Spirent TestCenter

自動試験/スクリプト制御に関するFAQ

QNCS| [auto-0000] TestCenter自動化の資料や動画はありますか?

A

TestCenterの自動化操作方法について、動画を掲載しております。
下記リンクよりご利用いただけます。

Spirent TestCenter Automation ユーザートレーニング

回答を閉じる

QNCS| [auto-0001] GUI (Application) を介さずにTestCenterを制御できますか?

A

TCL, REST, Perl, Ruby, Python, C/C++ を使用し制御可能です。
標準ライセンスではTCLとRESTをご利用頂けます。
REST APIの操作方法については、 "[auto-0005] REST APIでの操作方法を教えてください" をご参考ください。

TestCenter Application (GUI)上で設定したCommand Sequencerの実行内容を下記操作よりスクリプトに生成できます。
[File]-> [Save As Script] -> TCL/Perl/Ruby/Python
スクリプトを実行すると、下記の一連の操作をApplicationを介さずに実行されます。

ポートリザーブ> Command Sequencer実行->ポート開放

TestCenter Application (GUI)上で設定したCommand Sequencerの実行内容をスクリプトに生成する操作画面

回答を閉じる

QNCS| [auto-0002] GUI (Application)の標準実装の自動化機能にCommand Sequencerがありますが、どのようなことができますか?

A

Command Sequencerは、GUI上で試験の自動化を簡単に行うことができるスケジューラです。
ウィザード形式でシーケンスを作成できるSequence Generatorなど、設定を簡単にするためのツールも充実しています。
詳細情報が必要な場合は、お問合せください。 (問合せ先は【etc-0001】参照)

  • Reboot, Auto Negotiation Restart, Capture Start, Wait, start/stop devices(Router/Host), Traffic Start/Stopなど約300種類以上の機能をサポート
  • RFC 2544/2889試験
  • Routing, PPPoE, EOAM, IGMP/MLDなどのプロトコル・エミュレーション機能も設定可能
  • レコーダ機能によりGUI上で行った操作を記録可能
  • 繰り返し(Loop設定)や If/Else/While文などによる条件分岐判定
  • 外部スクリプトの実行によりDUT(試験対象機器)との連携が可能 (Run External Process)

回答を閉じる

QNCS| [auto-0003] Command Sequencerを含めたテスト設定を簡単に設定する方法はありますか?

A

Command Sequencerを使用し、フレーム長や負荷量の変更、試験開始~停止、結果保存を繰り返し行います。スループットテストも設定可能です。

・ウィザードから設定します。
ウィザードを利用して、Command Sequencerのコマンドを自動で生成します。設定後、編集できます。
- [Wizards]> [Benchmarking]> RFC2544/RFC2889/RFC3918> ウィザードに沿って選択・設定します。
(ご利用には有償ライセンスが必要です)
- [Wizards]> [Sequence Generator]> [Custom Test]> TestTypeよりFixed Duration/Step/Throughput より選択します。

回答を閉じる

QNCS| [auto-0004] TestCenterとDUT(試験対象)を同期をとって自動化することはできますか?

A

TestCenterの標準機能のCommand Sequencerより、自動試験を設定することができます。
DUTへの操作には、Run External Process Command より外部スクリプト等を実行可能です。
より複雑な処理を必要とする自動化をご検討の場合は、Spirent iTest (自動化支援ソフトウェア)のご利用をおすすめしています。
iTestへの詳細はこちら

TestCenterの標準機能Command Sequencerの自動試験設定画面

回答を閉じる

QNCS| [auto-0005] REST APIでの操作方法を教えてください。

A

TestCenterはREST APIによる操作を標準でサポートしています。
WindowsとLinux環境の両方で利用可能です。

下記例は、Windows環境での操作例になります。

  1. Command Promptを起動します。
  2. (Spirent TestCenter Applicationインストールパス)/stcweb.exe を実行します。
    REST API実行中は、Command Promptを起動したままにします。
  3. お使いのREST API実行ツールより、stcwebの実行環境PCのローカルホストへReST APIのコマンドを実行します。
    例:http://localhost:8888/stcapi/help

下記ドキュメントをご参考いただけます。

Getting Started with the ReST API Application.pdf

Spirent TestCenter Automation Programmer's Reference.pdf

回答を閉じる

QNCS| [auto-0006] Python APIの使用方法を教えてください。

A

Pythonスクリプトを使用し制御可能です。
Pythonのご利用には、有償オプションライセンスが必要となります。

TestCenter Application (GUI)上で設定したCommand Sequencerの実行内容を下記操作よりスクリプトに生成できます。
[File]-> [Save As Script] ->Python

スクリプトを実行すると、下記の一連の操作をApplicationを介さずに実行されます。
ポートリザーブ> Command Sequencer実行->ポート開放

セットアップ手順:

  1. stcPython.pyをpythonスクリプトのディレクトリにコピーします。
    stcPython.pyは、インストールの際に下記ディレクトリ保存されています。
    {Spirent TestCenterインストールディレクトリ}\Spirent TestCenter Application\API\Python
  2. stcPython.pyを開き、下記の行を編集し、Spirent TestCenterインストレーションディレクトリ、あるいはシステム環境変数を設定します。
    os.environ['STC_PRIVATE_INSTALL_DIR'] = STC_PRIVATE_INSTALL_DIR

セットアップの確認:

  1. cdにより、スクリプトのディレクトリへ移動します。
  2. 下記のように入力しEnterキーを実行、pythonインタープリタを開始します。
    python
  3. 下記のように入力しEnterキーを実行します。
    from StcPython import StcPython
  4. 下記のように入力しEnterキーを実行します。
    stc = StcPython()
  5. 下記のように入力しEnterキーを実行し、Spirent TestCenterのバージョン情報が表示されることを確認します。
    print (stc.get('system1', 'version'))
Python APIのセットアップ手順

回答を閉じる

QNCS| [auto-0007]自動化スクリプトのサンプルは入手可能でしょうか?

A

各種サンプルスクリプトは、TestCenter Application (GUI)インストール時に合わせてインストールされています。

下記パスよりご利用いただけます。
{Spirent TestCenterインストールディレクトリ}\Spirent TestCenter Application\SampleScripts

回答を閉じる