予知保全・状態監視用振動センサ/振動センサ

予知保全・状態監視向けの工業用センサを取り扱っております。工場の設備保全での予知保全や設備診断用のセンサとして多くの実績がございます。

PCB Piezotronics IMI事業部では機械設備の予知保全、状態監視用の工業用振動センサ、4-20mAトランスミッタ、振動スイッチ、燃焼圧センサを製造しております。工業用振動センサは堅牢、高安定性で、ダブルハウジング構造により電気絶縁タイプとなっております。ベアリング、モータ、スピンドル等の各種回転機器の振動モニタ用に最適です。また、モニタ機器、ジャンクションボックス、マウントベース、校正器等の周辺機器や各種アクセサリーも用意しております。ケーブルも自社で製造しており、様々なご要求に応じたケーブルを供給することが可能です。

ICPは「Integrated Circuit Piezoelectric」の略であり、PCB 社の登録商標です。アンプ内蔵型の圧電型センサを示します。
IMI とは Industrial Monitoring Instrumentation 工業用監視および制御機器の総称です。

製品ラインナップ

予知保全・状態監視用振動センサ

工場設備の予知保全や設備診断のために、振動計測を行うのに適したセンサです。堅牢、高安定性で、ダブルハウジング構造による電気絶縁タイプとなっております。ベアリング、モータ、スピンドル等の各種回転機器の振動モニタに最適です。1軸/3軸など幅広いラインアップを揃えておりますので、設置個所に合わせた最適なモデルをお選びいただけます。

4-20mA出力振動センサ

圧電型振動センサと4-20mA振動トランスミッタの機能を兼ね備えた振動センサです。測定対象機器の速度または加速度に比例した4-20mA信号を出力します。ファンやモータ、ポンプなどの振動監視に最適なセンサです。PLCやDCS、SCADA等、工場の制御システムに直接接続可能なため、振動計測のためのデータ収録器の購入にかかる費用を削減することができます。

防爆対応振動センサ

防爆エリア内の設備機器の振動監視に最適なセンサです。労検(日本)だけでなく、ATEX(欧州統一規格)やCSA(カナダ)など海外の防爆認証に対応しています。本質安全防爆構造に対応しているので、危険度の高い場所(Zone 0など)にも設置可能です。

高温・耐放射線対応振動センサ

高温環境下、あるいは放射線が存在する環境下でお使いいただける振動センサです。アンプ内蔵型は162℃までの電荷出力型は649℃までの高温環境下に対応しております。汎用品と同じ電源で駆動できるため、取り扱いも簡単です。鋼鉄・製紙・ガスタービン・エンジンなどのアプリケーションに最適です。

ベアリング故障検知用センサ&トランスミッタ

機械設備内のベアリングの故障を振動状態監視により早期警告できるように設計されたトランスミッタです。ICPⓇ加速度計を接続すると、回転機械で測定された振動レベルに比例した4-20mAの信号を出力します。既存のPLC、DCS、SCADAなどの制御システムに使用して、他のプロセス変数と一緒に振動を監視できます。

ガスタービン燃焼圧センサ

ガスタービンの燃焼器に直接取り付け可能な高温対応圧力センサです。24時間燃焼圧モニタリングが可能で、燃焼器疲労による不安定性に対する制御用センサとして使用されています。ガスタービンのオペレータは、異常診断、部品疲労分析、そして常時監視と排出量制御を行うことができます。

食品・飲料製造ライン向け振動センサ

振動監視は、食品および飲料製造施設の予知保全プログラムの不可欠な部分です。発生中の機器の障害を早期に特定するために振動センサを使用する利点をご案内します。

対象物

モータ、工作機械、ギアボックス、ローラ、 ポンプ、ベアリング、ガスタービン、風車

 

振動センサ設置例