T150 引っ張り試験システム

T150 引っ張り試験システムは、従来の試験機では困難だったファイバーや薄膜に対しての、再現性の良い引っ張り試験が可能です。 高剛性設計により、低ノイズ・高分解能を実現しており、準定常的・ダイナミックな高精度機械特性測定が可能となっています。

特長

  • 市販装置で最大の引っ張り強度ダイナミックレンジ
  • 高速なリアルタイム・データ出力
  • 歪み率に敏感な材料を評価する効果的手法
  • Microsoft Word, Excelへ自動データ出力

仕様

T150 引っ張り試験システム

  • ナノメカニカル・アクチュエーティング・トランスデューサ (NMAT)
  • 最大荷重: 500 mN
  • 荷重分解能: 50 nN
  • 最大引っ張り変位: ±1 mm
  • 最大引っ張りレンジ: 150 mm
  • 引っ張りレンジ分解能: 35 nm
  • 引っ張り速度: 0.5 µm/s ~ 5 mm/s
  • ダイナミック周波数レンジ: 0.1 Hz ~ 2.5 kHz
  • オプション: 曲げ試験、押し込み試験