ナノイメージング
IR情報 会社情報

事例紹介・技術資料

事例紹介

  • 表面改質による硬度変化の測定

    金属部品の表面強度を上げるために、ショットピーニングや焼入れ等の様々な手法が用いられています。ナノインデンターでは試料の極表層の硬度・ヤング率を高精度に測定することができるため、表面改質の結果を定量的に評価することが可能です。続きを読む  >

  • ナノインデンターを用いた微小領域における粘弾性試験

    ナノインデンターを用いて微小領域における、高分子の粘弾性の試験を行うことが可能です。CSMを利用し、加振周波数を変更した場合の貯蔵モジュラス(E’),損失モジュラス(E”),損失正接(LF)を評価します。続きを読む  >

  • スマートフォン保護フイルムの測定例

  • ナノインデンターによる高速多点試験と試験結果の有意差について

  • ナノインデンターによる破壊靱性試験

  • ナノインデンターを用いたメッキ膜の硬度・ヤング率測定例

  • ナノインデンターによる圧壊試験

  • ナノインデンターによるMEMS評価例

  • ナノインデンターによるクリープ試験

  • ナノインデンターによる粘着力評価(マイクロ・プローブタック試験)

  • ナノインデンターによるビッカース硬さ試験

  • 押し込み試験による薄膜密着性の評価

  • ナノスクラッチ

  • 薄膜に対応した機械特性評価システム ゴムからDLC膜まで幅広い材料に 対応可能なナノインデンター

  • ナノインデンターを用いた硬度・ヤング率のマッピング

  • PAGE TOP

    本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。