NMR 核磁気共鳴用 LHe液体ヘリウムフロー クライオスタット STVP-NMR

STVPシリーズの基本設計に、NMR核磁気共鳴のために89mmマグネットボア内にインストールできるよう外径を変更したクライオスタット。温度:2K~325K、サンプルはLHe液体ヘリウム蒸気流により冷却し(LN2も使用可能)、熱伝導が難しい粉体や液体、不規則な形状のサンプルの冷却も可能にします。ヘリウム液化・再循環冷却器 RGC4と併用してLHeフリーで運用することも可能です。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

STVP-NMR型は、NMR核磁気共鳴システム用に設計されたクライオスタットです。STVPシリーズの基本設計をベースに、89mmボアの超電導磁石内に収まるよう クライオスタットの外径を最小化しながら サンプルチューブ内径:55mm を確保しています。PID温度制御用には 磁場依存性が小さい Cernox温度センサーを内蔵しています。下部光学窓の取付も可能です(要相談)。

主な特長

  • 温度範囲:2K~325K
  • NMR核磁気共鳴システムの超電導磁石ボア(89mm)内に収まる設計
      外径:83mm (3.27 inch) 、内径:55mm
  • 熱交換ガスにより冷却、熱伝導が難しいサンプル、粉体、液体の冷却も可能
  • 冷却中にサンプル交換が可能
      室温に戻すことなくサンプル交換が可能、作業時間を短縮
  • 優れた熱特性、迅速な冷却 約30分 to 5K
  • 寒剤はポンプを用いずデュアの陽圧により移送、ポンプの排気による振動無し
  • PID温度制御用 校正済みCernox温度センサーと ヒーターを内蔵
  • 下部 光学窓を取付け可能(要相談)
  • RGC4型 再循環Heガス液化冷却器 と併用してLHeフリーで運用することも可能
  • 液体窒素でも使用可能

液体ヘリウム無しで使用可能に:ヘリウム液化・再循環冷却器 RGC4(option)

STVP-NMR型は、ヘリウム液化・再循環冷却器 RGC4と併用することで、液体ヘリウム無しで使用することが可能になります。入手が難しい液体ヘリウムを用意する必要は全く無く、デュアからの寒剤移送の手作業も必要はありません。また、冷凍機クライオスタットと比べて初期冷却が速く、振動ノイズの影響を最小限に抑えることが出来ます。

計測・制御

PID温度コントローラ・校正付温度センサー&ヒーター

 STVP-NMR型 クライオスタット内には、PID温度制御用の校正付温度センサー:Cernoxセンサー と ヒーターが内蔵されており、Lake Shore社 温度コントローラにより 安定した温度制御を行えます。
温度制御用 温度センサーとは別に、追加でサンプルホルダーに温度センサーを取付けて サンプル直近の温度を計測する事も可能です。

計測制御ソフトウェア MeasureLINK(Option)

 MeasureLINK ソフトウェアは、クライオスタットシステムの温度制御・モニタリング、Lake Shoreや サードパーティ(Keithleyなど)機器の計測制御シーケンス、計測チャート作成とデータロギング機能を備えています。プログラミングの必要はなく ドラッグ&ドロップ 操作により 温度スイープ、計測グラフ表示、プロセスビューでクライオスタット内部の温度をリアルタイムで確認できます。

ロックインアンプ内蔵 ソースメジャーユニット M81(Option)

 M81型は、クライオスタット内の極低温環境下における材料物性・デバイス研究のための、温度-電気測定(I-V抵抗, 微分抵抗測定) に最適な高感度測定器です。DC+AC出力も可能な精密電源と、微小レベルのDC測定 及び  Lock in Amp測定機能を有し、低抵抗から高抵抗まで幅広いレンジの測定を行えます。印加-測定を最大3系統まで同期測定でき、FETなど多pinデバイスの測定も可能です。超電導、熱電、有機、量子・スピントロニクスデバイスなどの評価に活用頂けます。
 例えば M81-SSM-6型 は、1台で最大3つのソースモジュールと 3つの測定モジュールをリモート接続できます。外付けモジュール構成により、ソースおよび計測アンプをクライオスタットの近くに配置できることで サンプルへの信号配線長が最小限に抑えられ、ノイズがより低減し測定感度が向上します。

STVP-NMR型 仕様

モデル STVP-NMR型
温度範囲 <2K(シングルショットモード:1.5K)
~325K、500Kオプション
サンプル冷却 LHe蒸気流
温度安定性 ±50mK typ.(温度コントローラ使用時)
本体設置向き 垂直動作 <4.5 K*
冷却時間(LHe) 約30分(to 5K)
寒剤消費量(LHe) 室温から4.2 K: 0.5 L
5K:1.4 L/h
寸法・重量
長さ(高さ方向) 要相談
サンプルエリア内径 55mm (2.16 inch)
本体重量 約7kg
(トランスファーラインを除く)
出荷時重量 約79kg
(トランスファーラインを含む)
出荷時寸法 1905mm × 990.6mm × 431.8mm
(トランスファーラインを含む)

システム構成

1. サンプルホルダー    詳細はこちら☞

計測用途に合わせて、クライオスタット内にサンプルを取付けるための サンプルホルダーを用意しています。
サンプル直近の温度モニターのために、制御用温度センサーとは別に サンプルホルダーに温度センサーを取付けて温度を計測することも可能です。
詳しくはご相談ください。
サンプルホルダーの種類については サンプルホルダーオプション を参照ください。

 
       
 

2. 電気配線フィードスルー    詳細はこちら☞

ユーザーの測定セットアップニーズに合わせて、配線したフィードスルーの提供も可能です。
詳細については 電気配線フィードスルーオプション を参照ください。

 ・多pin:10pin、19pin、26pin、32pin
 ・同軸:BNC、Triaxial、SMA
 ・ブレイクアウトBOX など

    

 

3. 光学窓材    詳細はこちら☞

必要な波長に応じて光学窓材を選択できます。詳細については 光学窓材オプション を参照ください。

 ・Fused silica、Sapphire、Zinc selenide、Zinc sulfide、Diamond、Polypropylene、
  Crystalline quartz、Kapton、Mylar、 アルミブランクプレート(光学窓不要の場合, option) など