ドキュメントで使用できるサンプルアドレス

エンジニアノート

 

マニュアルや手順書にIPアドレスやドメイン名を例として記載する場合、どんなアドレスやドメイン名を使っていますか?適当に使われていなさそうなものを記載することは、あまりよくありません。現在使われていなくても、将来的に使われる場合もありますし、万一使われていた場合思わぬトラブルを引き起こす可能性がないとはいえません。そのような場合に使えるアドレスが「サンプルアドレス(例示アドレス)」です。

サンプルアドレスとは?

サンプルアドレスとは、ドキュメントなどに例示してよいアドレスのことです。サンプルアドレスは、RFCで定義されており、IPアドレス、ドメイン名、MACアドレス、AS番号などが存在します。サンプルアドレスは、ドキュメントだけではなく、実験に使用される目的などでも使用されます。
今回は、一番頻繁に使われるIPアドレスとドメイン名について、ドキュメントで例示可能なものに絞って解説します。

ドキュメントで例示可能なIPv4/IPv6アドレス

RFC5737-IPv4 Address Blocks Reserved for Documentation(別ウィンドウ・外部リンク)

RFC3849-IPv6 Address Prefix Reserved for Documentation(別ウィンドウ・外部リンク)

IPv4アドレス

  • 192.0.2.0/24 (TEST-NET-1)
  • 198.51.100.0/24 (TEST-NET-2)
  • 203.0.113.0/24 (TEST-NET-3)

IPv6アドレス

  • 2001:db8::/32

通常これらのアドレスに対しては、ルーティングは行われないようになっています。

ドキュメントで例示可能なドメイン名

RFC6761-Special-Use Domain Names(別ウィンドウ・外部リンク)

例示可能なドメイン名

  • example.com
  • example.net
  • example.org

JPRS-例示に使用可能なJPドメイン名(別ウィンドウ・外部リンク)

JPドメインで例示可能なドメイン名

  • "EXAMPLE"を用いたもの
    • EXAMPLE.JP
    • EXAMPLE.CO.JP
    • EXAMPLE.NE.JP
  • "EXAMPLE"の後に1桁の数字(""0""から""9"")がつく文字列を用いたもの
    • EXAMPLE1.JP
    • EXAMPLE2.CO.JP
  • ドメイン名例.JP (日本語JPドメイン名)
  • xn--eckwd4c7cu47r2wf.jp

RFC2606には、ドキュメント例示用以外で使用可能な「.text」「.invalid」「.localhost」のことについても用途別に記載があります。

重要なこと

このようなアドレスがあるということだけ知っておけば、あとは必要に応じて「サンプルアドレス」「IP」などと検索をすればいくらでも情報は出てきます。実際私も「192.0.2.0/24」と「examle.com」以外は覚えていません。
一番重要なことは、なぜ自分や他人、架空のアドレスを使ってはいけないかを把握し、適切にサンプルアドレスを使用する、ということかと思います。