Spirent TestCenter

自動試験/スクリプト制御

ID.

Q. NCS| [auto-0003] Command Sequencerを含めたテスト設定を簡単に設定する方法はありますか?

A.


Command Sequencerを使用し、フレーム長や負荷量の変更、試験開始~停止、結果保存を繰り返し行います。スループットテストも設定可能です。

・ウィザードから設定します。
ウィザードを利用して、Command Sequencerのコマンドを自動で生成します。設定後、編集できます。
- [Wizards]> [Benchmarking]> RFC2544/RFC2889/RFC3918> ウィザードに沿って選択・設定します。
(ご利用には有償ライセンスが必要です)
- [Wizards]> [Sequence Generator]> [Custom Test]> TestTypeよりFixed Duration/Step/Throughput より選択します。

<< 自動試験/スクリプト制御に関するFAQ一覧へ戻る