機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

騒音・音響分析

測定項目一覧
オーバオール測定 周波数分析、スペクトラム分析 ウオータフォール分析(三次元表示) 騒音・音響分析 信号のレコードとポスト解析 時系列分析(データロガー) 加振による共振周波数測定 回転機械の振動・騒音分析 サーボ回路解析/サーボアナライザ 自動計測などのカスタマイズ

騒音・音響信号の分析(1/Nオクターブ分析)

騒音などの音響信号の評価には、バンド幅を耳の周波数分解能に合わせた1/1,1/3オクターブ分析が使われます。FFT分析は、全周波数帯域で同じバンド幅で分析をしますが、人の耳の周波数分解能は(バンド幅)は周波数域によって比例変化します。そのため騒音の原因調査のためには分解能の良いFFT周波数分析、騒音の評価のためにはオクターブバンド分析と目的に応じて使い分けます。

FFT演算による周波数分析とディジタル・フィルタ演算によるオクターブ分析結果を同時 表示します。

音響インテンシティ分析

音響インテンシティ分析

騒音源調査、音場の視覚化、騒音源の音響パワー測定などに使用されます。粒子速度プローブと音圧マイクの組合せで空間分解能が小さく近接測定ができ小型の騒音源での測定ができます。

ウォーターフォール表示・カラースペクトグラム

音響パワー測定

家電製品や建設機械、電動工具、プリンタなど発生する騒音レベルのパワー測定ができます。

音響パワー測定
 
maker_btn_sml_sense2.png

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP