メーカー

TESCAN ORSAY HOLDING, a.s.

TESCAN ORSAY HOLDING, a.s.

TESCAN社のあるチェコ共和国ブルノ市は電子顕微鏡の発祥地として名を馳せています。1940年代に世界初の電子顕微鏡がこの地から生まれ、TESCAN社の前身であるTesla Brno社によって製造が開始されました。約40年に渡り3000台以上のTEM(透過型電子顕微鏡)とSEM(走査型電子顕微鏡)が製造され、東ヨーロッパを中心に研究開発に活用されてきました。
TESCAN社は冷戦終結後の1991年にTesla Brno社の一部のメンバーによって設立、世界各国へ電子顕微鏡の販売を開始し、SEMおよびFIBの世界的サプライヤーへと成長しています。現在では80カ国以上に納入実績があります。最近ではアジア各国への納入台数が増えており、材料開発や半導体といった世界トップレベルの研究を支えています。

KLA Corporation

KLA Corporation

KLA社は2018年にナノインデンテーション装置の世界的リーディングカンパニーであるNanomechanics社を買収しました。Nanomechanics社は2009年にWarren Oliver博士により設立され、アカデミック分野、研究分野、産業界に及ぶ幅広いアプリケーションに対応可能なナノインデンテーション装置を設計・製造・販売してきました。

NanoWorld AG

NanoWorld AG

イノベーションをキーワードに、ヨーロッパで最もナノテクノロジー研究が盛んなスイスに本社を置く、走査型プローブ顕微鏡(SPM)・原子間力顕微鏡(AFM)用のプローブのリーディングカンパニーです。これまでに蓄積してきた独自の製造・品質管理のノウハウにより、他に類の無い高性能・高品質なプローブを提供しています。
 

NANOSENSORS

NANOSENSORS

NanoWorld社製品は、NanoWorld(TM)とNANOSENSORS(TM)の2つのブランドから構成されています。 高分解能測定から特殊アプリケーションに至るまで幅広い分野に対応し、世界中の AFM/SPMユーザーの皆様に愛用される業界の標準プローブです。

nanotools GmbH

nanotools GmbH

nanotools社では、SPM用プローブのチップ先端部に高密度カーボン(HDC:DLC)を材料とする高アスペクト比かつナノメートル・レベルのシャープな先端曲率を持つチップを成長させたプローブを販売しています。
Si製プローブの場合、スキャンを重ねると先端が磨耗し、取得される形状イメージの分解能が低下することが問題でした。先端部がHDCのnanotools社製プローブでは、10倍以上のスキャン回数に対しても分解能の低下を起こすことなく、再現性の高いデータを取得できます。

OPUS by μmasch®

OPUS by μmasch®

ブルガリアのInnovative Solutions Bulgaria Ltd.社は、MikroMasch®(マイクロマッシュ)ブランドとOPUS®(オーパス)ブランドのAFMプローブを販売するメーカです。標準プローブから、曲率半径1nm以下のウルトラシャーププローブやカーボンファイバープローブのような特殊品まで様々な種類のプローブをお手頃価格でお求めいただけます。

Image Metorology A/S

Image Metorology A/S

Image Metorology A/S は、Dr. Jan F. Jørgensen がデンマークで1998年に創業した会社で、ナノ・マイクロスコピー用イメージ解析ソフトウェアを販売しています。
2019年12月末日を持ちまして、同社製品の販売を終了させていただきました。詳細はこちらをご覧ください。

Fraunhofer IWS Dresden

Fraunhofer IWS Dresden

フラウンホーファーはドイツにある国立研究機関です。世界最先端の機器開発も行っています。