機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ソリューション

ブラシレスDCモータの耐久試験

概要
M-Testソフトウェアヒステリシスダイナモメータを用いた、DCモーターの検査システムです。ソフトウェアで繰り返しの試験パターンを設定し、モーターの耐久試験ができます。
dc_img5.jpg
 
特長
  • PID負荷制御機能により、長時間の試験でも安定したブレーキ負荷を与えてトルクと回転数を測定します。
  • Excelなどで作成した負荷状態のリストをM-TESTにインポートすれば、複雑な試験条件でも短時間で設定できます。
  • 最速10ミリ秒間隔でトルクと回転数のデータを取得してグラフに表示します。さらに、オプションでパワーメータや温度センサを接続し、システムの拡張が可能です。
 
構成品
●被試験ブラシレスDCモータ
ヒステリシスダイナモメータ HD-700
DSP7001 コントローラ
●モータ駆動用DC電源
●パソコン
M-Testソフトウェア
●システム架台・冶具
 
外観
dc_img.jpg
 
機器仕様
ヒステリシスダイナモメータ  HD-700
定格トルク 3.1 N・m
トルク精度 ±15 mN・m
最大回転数 25,000 rpm
最大電力 150W (連続), 700W (5分以内)
被測定モータ
最大出力 60W
定格トルク 440 mN・m
速度範囲 200 – 2000rpm rpm
 
接続図
dc_img2.jpg
 
■ 測定例①: 連続ステップ負荷試験
以下の図のように、PIDトルク制御機能により、50mN・mから320mN・mまで10mN・m・10秒間のステップ負荷を5サイクル繰り返します。

dc_img3.jpg
 
ap_2-1.jpg ap_2-3.jpg
測定条件の設定画面
試験方法は「Curve」、制御パラメータは「Torque」、繰り返し回数5を設定します。Excelで10mN・mごとのパターンを作成し、M-Testソフトでパターンを読み込めば、複雑なパターンでも容易に入力できます。
測定結果のグラフ表示
横軸1項目、縦軸は最大5項目を選択して測定結果のグラフを表示します。
 
■ 測定例②: 過負荷状態の試験
以下の図のように、オープンループ(ブレーキ電流のみの制御)測定を使い、モーターに矩形状の負荷を与えます。矩形ピークのブレーキ電流を6%から12%まで徐々に増加させます。負荷が変動したときに、回転数が安定するまでの時間が測定できます。

dc_img4.jpg
 
ap_2-4.jpg
ap_2-5.jpg
測定結果のグラフ表示 (試験全体)
測定結果のグラフ表示 (200 – 220秒の拡大)
 

pageback_arrow.gifソリューション一覧へ

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。