電動化

電動化

EV・PHV対応PCB製品

ハイブリッドおよび電気自動車は、そのシステムの複雑さや絶縁性の問題があるため、NVH試験が困難な場合があります。計測に有効な製品をご紹介いたします。

ブラシレスDCモータのトルクリップル測定

Magtrol社のTMシリーズトルクトランスデューサとヒステリシスブレーキを用いたトルクリップル測定システムです。 TMシリーズの高速応答という特長を活かして高速回転でのリップル測定が可能です。 データロガーと組み合わせて、ブレーキ負荷とリップル成分の関係を解析することができます。

DCモーターの総合評価

M-Testソフトウェアとヒステリシスダイナモメータを用いた、DCモーターの検査システムです。ここでは、モーター開発者向けの特性データの取得、および品質検査部門向けの合否判定試験を紹介します。

ブラシレスDCモータの耐久試験

M-TESTソフトウェアとヒステリシスダイナモメータを用いた、ブラシレスDCモータの耐久試験システムです。

ステッピングモータの測定

角度計測専用のソフトウェアを使います。データロガーからデジタルパルスを出力してステッピングモータを回し、ロータリーエンコーダでモータ軸の角度を測定します。オプションでブレーキを取り付けた場合、ブレーキ負荷が加わった状態での角度計測ができます。

誘導モータ試験

M-TESTソフトウェアとヒステリシスダイナモメータを用いたトルク-回転数特性試験システムです。

ギヤ効率計測システム

ギヤの入力と出力のトルク値からギヤ効率を測るシステムです。2台のTMシリーズトルク計とブレーキ負荷をDSP7002コントローラに接続し、M-Test7ソフトウェアで自動計測をします。

トップランナーモータ向けの総合試験装置

トップランナーモータ制度では、 JIS C 4213 で規定された IE3クラス(プレミアム効率)のモータを製造することが求められます。 製造のための試験には高精度のトルク計を使用する必要があり、試験時間も1日から3日ほどの長時間となります。東陽テクニカはこれらの高精度な試験を自動化するシステムを提案します。

恒温槽トルクベンチ

近年、自動車をはじめとして製品に用いられる部品の品質が原因となる事故が発生しており、これにより部品の製造元と販売元を含めた関連する会社全体の信頼を損なうことになります。
モータにおいてもこれまで以上に製造元での品質や性能を十分に検査することが求められています。これまではモータの特性(トルク・回転数・電流・電圧)を室温で測定するのみでしたが、今後はモータが使用される温度環境(-40℃~+120℃など) にて、温度変化による変形や減磁の影響を考慮した検査が必要となってきます。

防音箱ベンチと音振動計測

被試験モータを防音箱に入れ、トルクベンチでブレーキ負荷を加えたときの音や振動をFFTアナライザで計測します。

モータ用インバータの耐久試験

空冷式のヒステリシスブレーキで一定のトルクを加え続け、モータ駆動用インバータの電流・電圧を計測します。高サンプルで長時間のデータ収録を行うことで、詳細な性能評価が可能です。

モータ負荷ベンチ / エンジンスターター付きベンチ

被試験モータを防音箱に入れ、トルクベンチでブレーキ負荷を加えたときの音や振動をFFTアナライザで計測します。

ブレーキ負荷時の電磁波測定

ヒステリシスブレーキは、DC電流によりブレーキ負荷を発生するため(ACではないため)、電磁波を発生しません。インバータ・モータとヒステリシスブレーキを接続したベンチを電波暗室に入れてモータに負荷を与えることで、インバータやモータから発生する電磁波の測定が可能です。

モータ自動検査ライン

データロガー imc SPARTAN と ソフトウェア imc STUDIO により計測制御の自動化を行います。

モータ検査成績書の自動生成

imc FAMOSソフトにより詳細解析やレポート作成を行います。