事例紹介・技術資料

NEW

読売新聞東京本社様:Uila社製 仮想基盤/VDIボトルネック可視化ツール「Uila」

『読売新聞を支える統合仮想化基盤 最短距離で問題解決・最適化が可能に』
これまでアプリケーション、仮想化ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークごとの担当に分かれ、システムごとにトラブルを解決していたため、問題可決に多大な時間がかかることや未解決のまま終わってしまうことも少なくなかった。
Uilaの導入により、仮想化基盤の動作状況が完全に見える化でき、問題が発生している場所が一目でわかるため、最短距離でアプリと基盤の問題切り分けが完了し、これまで、半月~1か月かかっていた事象の調査が、たった1~3日で完了できるようになった。

続きを読む

株式会社ブロードバンドタワー様:Uila社製 仮想基盤/VDIボトルネック可視化ツール「Uila」

『クラウドインフラを“見える化”して顧客が体感するトラブルも的確に解決』
クラウドサービスにおいて的確なサポートを行うためにはインフラ環境の可視化が非常に重要であり、日々クラウドインフラの“見える化”を推進する必要性を感じていた。
Uilaの導入により、サービスインフラの現状や変化、顧客の動きなどをすばやく把握して、問題を柔軟かつ的確に対応できるようになった。

続きを読む

NTTアドバンステクノロジ株式会社様:Spirent Communications社製 アプリケー...

『Spirent社の技術と東陽テクニカのサポートで高度な性能検証を効率化』
幅広いレイヤ―の高度な処理を担う「BIG-IP」には事前の検証・評価が欠かせない。また、検証すべき事柄が非常に多岐にわたるため、一つ一つ手作業で行うのは負担が大きすぎた。
導入したAvalancheはiTestと組み合わせることで非常に高い性能を発揮し、最新の「BIG-IP」の性能限界の測定を実現した。

続きを読む

情報処理/SIer:Uila社製 仮想基盤/VDIボトルネック可視化ツール「Uila」

『自社仮想環境における仮想サーバー/VDIデスクトップのトラブルの原因を特定』
自社仮想環境において、ファイルサーバーおよびVDIデスクトップのレスポンスが遅いというトラブルが発生し、原因の特定が求められていた。 Uilaによる解析で、トラブルの原因が特定できただけでなく、状態が改善されたことも確認できた。また、日々Uilaで可視化・分析することで安定した運用も可能となった。

続きを読む

官公庁:Spectracom社製 PTP対応時間・周波数シンクロシステム「SecureSync」

『防衛システムの厳しい環境において高精度な時刻同期を実現』
防衛システムにおいては正確な時刻同期が必要であるだけでなく、GPSが受信できないような環境においても安定した時刻の提供が求められていた。このような厳しい環境において正確な時刻情報の提供を実現した。

続きを読む

自動車(海外):Spirent社 車載イーサネットパフォーマンステスタ「Spirent Autom...

『セーフティアプリケーションの検証、車載ネットワークトラブル事象の擬似を実現』
高精度が求められる衝突回避のようなセーフティアプリケーションの高精度な検証を実現。
また、車載ネットワークにおいて発生しているトラブル事象を容易に模擬することで、車載ネットワーク担当者の負担を削減した。

続きを読む