ネットワークの通信量と通信速度

エンジニアノート

 

大半のネットワーク機器では、なんらかの統計値を取得することが可能です。そして一部の統計値は、重要業績評価指標(KPI)と見なされます。
今回は、KPIとしてよく使われるネットワークの通信量と通信速度に関する統計値の一般的な計算方法について解説します。

使用される単位

  • データ量の単位

ビット:データ量を表す最小単位

バイト:データ量を表す単位で「1 Byte = 8 bit」で換算

補足として、一般的に小文字のbは「ビット」、大文字のBは「バイト」を指すことが多いです。

 
  • 通信速度の単位

ビットレート:1秒間あたりのデータ量、単位は「bps」(ビット毎秒)

通信量と通信速度と時間の関係

新人さんに計算方法を教える際には、小学校のときに習った道のりと速さと時間の関係と同じ、と言っています。いわゆる「道のり = 速さ × 時間」という公式です。

通信量と通信速度の関係

時間をX軸、通信速度をY軸とした場合、その時間の通信量は面積(t1-t0間の積分値)に相当します。

たとえば、1Gbpsで1時間ネットワークが流れた場合のデータ量の計算は以下のようになります。

まず単位を揃えます。
ここでは量をビット、時間を秒で換算しました。

1 [Gbps] = 1/8 [Gbyte/s]

1 [hour] = 3600 [sec]

次に公式に当てはめて、通信量を計算します。

1/8 × 3600 = 450 [GB]

つまり、データ量は450GByteとなります。

ネットワークで計算される乗数

こちらもよく聞かれることですが、回線速度は「1 KByte = 1,000 (10の3乗) Byte」で計算します。ですので、データ量の値も1,000Byteとなっています。
一方、通信データを保存するコンピュータやHDDの容量は、「1 KByte = 1,024 (2の10乗) Byte」で表示されていることが多いです。ネットワークの統計値から保存できるHDD容量を計算する際などは注意が必要です。 K(キロ)であれば誤差の範囲内ですが、T(テラ)になると結構差が大きくなってきます。