TESCAN ORSAY HOLDING, a.s.

X線マイクロCTシステム 【UniTOM XL】

新製品

TESCAN社最新鋭のUniTOM XLは、さまざまな試料・アプリケーションに柔軟に対応できる高速・マルチスケールX線マイクロCTシステムです。

特長

  • 時間分解能10秒以下の高スループットイメージング
  • 広域で取得したあと、内部の任意の箇所にズーム可能:Volume-of-Interest Scanning (VOIS)機能
  • その場実験の用途にも対応
  • さまざまなサンプルの形や大きさに対応
  • オープンかつモジュール式で、将来のニーズにも柔軟に応じることが可能
  • 放射光実験の事前スクリーニング用ツールとしても最適

 織布複合材料の内部構造

リチウムイオン電池の内部構造

仕様

時間分解能 10秒以下で360°回転
空間分解能 <3μm
X線源 加速電圧30 – 180 kV もしくは 30 – 230 kV / 出力300 W
X線検出器 大面積アモルファスシリコンフラットパネル検出器
2856 × 2856 pixel
最大フレームレート 100fps
サンプル搭載サイズ Max 600 mm 径 × 1150 mm 長
測定視野 Max 300 mm 径 × 1000 mm 長
サンプル搭載重量 Max 45㎏
X線源-検出器間距離 1800mm
装置外形寸法 1.5 m(幅)× 3.5m(奥行) × 2.1m(高)
装置重量 6500kg