Lake Shore Cryotronics Inc.(レイクショア / USA)

4 Kクライオクーラー(サンプルは真空中): SHI-4シリーズ

Janis SHI-4シリーズクライオスタットは、幅広いアプリケーションに対応する冷却システムです。交換可能な光学系や多様な電気コネクタを備えています。 SHI-4シリーズクライオスタットは325Kまでの測定用に設計されており、オプションにより500Kまたは800Kまでの動作が可能です。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

光学実験用に最適化されたこのシステムには、次のコンポーネントが含まれています。

  • 光学真空シュラウドと放射線シールド
  • 4つのOリング密閉石英窓
  • 金メッキ無酸素銅サンプルホルダー
  • 3つの予備の電気アクセスポートを備えた10ピン電気フィードスルー
  • 排気弁と安全圧力リリーフバルブ
  • シリコンダイオード温度計と制御ヒーター
  • 窓の真上にOリングシールが付いた簡単に取り外し可能な窓ブロック(SHI-4-2、SHI-4-5システム)

利用可能なオプション

  • 追加の電気フィードスルー(BNC、SMA、マルチピンなど)
  • 回転可能な真空シュラウド
  • 回転および位置決めステージ
  • マトリックス分離構成
  • 5番目のウィンドウポート
  • 放射線遮蔽窓
  • オプションとしてより大きなウィンドウを備えた特別に変更されたウィンドウブロック(SHI-4-x)
  • IRおよびその他の窓材
  • カスタム設計された真空シュラウド
  • ほとんどのモデルで利用可能な500Kおよび800Kの高温システム
  • 非光学構成コンパクトな真空シュラウド(電磁石で使用)
  • 大容量のサンプル構成

対応品

標準モデルは次のとおりです。(「X」は冷蔵庫の冷却能力を示します)

  • SHI-4-X(オプティカル)
  • SHI-4T-X(非光学)
  • SHI-4S-X(サブコンパクト)
  • SHI-4XG-X(低振動インターフェース)
  • CCR4-MMP(極低温プローブステーション)

仕様

(輻射熱負荷を含む)

SHI-4-2 SHI-4-5 SHI-4 SHI-4-15
温度範囲 <4 K* to 300 K <4.5 K to 325 K <4 K to 325 K <4 K to 325 K
初期クールダウン時間 <120 min to 5 K at 60 Hz
<150 min to 5 K at 50 Hz
~70 min to 4.5 K 60 min to 4 K 60 min to 4 K
冷却能力 0.13 W at 4.2 K 0.7 W at 4.2 K 1 W at 4.2 K 1.5 W at 4.2 K
クライオスタット重量 約16.3kg 約24.1kg 約28.2kg 約28.6kg
コンプレッサー 空冷 or 水冷 水冷 空冷 or 水冷 空冷 or 水冷
* 4つの開いた放射線遮蔽ポートで、f1の視野角。

SHI-4シリーズ:真空システムの例

Janis SHI-4シリーズクライオスタットは、実験室のサンプル冷却に利用できる最も用途の広いシステムの1つです。 これらは交換可能な光学系を備えており、多種多様な電気コネクタも準備されています。 真空シュラウドのタップ穴と頑丈な取り付けフランジにより、どの方向にも簡単に取り付けることができます。

SHI-4-2型
0.2 W 4 K
光学式クライオクーラー

SHI-4-5型
0.5 W 4 K
光学式クライオクーラー

SHI-4型
1W 4 K
クライオクーラー

SHI-4-15型
1.2 W 4 K
光学式クライオクーラー

SHI-4T-1型
4 Kクライオクーラー
(オプションスタンド付)

SHI-4T型
4 Kクライオクーラー
(オプション800K高温ステージ付)

SHI-4ST-1型
コンパクト4 K
クライオクーラー

SHI-4G-5型
低振動4K
クライオクーラー

SHI-4T-4型
4Kクライオクーラー

他の構成例

■冷却された放射シールド窓/2ndステージに大型コールドプレートを備えた特別なSHI-4-1

このシステムは密閉された2.92mmフィードスルーからコールドプレートに接続された6本のセミリジッドケーブルも備えています。

 

■SHI-4-1

RDK-101Dコールドヘッド上に構築された高温(500 K)システムです。(写真は黒色アルマイトスタンドのオプション付きです。)

 

■SHI-4R

回転可能な真空シュラウドを備えたSHI-4R4Kクライオクーラー。

■SHI-4T-15

セカンドステージに大きなコールドプレートを備えた特別モデルのSHI-4T-15。非光学式冷媒フリーシステム。

■2軸光学アライメントを備えた4Kクローズドサイクル冷蔵機

クリオスタットアクセスを中心とした回転の分解能は約0.5°で、クライオスタット軸を中心とした回転範囲は±360°で、回転はヘリウムフレックスラインと電気ケーブルによってのみ制限されます。 クリオスタットアクセスからの回転は、<0.2°の分解能と0°から90°の動きの全範囲を持っています。 このシステムには4つの放射シールドウィンドウが付属しており、サンプルのベース温度は約4 Kに達します。このシステムは、実験サンプルに細かい光学的位置合わせが必要な場合に最適です。

 

■SHI-4-15-UHT

計装スカート用の8インチコンフラットティーを備えた特別な1.5Wシステム。 お客様は、このシステムをUHVチャンバーに設置します(ただし、システム自体はUHVとの互換性はありません)。

■SHI-4-15-UHV

CFフランジに回転不可能な8インチのベアモデルRDK-415D2Bコールドヘッドと、温度センサーと2つのカートリッジヒーターを備えた2段目のヒーターブロックを示しています。 このシステムは、ユーザー提供のUHVチャンバーに直接取り付けるように設計されています。 ベーキング温度が60°Cに制限されているため、これは「真のUHV」システムではありません。 高真空状態向けに設計されています。

■SHI-4XG-15-UHV

交換ガスの防振機能を備えた500 Kまでベークアウトできる真の超高真空(UHV)システムです。 このカスタム品は、走査型プローブ顕微鏡測定でこのシステムを使用することを計画しています。 放射線遮蔽ウィンドウ構成では、ベース温度は3Kです。

■SHI-4XG-15-UHV

下部ウィンドウを備えた超高真空防振4Kクローズドサイクル冷凍機システム

■水素ガスを冷却するための特別な1.5Wシステム

水素ガスを冷却するための1段目と2段目にコンフラットフランジと熱交換器を備えた特別モデルSHI-4-15。 エンドユーザーは、このクライオクーラーを既存の真空チャンバーに取り付け、水素の入口ラインと出口ラインに独自に接続します。

■室温から約4Kまでガスを冷却するために、コイルが1st/2ndステージに巻き付けられた特別な1.5W(@4.2K)システム

このシステムはイオントラップ測定に使用されました。コールドヘッドに冷却コイルと計装スカートを備え、 2ndステージには温度可変のためのヒーターと温度センサーがあります。冷却コイルを室温のガス供給に接続し、もう一方の端をイオントラップに接続します。同様のシステムを他のアプリケーションで使用して、任意のガスを液体に凝縮することが可能です。

■3 K未満(typical)で動作するための冷却された放射シールド窓を備えたSHI-4-15

冷却された放射シールド窓のオプション追加により、この1.5W(@4.2K)システムのベース温度は3Kに達すると予想されます。

 

■特別なRDK-415Dコールドヘッド

ガスを4 K以下に冷却するために、コンフラットフランジと銅管が各ステージに巻き付けられた特別なRDK-415Dコールドヘッドです。

■皿ネジ穴オプション付きの標準ウィンドウブロック

Janis製品は、通常ウィンドウブロックのリテーナになべネジを使用します。これによりウィンドウブロックの両側に約0.125インチが追加されます。 スペースが問題になる場合は、この写真に示すように、フラットヘッドネジを使用可能です。 このオプションは、Oリングで密閉されたウィンドウを備えたほとんどのウィンドウブロックで提供できます。 右のウィンドウブロックは、VPF-100、VPF-800、ST-100、CCS-150、CCS-100/202、CCS-100 / 204、SHI-4-2で使用可能です。

■ウィンドウブロックの変更

特別に変更されたウィンドウブロックを備えた標準的な光学クライオスタットです。 窓のうち2つは、標準の直径1.63のクリアビュー溶融石英です。 他の2つのウィンドウは、直径2.63の特別なクリアビュー溶融石英です。 このウィンドウブロックは、ST-100、VPF-100、SHI-4-2、SHI-4-5、SHI-4、CCS-150、CCS-450、CCS-100 / 202、 CCS-100 / 204など多くのシステムでオプションとして使用可能です。(CCS-100 / 204は、別のウィンドウブロックを用いたオプションを使用します。)

 

■4Kおよび10Kクライオクーラーシステム用の回転スタンドオプション

右の写真はクライオスタット全体を上下反転できるオプションの回転スタンドをPTSHI-4-5に追加したもので、サンプル交換に便利です。
クライオスタット自体はかなり重く、逆さまに置ける平らな面がありません。 この回転スタンドがないと、サンプルエリアにアクセスするのが非常に難しく、不便です。このスタンドは光学テーブルの表面から50 mm上にクライオスタットを保持するように設計されていますが、ユーザーが指定した任意の高さに保持するように設計可能です。
このスタンドは4Kおよび10Kクライオクーラーシステムに使用可能です。