RFCのヘッダ情報 ~RFCの読み方パート2~

エンジニアノート

 

前回、RFCの読み方を公開したあと、思った以上に「RFC」というキーワードで記事がヒットしていました。RFCは、なにかとっかかりがないと読みづらいですよね。今回は、RFCのヘッダに含まれる情報ついてもう少し詳しく解説したいと思います。

RFCヘッダとは

RFCのヘッダについては、RFC7841に詳しく記載があります。RFCのページの右上に表示されています。

RFCヘッダ

ヘッダの構成要素

ヘッダは、上から順にドキュメントソース、RFC番号、(サブシリーズID)、関連するRFC番号、カテゴリ、ISSN番号により構成されています。

フィールド名 記述
ドキュメントソース 作業が発生した団体です。
ちなみにこのRFCの「Internet Architecture Board (IAB)」は、IETFの上位組織でICANN(IANA)などもこの組織に含まれています。
現在可能なエントリは、IETF、IAB、IRTF、Independent Submissionです。
RFC番号 発行されたRFC番号です。
サブシリーズID このRFCでは記載されていませんが、一部ドキュメントカテゴリではRFCサブシリーズとしてもラベル付けされています。
関連するRFC番号 このRFCとの関連性があるRFCの情報です。この情報は非常に重要です。
カテゴリ RFCのカテゴリです。前回のRFCの読み方で解説してあります。
ISSN番号 ISSN(Interbational Standard Serial Number)です。この「2070-1721」は、IEFTのRFCとして登録されています。ISSNに関しては、国立国会図書館のサイトがわかりやすいです。
国立国会図書館-ISSN日本センター(別ウィンドウ・外部リンク)

この中で必ず確認すべき情報は、「カテゴリ」「関連するRFCの情報」についてです。カテゴリについては、前回のRFCの読み方で解説しましたので、今回は、「関連するRFCの情報」について解説します。

関連するRFC番号

RFC7841の例では、「Obsoletes:5741」と記載があります。これは、RFC5741に置き換えて発行された、という意味です。
また、RFC5741には、「Updates:2223,4844」と記載があります。これは、RFC2223と4844に情報を追加、または更新した、という意味です。
これらのキーワードの具体的な意味は、以下のとおりです。

キーワード 意味
Obsoletes RFCxx RFCxxを無効にしてこのRFCを発行した状態
Obsoleted by RFCxx このRFCがRFCxxよって無効とされてた状態
Updates RFCxx RFCxxに追加、更新してこのRFCを発行した状態
Updated by RFCxx RFCxxの追加、更新としてこのRFCを発行した状態

重要なことは、どのRFCが最新であり、どのRFCが無効であるか、さらにRFCのどの部分の情報の更新があるかを把握することです。
「Obsolete」と「Update」では使い方が違い、「Obsoluted by RFCxx」は、このRFCは無効になっている状態ですので、RFCxxのみを参照すればよいです。
しかしながら「Updated by RFCxx」となっている場合、このRFCの内容の一部がRFCxxによって更新されているため、両方のRFCを参照する必要があります。
古いプロトコルは、ObsoluteとUpdateでかなり多くのRFCが関連してくる場合がありますので注意が必要です。

RFCの構成

このRFC7841は、RFCのヘッダとボイラーテンプレートについての情報的な内容となっています。
前回も記載しましたが、RFCは「インターネット標準を決めるもの」だけではなく、標準化に関連する様々な決め事についても記載されています。以下のURLは、RFC内に記述がありますが、RFCのヘッダ情報がよくまとまっています。興味がある方は、RFCとともに読んでみてはいかがでしょうか。

RFC7841 Streams, Headers, and Boilerplates(別ウィンドウ・外部リンク)

IAB RFC Headers and Boilerplate(別ウィンドウ・外部リンク)

関連記事

note_addRFC関連

RFCの読み方

RFCのヘッダ情報 ~RFCの読み方パート2~(本記事)

【番外編】ジョークRFCの読み方

【番外編】ジョークRFCの読み方 ~2022年エイプリルフール最新版~