機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ソリューション

DCモーターの総合評価

概要
M-Testソフトウェアヒステリシスダイナモメータを用いた、DCモーターの検査システムです。ここでは、モーター開発者向けの特性データの取得、および品質検査部門向けの合否判定試験を紹介します。
DCモーターの総合評価
 
特長
maru_top2.gif開発者向けには、DSP7001の手動操作によるブレーキ負荷や、PID制御機能を用いた任意の負荷ステップ試験など、
 DCモータに必要な計測・制御機能が揃っています。

maru_top2.gif品質検査部門向けには、合否判定の自動検査システムとして活用することができます。
 MS-Excelなどで作成した負荷状態と判定条件のリストをM-TESTにインポートすれば、
 複雑な試験条件でも短時間で設定できます。

maru_top2.gif最速10ミリ秒間隔でトルクと回転数のデータを取得してグラフに表示します。
 さらに、オプションでパワーメータや温度センサを接続し、システムの拡張が可能です。
 
構成品
被試験モータDCギヤドモータ
ヒステリシスダイナモメータHD-700
DSP7001 コントローラ
WTシリーズ電力計
モータ駆動用DC電源
パソコン
M-Testソフトウェア
システム架台・冶具
 
構成品
dc_solution_img.jpg
 
外観
dc_solution_img2.jpg
 
機器仕様
ヒステリシスダイナモメータ HD-700
定格トルク 3.1 N・m
トルク精度 ±15 mN・m
最大回転数 25,000 rpm
最大電力 700W (5分以内)
被試験モータ
定格トルク 500 mN・m
無負荷回転数 600 rpm
 
■ 測定例1:T-N特性試験
右図のように、PID回転数制御機能により、350rpmから150rpmまで30秒間でスイープします。適切なPID値を設定することにより、滑らかなスイープ制御をすることができます。
測定例1:T-N特性試験

 

測定条件の設定画面
測定条件の設定画面
試験方法は「Curve」、制御パラメータは「RPM」を選択します。この試験では、任意の負荷パターンを表に入力することができます。表の負荷パターンには、From:350 To:150 Time: 30 の一行を入力します。
測定例1:T-N特性試験
PID調整画面
設定した負荷パターンに追従させるため、回転数のPID制御パラメータを調整します。
 
測定実行中の画面
測定実行中の画面
画面の左表には現在の値の一覧、グラフには試験開始からの回転数値が表示されます。
測定結果のグラフ表示
測定結果のグラフ表示
横軸1項目、縦軸は最大5項目を選択して測定結果のグラフを表示します。
 
■ 測定例2:合否判定試験
以下の図のように、 PID回転数制御機能により、3つのステップ制御を行います。 それぞれのステップの終了時のデータから、トルクおよび電流の値が許容範囲に入っているかどうかを判定します。
 
測定実行中の画面
測定条件の設定画面
測定実行中の画面
 

測定実行中の画面
測定結果の画面
測定結果の画面
●判定結果は、合格(Pass)または不合格(Fail)の表示
●一覧表には、判定の条件および判定値の表示
●[次の試験]のボタンを押すと、同じ判定条件で続けて試験が行えるため、検査時間の短縮が可能です。
 

pageback_arrow.gifソリューション一覧へ

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。