Magtrol,Inc.

ブロア空冷式 BHBシリーズ

ブロアで冷却することにより、高出力の連続運転に対応できるヒステリシスブレーキです。
最高20,000 rpm, 連続6 kWまで使用可能です。

製品一覧を見る

カタログダウンロード

特長

  • ブレーキ負荷の範囲 : 3 Nmから24 Nmフルスケールまで4 機種のラインナップ
  • 高速回転 : 最大 20,000 rpm
  • ブレーキ負荷電力 : 最大 7,000 W (BHB-24 5分以内)
  • ブロアによる冷却 : コンプレッサー不要、高い負荷で連続試験可能
  • ブレーキ構造 :回転数とは無関係に安定なトルクを発生するヒステリシスブレーキ
  • モータのフリーランから拘束、停止までの測定可

テクノロジー

ヒステリシスブレーキの動作原理

ヒステリシスブレーキは回転速度に依存することな く、物理的な摩擦なしにブレーキ負荷を発生します。
ヒステリシスブレーキは、円筒状の鉄製ロータと、コイルにより励磁される歯型形状の磁極を持ったステータが非接触に合わさった構成です。
磁極が励磁されてないとき、ロータはボールベアリングに支えられて、自由に回転します。
コイルに電流を供給して磁極を励磁すると、ロータとの間の空隙に磁界が発生します。ここで透磁率の高いロータが回転すると磁気摩擦が発生します。
従って、ロータの回転エネルギーを磁気摩擦の損失として吸収しブレーキとして働きます。

ヒステリシスブレーキ動作原理

ブレーキの選定

ブレーキを選定するには、
  • 最大トルク
  • 最大回転数
  • 最大電力

の3つ全てが試験条件の範囲に入っていることを確認します。試験が短時間か連続なのかによって、ブレーキの最大電力は異なっています。また、空冷によってブレーキの最大電力は大きくなります。空冷が必要かどうかは、ブレーキの仕様一覧表で確認できます。
電力は、で計算できます。

仕様

型名 定格トルク 定格電流 最大回転数 ブレーキ負荷電力 抵抗@25℃
±10%
空冷あり 空冷なし
5分以内 連続使用 5分以内 連続使用
[Nm] [mA] [rpm] [W] [W] [W] [W] [Ω]
BHB-3B 3 750 20,000 1,500 935 800 160 33
BHB-6B 6 1,500 20,000 3,400 3,000 1,000 225 33
BHB-12B 12 1,200 12,000 3,500 3,000 2,200 250 20
BHB-24B 24 2,400 12,000 7,000 6,000 4,000 450 10
型名 ブロア ドラッグトルク
@1000 rpm
イナーシャ 最大加速度 コイル電力 電圧 重量
  電圧
型名 [VAC] [Nm] [kg・cm2] [rad/s2] [W] [VDC] [kg]
BHB-3B BL-001 120 1.51×10-2 6.89 4,340 160 24.8 N/A
BHB-6B BL-001 120 2.82×10-2 13.82 4,340 37.13 24 N/A
BHB-12B BL-001 120 9.18×10-2 56 2,140 28.8 24 N/A
BHB-24B BL-002 120 0.14 119 2,016 57.6 24 N/A
動作環境
温度 -40℃ ~ +85℃
相対湿度 90%以内、結露しないこと
電気的仕様
最大電圧 36 VDC
機械的仕様
軸端の形状 スムーズ
バランス性能 SO 1940-1 G6.3 準拠

ブレーキ負荷電力は、コイルやベアリングの上限温度100℃から算出しています

アプリケーション

モータやインバータの耐久試験、連続で試験を行うライン検査など

カタログダウンロード

ヒステリシスブレーキ

ヒステリシスブレーキ

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます

FAQ