスターデータ、ベクター及び各種GISフォーマットで出力します。

  • SeaBeam3012/3020型深海用マルチビーム測深機
    1

    SeaBeam3012/3020型深海用マルチビーム測深機
    Wärtsilä ELAC Nautik

     SEABEAM3012/3020 型はWärtsilä ELAC Nautik社が提供する最新の深海用マルチビーム測深・ソーナーシステムです。

  • SeaBeam3030/3050型 深海用マルチビーム測深機
    1

    SeaBeam3030/3050型 深海用マルチビーム測深機
    Wärtsilä ELAC Nautik

    SEABEAM3030/3050 型はWartsila ELAC Nautik 社が提供する最新の中深海用マルチビーム測深・ソーナーシステムです。この最新のシステムではセクタースキャンとマルチピング調査船のピッチ、ロール、ヨーモーションの補正と高速測深を可能にします。
    システムは周波数30/50KHz で動作し、最大船速12Kt で、水深50m ~ 7,000mの海底地形の精密測深を実施するとともに、海底のサイドスキャンイメージを出力します。
    測深データとサイドスキャン画像データは、システムによりリアルタイムに収録され、これらのデータ全ては、地理座標データとの連接を維持しかつ、汎用の画像処理ソフトウェアでの処理を容易にするデータフォーマットで最新の大容量データ記録デバイスに収録されています。

  • CleanSweepサイドスキャン・測深データ後処理ソフトウェア
    1

    CleanSweepサイドスキャン・測深データ後処理ソフトウェア
    Oceanic Imaging Consultants, Inc.

    OIC CleanSweepはサイドスキャン画像、インターフェロメトリック測深、マルチビーム測深データの姿勢補正、ナビゲーション補正、画像強調、モザイキング用後処理用の、OIC Toolkitの後継ソフトウェアです。ソナーの収録データと編集データを同時に表示することができ、ロール、ピッチ情報はウォーターフォール表示画面上で確認でき、左右舷方向のフルスワス表示も可能です。ゲインカーブのマニュアル調整など高度なデータ補正が可能です。
    dummy_spacer.gif

  • CM2サイドスキャンソナー
    1

    CM2サイドスキャンソナー
    C-MAX Ltd.

    ディジタルサイドスキャンソナー CM2 は、ディジタル曳航器、ソナートランシーバー(STR)及び曳航ケーブルより構成され、最新のディジタルソナー信号処理技術により海底の高分解能画像を出力します。

  • StarFish サイドスキャンソナー
    1

    StarFish サイドスキャンソナー
    Blueprint Subsea (Blueprint Design Engineering Ltd.,)

    StarFishサイドスキャンソナーシステムは、最新の水中音響技術と信号処理技術を用いて高精度の海中イメージをお求めやすい価格とコンパクトで堅牢なパッケージで提供します。
     

  • BathySwath-2 インターフェロメトリーソーナー
    1

    BathySwath-2 インターフェロメトリーソーナー
    ITER Systems

    BathySwath-2は、低価格でありながら高密度の測深データとサイドスキャン海底画像データを水深の15~20倍の広範囲にわたって計測する、PCベースの最新世代インターフェロメトリ音響測深システムです。システムは初期の導入コスト低減を実現するのみでなく、システムの設置、使用に要する時間が短縮できます。

    ※:
    測深可能なスワス幅は実際の計測時の海中環境に依存します。

  • SeapiX 3次元海底地形計測・資源量探査ソナー
    1

    SeapiX 3次元海底地形計測・資源量探査ソナー
    IXBLUE PTE LTD

    仏国iXblue社製SeapiX は船体の進行方向および直交方向に音波を放射し、高分解能の音響データを3次元的に取得することができる、広域高性能水産資源調査ソナーです。SeapiX は海底地形計測と同時に水中の魚群などの音響散乱データから、魚種の推定や魚群体積(表面積)などを簡単に評価することができ、計測範囲は通常の魚群探知機の4000倍もの広範囲計測が可能であるため、漁業マーケットで非常に強力なツールとなります。
    また、SeapiX は内蔵モーションセンサで動揺補正をするため、追加のセンサーが不要で海象状況が悪い状態でも高精度な計測が可能となります。
    更にネットモニターとの通信が可能なため、指定魚種の調査・追跡・捕獲や、海底地形測量・更には海底質の類別など、用途に沿った計測モードの設定が可能です。

  • Fledermaus 3Dビジュアライゼーションソフトウェア
    1

    Fledermaus 3Dビジュアライゼーションソフトウェア
    Quality Positioning Services, Inc

    ”フレダーマウス”3次元可視化ソフトウェアは、マルチビーム測深データの編集、品質管理、環境影響評価、探鉱、地質調査、海底のケーブル敷設等のアプリケーションに威力を発揮する3次元ビジュアライゼーションソフトウェアです。

  • BLUECOMM 水中光学通信モデム
    1

    BLUECOMM 水中光学通信モデム

    BlueCommシリーズは海底地形・動画・無索ロボットの制御など、大容量のデータ通信を非常に高速にできるように開発された、水中ワイヤレス光通信システムです。
    BlueCommは大容量のデータ通信を行うために450nm(青波長)電磁波(光)を使用し、最大で500Mbps以上のデータ伝送速度が実現可能です。光データ通信は非常に効率がよく、150m以上の距離でDセルのリチウムバッテリだけで1Gbのデータを伝送できます。
     

  • SES2000型 パラメトリック地層探査機
    1

    SES2000型 パラメトリック地層探査機
    Innomar

    SES-2000はパラメトリック音響技術を採用した高分解能地層探査装置です。
    100kHzの一次周波数とわずかに周波数の異なった大音圧の超音波を同時に発信する事により、 この2種類の超音波が互いに干渉し、二次周波数(一次周波数との差、うねり)が発生します。この二次周波数を使用して地層探査を行うと同時に、100kHzの一次周波数で測深が可能です。二次周波数にはサイドローブがほとんど発生しないため、従来のワイドビーム地層探査機に比べ表層付近においても高分解能な地層探査に最適で、海底の浮泥層を捉えた実績もあります。
    また、100kHzトランスデューサを使用するため、小型・軽量でROVや小型船の舷側に簡単に取りつけることが出来ます。システムは調査海域、用途に応じて多くのモデルを用意しております。

  • Signature 多機能小型音響ドップラー流向流速プロファイラ
    1

    Signature 多機能小型音響ドップラー流向流速プロファイラ
    Nortek AS

    Nortek社製多機能小型ADCP(Acoustic Doppler Current Profiler, 音響ドップラー流向流速プロファイラ)は、Nortek社が独自に開発した「AD2CP」と呼ばれるキーテクノロジープラットフォームを適用し、データ/信号処理を高速化かつ並列処理化に成功したADCPです。これに伴い、通常のADCPよりも1音響チャネル分多い5チャネルのADCPでありながら、高速なデータ計測レート、低消費電力、流向流速に加えてプラスアルファの音響計測機能を実現しました。

  • HIPS・SIPS 高機能海洋測量・調査データ処理ソフトウェア
    1

    HIPS・SIPS 高機能海洋測量・調査データ処理ソフトウェア
    Teledyne CARIS

    Teledyne CARIS™社製「HIPS and SIPS」は、マルチビーム測深データやLiDARなどの高密度点群計測データの後処理およびサイドスキャン画像処理のための、世界標準の強力なデータ処理ツールです。
    「Ping-to-Chart™」ソリューションの第1歩として、次の機能を提供します。
    ・測深データ処理
     ソナーデータのping処理からデータ編集、グリッド地形(一般的なグリッド、CUBE、VRSなどの高度グリッド地形)の作成、等深線図、地物生成
     IHOに準拠(水路測量業務にも対応)しており、TPU(統合伝播不確定性)に基づく測深データ品質の管理が可能
    ・サイドスキャンデータ処理
     サイドスキャンソナー、マルチビームサイドスキャン及びマルチビーム後方散乱データを処理可能。
     シンプルなワークフロー化された、高度なサイドスキャン画像補正(SIPS Sidescan、GeoCoder™、SIPS Backscatter)処理によるモザイク画像の生成
    ・等深線図、地物情報の生成
     グリッド図、サイドスキャンモザイクなどから等深線図や地物情報(岩礁/沈船など)の生成

  • CARIS Onboard 海洋測量・調査データオンライン自動処理ソフトウェア
    1

    CARIS Onboard 海洋測量・調査データオンライン自動処理ソフトウェア
    Teledyne CARIS

    Teledyne CARIS社製海洋測量・調査データオンライン自動化ソフトウェア「Caris Onboard」は様々な海洋調査用のセンサからのデータを最小限のコンバートと最低限の時間でほぼリアルタイムに処理することが出来ます。また、CARIS Onboardは自動航行艇での使用を想定されており、通常の有人測量船はもちろん、UUVやUSVで使用することで、後処理の時間やリソースの大幅な削減が可能になります。
     

  • Easytrak Alpha Portable
    1

    Easytrak Alpha Portable
    Applied Acoustic Engineering Ltd.

    Easytrak Alpha PortableはApplied Acoustics社のUSBL水中測位装置の中で、最も簡易的かつコンパクトな製品です。配置時間の速さにより、小型水中ビークルのオペレーション、ダイバーの水中測位用として理想的に適しています。
       システムの軽量なトランスデューサには、ヘディング/チルトセンサーが組込まれており、浅海域でのアプリケーションに適した無指 向性の水中トラッキングを可能にしています。トランスデューサケーブルは、トランスデューサにモールド接続されており、コネクタで切り離す必要はありませ ん。
     すべてのEasytrakシステムは、周辺機器を外部シリアルポートまたはUSBポートを使用して接続し、機能を付加することが可能です。

  • 200 Series Micro Beacons
    1

    200 Series Micro Beacons
    Applied Acoustic Engineering Ltd.

    Micro Beaconは、浅海域、制限のある海中でのオペレーション、高い出力レベルを要求しないアプリケーション用として有効なビーコンです。

  • Base X2 Wi-Fi搭載小型多機能水質センサーハウジング
    1

    Base X2 Wi-Fi搭載小型多機能水質センサーハウジング
    AML Oceanographic Ltd.

    BaseX2はAML社製の、最新世代コンパクト物理計測センサーハウジングです。100mと500mの耐圧仕様が選択でき、この形状ながらWiFi接続とGPSを内蔵しています。
     

  • Smart X 有線式多項目水質センサーハウジング
    1

    Smart X 有線式多項目水質センサーハウジング
    AML Oceanographic Ltd.

    SmartXは、同社製Xchange™シリーズセンサーを利用する、有線式の多項目水質計ハウジングです。
    搭載可能なセンサーの数、種類、精度などはご購入時に選択できます。
    耐圧深度はハウジング及びセンサーの仕様に依存しており、樹脂ハウジングのSmartXだと耐圧1,000m、チタンハウジングのSmartXだと、ハウジング及び音速度(SV)、伝道度(C/CT)、温度(CT/T)の耐圧は最大6,000mとなります。

PAGE TOP