BioSonics, Inc.

DT-X Extreme ポータブル・ディジタル計量魚群探知機

米国Biosonics Inc.社製のDT-X Extremeは、水産分野において資源量推定のためのデータ収集の機会を大幅にする、革新的で汎用性の高い計量魚群探知機です。小型ボートなどに簡単に取り付けられるポータブルシステムとして使用できるほか、ASV/USVに取り付けて自律調査、洋上ブイや他の無人設備、固定設置による監視アプリケーションなどにも最適な完全自律システムとして、DT-X Extremeを運用できます。DT-X Extremeは、魚群や魚体、プランクトン、ネクトン、哺乳類、破片、油滴、ガス泡などが対象として検出可能です。

特長

特長

  • ポータブルながら本格的な計量魚群探知機
  • スプリットビームまたはシングルビームトランスデューサで動作
  • 38kHz~400kHzまで、5種類の周波数を使用可能
  • 最大で10チャンネルの送受波器を接続、運用可能
  • データ収集/分析ソフトウェアがバンドル

アプリケーション

モバイル調査向け

  • 水産資源量の動的調査
    →魚量評価・推計・サイズ分布・トータルバイオマス推定・垂直および水平分布・行動研究
    →魚群、魚体調査、プランクトン、海洋哺乳類
  • 物理的な海洋測定;境界、混合およびコヒーレント構造検出
  • 自律型水上ビークル(ASV)、自律型水中ビークル(AUV)による無人魚資源評価移動調査

固定設置監視

  • 無人監視および報告のための、川、ダム、岩、冷却水摂取量のリモートサイト。
  • 魚の通過と漂流、上流と下流の移動を監視
  • 魚の計数とサイジング
  • デブリと植生状況の監視
  • ASV/AUV搭載による無人魚資源アセスメントモバイル調査
  • 移動式表面ブイ搭載による水中部の無人モニタリング

仕様

■基本システム性能

測定レンジ シングルビームモード:最小0.5m、最大4000m(ウィンドウ幅1000m)
スプリットビームモード:最小0.5m、最大4000m(ウィンドウ幅2000m)  各々周波数および水中環境に依存
周波数 38kHz, 70kHz, 120kHz, 200kHz, 420kHz, 1000kHz
ビーム角 10º ~4.5º(周波数に依存)
レンジ分解能 最小7.5cm(パルス幅に依存)
ピングレート 0.01~30Hz(ユーザー選択可)
パルス幅 0.1~1.0ms(ユーザー選択可)
送信電力 最大1000W RMS 最小100W RMS
測位精度 <3m(外部GPSデータ入力可能)
消費電力 9-14VDCまたは90-264VDC, 30W RMS(運用時)、1W未満(待機時)
トランスデューサ 38kHz, 70kHz, 120kHz・・・・・26cmΦ x 22cm、14~17kg(空中重量)
200kHz, 420kHz, 1000kHz・・・・・18cmΦ x 17cm、4kg(空中重量)
耐圧深度・・・・・・・・・・100m
コントロールユニット 49cm X 39cm X 19cm, 11.4kg
耐環境 動作環境・・・・・-23℃~54℃
保管環境・・・・・-40℃~70℃