IR情報 会社情報

ブログ

  • EMCソフトウェア VI5/RS 最新バージョンリリース

    カテゴリ:リリース 投稿日時:2019/04/24(水)17:12:51

    VI5/RS 8.03.040 をリリースしました。■Version 8.03.040 の変更点・イミュニティ測定条件の[変調]タブで、設定可能な変調設定の数を増やしました。・各測定画面を広げたときに、画面上のグラフが描画されないことがある不具合を修正しました。・誤動作ポイントリストのコメントにカンマを入力すると正しくコメントが復元できなくなる不具合を修正しました。・R&S NRT2パワーメータとパワーセンサZ44、Z14の組み合わせに対応しました。製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください。 ...続きを読む
  • 放射エミッション計測評価ソフトウェア「EPX/RE」リリース

    カテゴリ:EMC 投稿日時:2019/04/12(金)16:51:02

    マルチメディア機器や家電製品、医療機器などの電子機器の電磁ノイズを測定・解析し、さらに各種EMI規格への適合性を判定できる新製品、放射エミッション計測評価ソフトウェア「EPX/RE」をリリースしました。 製品の詳細については、News Releaseを参照してください。 ...続きを読む
  • EMCソフトウェア TY2100AM, TY2100AO, TY2300AO 最新バージョンリリース

    カテゴリ:リリース 投稿日時:2019/04/12(金)16:15:09

    TY2100AM 6.00.000, TY2100AO 6.00.000, TY2300AO 6.00.000 をリリースしました。■TY2100AM 6.00.000の変更点・Windows 10(x86/x64)に対応しました。・Spilent社製チャンネルエミュレータVertexに対応しました。・Anritsu 無線機テスタMT8821Cに対応しました。・TMEICターンテーブルコントローラーに対応しました。■TY2100AO 6.00.000の変更点・Windows 10(x86/x64)に対応しました。・Excelエクスポート機能の対応アプリケーションとして、Office 2016をサポートしました。■TY2300AO 6.00.000の変更点・Windows 10(x86/x64)に対応しました。製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください。 ...続きを読む
  • EMCソフトウェア IM5/Rrvc 最新バージョンリリース

    カテゴリ:EMC 投稿日時:2019/04/04(木)16:51:32

    IM5/Rrvc 8.00.010をリリースしました。■Version. 8.00.010の変更点・各測定時、スターラの2本制御に対応しました。・均一性測定およびローディングファクタ測定で、試験レベルへのフィードバック制御を行わずに、指定した信号発生器レベルで測定する設定を追加しました。・R&S スペクトラムアナライザ FSC6に対応しました。・スターラコントローラTOKIN MODEL5955に対応しました。・スターラ角度を複数レンジ設定すると、正常に測定されないことがある不具合を修正しました。製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください。 ...続きを読む
  • RSA® Conference 2019 を振り返って

    カテゴリ:SYNESIS 投稿日時:2019/03/28(木)18:25:26

    去る3月4日~7日まで、米国・サンフランシスコのモスコーニセンターにてRSA® Conference が開催されました。発表によると 世界各地域から42,000名もの来場者が訪れ、31基調講演、740 講演者と621セッションが行われました。展示企業は700を超え、東陽テクニカはTOYOTech LLC(東陽テクニカ米国子会社)とともにTOYO Teamとして参加致しました。撮影した写真をアルバムビデオとして公開しています。ぜひ御覧になってみてください。https://youtu.be/olOZAviT6i0 東陽テクニカブースでは、大容量パケットキャプチャ/解析システム「SYNESIS」をメインに展示しました。この製品は1GbEから100GbEまでパケットロスなくキャプチャでき、この点においては他社も実現していない大きな特長を持った製品です。10Gでも100Gでも(またはそれ以上でも)パ... ...続きを読む
  • EMCソフトウェア EP6/FC 最新バージョンリリース

    カテゴリ:EMC 投稿日時:2019/03/07(木)14:44:42

    EP6/FC Ver.6.00.000をリリースしました。■Version .6.00.000 の変更点・Windows 10(x86/x64)に対応しました。製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください ...続きを読む
  • EMCソフトウェア IM5/RS、IM5/CS、VI5/RS 最新バージョンリリース

    カテゴリ:EMC 投稿日時:2019/03/07(木)14:44:18

    IM5/RS 8.01.150、IM5/CS 8.02.060、VI5/RS 8.03.030 をリリースしました。■ IM5/RS Version8.01.150の変更点・別のソフト上でキーボード操作したときの、IM5/RS側でのショートカットキーの動作を改善しました。・アンプ・フィルタの初期化時に初期化コマンドが2回送信されてしまうことがある不具合を修正しました。本不具合はIM5/RS Ver.8.00.100以降で発生します。・リニアリティチェック(または電界基準値・確認測定)と他の測定の実行順序によっては、信号発生器のエラーが発生して測定が開始されないことがある不具合を修正しました。・1チャンネルのみ測定可能なパワーメータを使用して電界基準値測定・電界確認測定・リニアリティチェックを行った場合、必ず2チャンネル(進行波・反射波)のデータを取得してしまいエラーとなってしまう不具合を修正しまし... ...続きを読む
  • EMC測定ソフトウェア新機能のご紹介(ラジオノイズ測定)

    カテゴリ:EMC 投稿日時:2019/02/13(水)10:30:48

    このたび、自動車用放射・伝導ノイズ測定ソフトウェアEP9/VEに、完成車に搭載されているラジオの受信音声に混入するノイズの測定を自動で行うオプション機能を追加いたしました。従来のラジオノイズ試験では、車載アンテナで受信する試験用放送波の電界強度が定められたレベルになるように送信アンテナに接続した信号発生器(試験用放送波の信号源)の出力を調整し、その状態で、測定者がラジオの聞こえ具合を耳で判断し、混入するノイズの評価(聴感試験)を行ってなっていました(図1参照)。このため、定量的な評価が困難でした。        図1 従来のラジオノイズ評価方法 本製品では、測定機器を制御し、以下を行うことで、ラジオノイズ試験を自動的かつ定量的な評価が可能となります。測定システムの構成を図2に示します。 試験用放送波の出力レベルの自動調整 測定対象の周波数ポイント毎に、車載アンテナで受信する電界強度が定... ...続きを読む
  • EMCソフトウェア IM5/CS 最新バージョンリリース

    カテゴリ:リリース 投稿日時:2019/02/04(月)17:35:14

    IMI5/CS 8.02.050をリリースしました。■Version. 8.02.050の変更点・レベル測定装置(スペアナ)としてR&S FSC3に対応しました。・各測定終了時にスペアナに対して終了コマンドを送るようにしました。 これにより、Keysight X シリーズのスペアナを使用した場合、各測定終了時にAuto AlignmentをONにするようにしました。・レベル測定系の伝達特性測定時に、アンプを制御していた不具合を修正しました。製品の詳細については、EMCソフトウェア一覧を参照してください。 ...続きを読む
  • ASAM ODS 6.0に追加されたHTTP-API(その2)

    カテゴリ:ASAM-ODS 投稿日時:2019/01/30(水)15:22:21

    前回の記事では、HTTP-APIを利用して、ODSサーバにログイン、ログアウトする方法について説明しました。今回は、引き続きPythonを利用してODSサーバに登録されているデータを取得する方法について説明します。データの取得前には、前回の記事で説明した例のようにODSサーバへのログインが済んだ上で実行されることを想定しています。 ■データの取得この例では、ValueMatrixインスタンス(iid=366)配下のチャンネル4つ(X-Axis, CHNNEL01, CHANNEL02, CHANNEL03)のデータを取得しています。取得したデータは、文字列(json)で取得できます。 以下は、上記スクリプトを実行して取得できたjson形式のデータです。 この例では、Pythonでデータ解析を行うライブラリであるPandasを使ってDataFrame型に変換しています。取得できたデータをDataF... ...続きを読む

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。