機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

技術資料

AD変換の基礎 / 第4回 測定レンジ

  アナログ信号の入力をデジタル信号データへ変換する際には、AD変換器(Analog-to-Digital Converter)を使用します。通常、ひとつのAD変換器があらゆる信号レベルの入力を変換できるわけではなく、変換可能な信号レベルは、仕様の最大電圧(例えば、1.2Vなど)に制限されます。しかし、変換器側では、必ずしもその仕様に応じた電圧を出力しているわけではありません。そのような場合、入力信号の側が、測定“レンジ”に合致するように、増幅(もしくは減衰)されています。この測定レンジは、ユーザー自身が設定するか、もしくは、信号を取得するシステムが自動で適切なレンジを検出します。

 
信号のソフトクリッピングとハードクリッピング
信号取得の際には、入力信号の振幅が測定レンジ外になってしまうことが有り得ます。この様子をFigure1に示します。Müller-BBM製の信号処理ハードウェア(PAK-MKⅡ)では以下のように、信号レベルごとに処理を分けています。

●信号レベルが測定レンジの0~100%:入力した信号は、最も良い精度で量子化されます。
 特に問題はありません。

●信号レベルが測定レンジの100~150%:入力した信号は、若干クリップされます。
 まだ、信号を量子化する事はできていますが、線形性を保証することができなくなり、
 (レベルは小さいながら)高周波数領域に高調波歪みが発生します。

●信号レベルが測定レンジの150%以上:入力した信号は強くクリップされます。
 もはや信号は、デジタル化してもまったく異なった値になります。
 システムは完全にオーバーロード状態にあり、取得した信号データは使用に適しません。

pakinfo_img6.jpg

肝心なことは、測定レンジをユーザーが注意して選択しなければならないという事です。もし測定レンジが小さすぎた場合、PAKではオーバーロードメッセージが表示され、オーバーロードした部分の信号データにはマークが付きます。ただし、わずかなオーバーロードであれば、データ全体がまったく使えないというわけではなく、日常の分析業務の中ではそのようなデータを利用する事もあります。しかしながら、ハードクリッピングが生じたデータについては一連の測定をやり直す必要があるため、発生しないようにしましょう。

 
ランダムノート
通常、最初の測定を始める際には、オートレンジ機能を使用するとよいでしょう。テスト対象を最大出力で動作させて、オートレンジ機能を有効にします。このようにオートレンジ機能を利用する事で、測定対象に見合った測定レンジを設定することができます。測定対象に見合った測定レンジを設定する事で、ハードクリッピングはもちろん、ソフトクリッピングの発生も抑制することができます。

ICPタイプのセンサーには、しばしば、最大出力レンジが±5Vのセンサーがあり、これは、PAK-MKⅡフロントエンドの標準的な(最も利用される)入力レンジである±10Vとは異なります。このような場合には、PAK機器マネージャ機能を使用し、センサー単体のオーバーロード値を明記しておきます。このように設定しておくと、PAKの測定レンジが10Vに設定されていても、5Vを超える電圧が入力された場合には、対応するデータにオーバーロードのマークがつきます。

測定レンジ50%分の、いわゆるオーバーヘッドを適用するということは、名目上、入力レンジに対して完全な24bitの量子化を行わないということになります。それはつまり、“約1bit”の量子化精度を失い、LSB(PAK InfoLetter 「量子化」の項目を参照してください)が若干大きくなることを意味します。しかし、24ビットAD変換前に加わる他の多くの(アナログ)ノイズ成分と比べれば、これは許容できる仕様といえます。

detail__vid--text.png

はい (2)
いいえ (1)

アーカイブ

  • スピーカ計測・評価技術 / 第6回
    スピーカ特性シミュレーションとモデルベース聴感試験

    いいスピーカとは何か、測定によって数値化して、その数値が高いほどいいスピーカである、という風に定量化ができればスピーカの開発は苦労しないと思います。ご存知の通り、今のところそのような測定器はありません。そのため、実際に聴感試験を行い、製品を評価します。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第5回
    ビリつき音(Rub&Buzz)

    スピーカより発生するひずみは、その発生原因毎にいくつかの種類があります。主に、定常的に発生する線形ひずみ、スピーカの駆動状態によって発生する非線形ひずみ、そして、接触や異物によって発生する非定常ひずみ=Rub&Buzz(以下、ビリつき音)に分類されます。中でも、ビリつき音はその性質上、非常に耳に付きやすく、製品の品質に大きな影響を与えます。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第4回
    スピーカから発生するひずみ

    いいスピーカとはどのようなスピーカでしょうか。ハイレゾ対応のものや、心地いい低音が鳴るもの、原音を忠実に再現するもの、といった様々な特徴を持つスピーカやイヤホンがある中で、その音響製品を使用する各個人がそれぞれ異なる感性や価値観をもって、その良否を判断します。ではスピーカの設計者は、ユーザがそのスピーカで音楽を聞いた時にどう感じるかを、どのように評価するのでしょうか。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第3回
    大信号時のスピーカ特性

    スピーカユニットは、小信号で駆動しているときと大信号で駆動しているときでは、その性質が異なります。小信号時=ボイスコイルの変位が小さい時は線形であるのに対し、大信号時=ボイスコイルの変位が大きい時は非線形性を持ち、ひずみの原因となります。どの程度の電圧/音量で大信号、つまり非線形領域での駆動となるかは、そのスピーカユニットのサイズや重さ、形状で決まります。
    線形駆動時の特性は、第1回のT/Sパラメータで解説いたしました。今回は、大信号時の非線形の性質をどのように定量化し評価していくか、解説していきます。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第2回
    スピーカの表面振動と音の伝播

    スピーカユニット表面、つまりダストキャップ、ダイヤフラム、サラウンドが振動することで、音が発生します。故にスピーカユニットの表面がどのように振動しているかが、音の広がりに大きな影響を与えます。その振動形状の測定方法、解析方法について、解説していきます。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第1回
    スピーカユニットの性能評価:TSパラメータ

    近年、ハイレゾオーディオに対応したイヤホン/ヘッドホンやスマートスピーカの流行により、私達はスピーカを搭載した様々な製品に囲まれ、生活をしています。ではそのスピーカ製品はどのように設計されているのでしょうか。

  • MEMS方式加速度計入門

    MEMS方式加速度計の基礎原理を解説いたします

  • TEDSセンサ入門

    TEDSについて解説いたします

  • AD変換の基礎 / 第6回 シグマデルタ型ADコンバーター Part2

    AD変換の基礎 / 第5回で取り上げたように、シグマデルタ型ADコンバーターの動作は、対象の信号に対する大幅なオーバーサンプリングが前提になります。このオーバーサンプリングにより、量子化ノイズが測定対象周波数よりもずっと広い周波数レンジに分布します。

  • 工業用圧電型加速度計入門

    工業用圧電型加速度計の基礎原理を解説いたします

PAGE TOP