情報通信
IR情報 会社情報

事例紹介

自動車(海外):Spirent社 車載イーサネットパフォーマンステスタ「Spirent Automotive C50」

~ セーフティアプリケーションの検証、
車載ネットワークトラブル事象の擬似を実現 ~

課題

  • 衝突回避のようなセーフティアプリケーションでは、センサーからの信号を一定の時間内にブレーキまで確実に送る必要がある。しかし、車載ネットワーク担当者は、信号が一定の時間内に送れているか否かを検証する知見がなかった。
  • オーバーフローが発生している車載ネットワークでの遅延を測りたいが、そのようなネットワーク条件を実機で作ることは容易ではなかった。
arrow-down.png

導入のポイント

  • GUIが直感的に操作し易いこと。
  • 複数のトーカーとリスナーを1ポート内で同時に擬似できる効率さがあること。
  • ネットワークの負荷条件が容易に変えられること。
arrow-down.png

効果

  • シミュレータによって、センサーからの信号の送信と受信のタイミングを高精度で測ることができるようになった。
  • シミュレータによって、カメラ・レーダーなど複数のトーカーを擬似し、車載ネットワークでオーバーフローが発生している環境を作ることができるようになった。

システム構成

事例紹介(自動車-海外)Spirent-C50

関連製品

contact
contact

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

アーカイブ

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。