機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

技術資料

AD変換の基礎 / 第1回 アンチエイリアシングフィルター

  エイリアシングとは、アナログ信号をサンプリングする際に起こる現象のことです。まず認識すべき重要な事実として、この現象は発生そのものを防ぐことはできません。エイリアシングに関して私たちができることは、その影響を最小限に抑えることだけです。

よくある誤解は、“十分に高い”サンプリングレートを使用し、測定したい周波数領域がナイキスト周波数より小さい事を確認していれば、エイリアシングが防げるというものです。例えば、音響系に関して、NVHに関連する周波数成分を測定するためには、50~100kHzほどのサンプルレートがあれば十分だと言われることがあります。しかしながら、測定時には、センサーやケーブルからMHz~GHz領域のEMIノイズが混入する可能性があります。それらの高周波数ノイズは、サンプリング周波数を中心に折り返して、低周波数の信号としてサンプリングされ、FFT分析の誤差要因となる場合があります。

それでは、エイリアシングの影響を最小にするためにフロントエンドでするべき事は何でしょうか?その答えは、デジタル信号処理ではなく、アナログ信号処理の中にあります。具体的には、アナログ信号の段階で、適切なローパスフィルターを利用する必要があります。一度デジタル信号に変換されてしまうと、その際に発生したエイリアシングの影響を分離する事は不可能になります。そのため、私たちはアナログ信号処理の段階で、十分なエイリアシング対策を講じる必要があるのです。

pakinfo_img.jpg

ローパスフィルター(この文章中では、アンチエイリアシングフィルターとして使用する物を想定します)は、抵抗とコンデンサーによる比較的シンプルな電気回路で作成できます。アンチエイリアシングフィルターとして使用される回路は、測定できる最大の周波数(ナイキスト周波数:サンプリング周波数の半分)よりも高い周波数の成分を大幅に低減(例えば、10の6乗オーダーの低減率)する役割を担います。サンプリングの際にエイリアシングが発生する事に変わりはありませんが、ローパスフィルター回路によって高周波数成分が低減されているため、FFTスペクトラムへの影響は最小限に抑えられます。

よくあるアンチエイリアシングフィルター(いわゆるローパスフィルター)は上の図のような特性です。ナイキスト周波数以下の周波数領域では、ゲイン1のフラットな応答特性を示します。ナイキスト周波数より高い周波数領域に対してフィルターは作用し、その領域の周波数成分をできるだけ低減するように働きます。

図中のナイキスト周波数近辺に、高周波数成分を完全には低減できない“グレーゾーン”が存在することに注目してください。ナイキスト周波数で急降下し、それ以上の高周波数成分を完全に除去するローパスフィルターを作製する事は、現実的には不可能です。ナイキスト周波数近辺に存在する除去しきれ無かった高周波数成分の影響を無視するために、一般的に、FFTアナライザーでは測定したい最大周波数よりも大きな周波数をナイキスト周波数にしています。PAKの場合には、測定したい最大周波数の2.56倍をサンプリング周波数としており、PAKのモジュールの特性はサンプリング周波数までの帯域幅に対応できるように設計されています。

過去には、ナイキスト周波数からゲインが急降下する(アナログの)高い次数のアンチエイリアシングフィルターを、エンジニアが多くの電気電子素子を駆使して作製していました。そのようなアナログフィルターが使用されていたため、以前の測定機器は温度に敏感で、サイズが大きく、また非常に高価でした。

detail__vid--text.png

はい (7)
いいえ (1)

アーカイブ

  • スピーカ計測・評価技術 / 第3回
    大信号時のスピーカ特性

    スピーカユニットは、小信号で駆動しているときと大信号で駆動しているときでは、その性質が異なります。小信号時=ボイスコイルの変位が小さい時は線形であるのに対し、大信号時=ボイスコイルの変位が大きい時は非線形性を持ち、ひずみの原因となります。どの程度の電圧/音量で大信号、つまり非線形領域での駆動となるかは、そのスピーカユニットのサイズや重さ、形状で決まります。
    線形駆動時の特性は、第1回のT/Sパラメータで解説いたしました。今回は、大信号時の非線形の性質をどのように定量化し評価していくか、解説していきます。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第2回
    スピーカの表面振動と音の伝播

    スピーカユニット表面、つまりダストキャップ、ダイヤフラム、サラウンドが振動することで、音が発生します。故にスピーカユニットの表面がどのように振動しているかが、音の広がりに大きな影響を与えます。その振動形状の測定方法、解析方法について、解説していきます。

  • スピーカ計測・評価技術 / 第1回
    スピーカユニットの性能評価:TSパラメータ

    近年、ハイレゾオーディオに対応したイヤホン/ヘッドホンやスマートスピーカの流行により、私達はスピーカを搭載した様々な製品に囲まれ、生活をしています。ではそのスピーカ製品はどのように設計されているのでしょうか。

  • TEDSセンサ入門

    TEDSについて解説いたします

  • MEMS方式加速度計入門

    MEMS方式加速度計の基礎原理を解説いたします

  • AD変換の基礎 / 第6回 シグマデルタ型ADコンバーター Part2

    AD変換の基礎 / 第5回で取り上げたように、シグマデルタ型ADコンバーターの動作は、対象の信号に対する大幅なオーバーサンプリングが前提になります。このオーバーサンプリングにより、量子化ノイズが測定対象周波数よりもずっと広い周波数レンジに分布します。

  • 工業用圧電型加速度計入門

    工業用圧電型加速度計の基礎原理を解説いたします

  • AD変換の基礎 / 第5回 デルタシグマAD変換器

    連続的なアナログ信号から離散的なデジタルデータへの変換を請け負うADコンバーター(Analogue-to-Digital Converter)は、データ収集の中で非常に重要な役割を果たしています。ADコンバーターの発展は長い歴史を持ち、現在に至るまでに様々なタイプが存在します。リアルタイムデータ収集に最も良く使われているタイプは、いわゆるシグマデルタ型ADコンバーターです。

  • AD変換の基礎 / 第4回 測定レンジ

    アナログ信号の入力をデジタル信号データへ変換する際には、AD変換器(Analog-to-Digital Converter)を使用します。通常、ひとつのAD変換器があらゆる信号レベルの入力を変換できるわけではなく、変換可能な信号レベルは、仕様の最大電圧(例えば、1.2Vなど)に制限されます。しかし、変換器側では、必ずしもその仕様に応じた電圧を出力しているわけではありません。そのような場合、入力信号の側が、測定“レンジ”に合致するように、増幅(もしくは減衰)されています。この測定レンジは、ユーザー自身が設定するか、もしくは、信号を取得するシステムが自動で適切なレンジを検出します。

  • 電荷出力型加速度計入門

    電荷出力型加速度計の基礎原理を解説いたします

PAGE TOP