東陽テクニカでは、触媒・電解質膜・GDLといった構成部材に必要な電気化学測定器・回転電極装置・各種セルから、
燃料電池セル評価に必要な発電評価装置まで種々の計測機器を取り扱っています。
計測に関するプロが正しい測定を行う上で必要な情報をご提案・ご提供致します。
特注製品にも対応可能ですので、燃料電池の評価に関する事はお気軽にお問い合わせください。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

製品から探す

PEFC用評価装置

PEFC/DMFC用の発電特性評価システムです。発電条件制御用の燃料ガス供給装置、電流/電圧測定用の電子負荷器、計測/制御用PCとソフトウェアが基本構成となります。更にご要望に応じた計測器や、ガス供給装置への追加機能・機構を搭載した特注システムも設計・販売しています。FCCJ評価プロトコルを実行可能なシステムも構築可能です。

SOFC用評価装置

SOFCの発電特性評価用のシステムです。発電条件制御用の燃料ガス供給装置、電流・電圧出力測定用の電子負荷器、計測/制御用のPCとソフトウェアの構成に、ご希望に応じてセルホルダや加熱炉を組み合せたシステムを構築・販売しています。 九州大学と共同開発したセルホルダも販売しています。

PEFC用セル/部材

PEFC/DMFC用のカーボンペーパー・カーボンクロス等のGDLを販売しています。

SOFC用セル/セル部材

米国Nexceris社(旧・NexTech Materials社)のfuelcell materials.com部門の扱うSOFC用のボタンセルや平板セル、またそれらの材料となるパウダーやインク、試験用のテストフィクスチャやシール材などを販売しています。

膜/電解質伝導度評価装置

米国Scribner社が開発した、PEFC用電解質膜のイオン伝導特性の湿度依存性を、実用と同じ膜厚み方向(Through-Plane)で測定可能なシステムです。イオン伝導性に異方性を持たせた機能膜の評価に最適。

電気化学測定システム(P/Gスタット)

触媒評価用のサイクリックボルタンメトリ(CV)や触媒劣化促進用の電位制御試験、FCCJ評価プロトコルなどに使用可能なポテンショ/ガルバノスタットを取り扱っています。非発電時のインピーダンス測定には周波数応答アナライザと組合せた電気化学測定システムが必要です。

アプリケーションから探す

発電評価

PEFC/SOFCセルの発電・非発電状態での特性評価に必要な発電評価装置・電気化学測定システムを取り扱っています。
発電評価装置と計測器を連動可能ですので発電・非発電をシーケンシャルに自動測定可能です。

電極触媒活性評価

電極触媒の活性評価に必要なポテンショ/ガルバノスタットと回転電極装置を取り扱っております。
それぞれ電気化学測定と回転数制御を連動させた自動運転が可能です。

伝導度・活性化エネルギー評価

固体電化質の伝導度や活性化エネルギー評価に必要なインピーダンス測定器・温調装置を取り扱っており、バルク・粒界抵抗の切り分けに最適です。


 

 

セレクションガイド

発電評価装置 比較表

  AutoPEM / AutoEFC PEMTest8900 MiniTest3000 AutoSOFC2
 
特長

 

  • 高性能/多機能
  • TFTソフトウェアからの完全自動運転
    FCCJ/NEDOプロトコルの無人運転対応
  • 豊富なオプションからカスタマイズ可能

 

 

  • 高性能/コンパクト設計
  • 自動運転可能(バルブ操作を除く)
  • 電気化学計測器と連動可能

 

 

  • 高性能をA3サイズのフットプリントのコンパクトサイズに凝縮
  • PCレス設計で安定した長期耐久運転
  • 低価格で多チャンネル化に最適

 

 

  • 高性能/多機能
  • TFTソフトウェアからの完全自動運転
  • 模擬ガス/水蒸気電解などにも対応可能

 

主な計測機能

負荷発電機能 Scribner社製890シリーズ
燃料電池計測システム
※対応済み他社製品あり
Scribner社製890シリーズ
燃料電池計測システム(専用)
※有無の選択可能
菊水電子工業社製PLZ4Wシリーズ
電子負荷装置
※有無の選択可能
Scribner社製890シリーズ
燃料電池計測システム
※対応済み他社製品あり
発電中のインピーダンス測定 要:880型FRAオプション 要:880型FRAオプション 要:880型FRAオプション
OCV時のインピーダンス測定 要:Bio-Logic社製FRA付P/Gスタット
(連動可能)
要:Bio-Logic社製FRA付P/Gスタット
(独立運用)
要:Bio-Logic社製P/Gスタット
(独立運用)
要:Bio-Logic社製FRA付P/Gスタット
(連動可能)
半電池試験(LSV、CV) 要:885-HS型Patat、またはBio-Logic社製P/Gスタット
(連動可能)
要:885-HS型Pstat、またはBio-Logic社製P/Gスタット
(独立運用)
要:Bio-Logic社製P/Gスタット
(独立運用)
固定周波数測定(HFR) 要:880型FRA、低抵抗計、
Bio-Logic社製FRA付P/Gスタット
要:880型FRA、低抵抗計、
Bio-Logic社製FRA付P/Gスタット
要:低抵抗計 要:880型FRA、低抵抗計、
Bio-Logic社製FRA付P/Gスタット

FAQ

固体高分子形燃料電池(PEFC)の発電に必要な燃料ガス流量は?
直接形メタノール燃料電池(DMFC)での発電に必要な燃料流量は?
燃料ガスへの加湿の必要性

その他のFAQはこちらから

燃料電池評価装置に関するお問合せ

製品の仕様・納期・価格

担当部門 理化学計測部
電話番号 03-3245-1103(部門直通)
FAX番号 03-3246-0645

製品の使用方法・校正・修理

担当部門 理化学技術部
電話番号 03-3279-0771(代表)
FAX番号 03-3246-0645