情報通信
IR情報 会社情報

事例紹介

官公庁:Spectracom社製 PTP対応時間・周波数シンクロシステム「SecureSync」

~ 防衛システムの厳しい環境において高精度な時刻同期を実現 ~

課題

  • 防衛ネットワーク構築のため、正確な時刻をネットワーク内に配信する必要があった。
  • NTPの時刻精度では使用を満たすことができず、他の方法で時刻同期する必要があった。
  • 様々な環境で使われることを想定されているため、温度や高度の使用環境条件が重要だった。
arrow-down.png

導入のポイント

  • SecureSyncは米国の防衛関連で実績があり、日本の国防に対しても最適だった。
  • SecureSyncは時刻/タイミング同期の様々な方法の提供がわかりやすかった。
  • GPSが受信できない環境においても、高精度のタイミングを維持できるオシレータを内蔵できた。
arrow-down.png

効果

  • GPSから信号を受信することで正確な時刻情報を受信し、配信することが可能となった。
  • NTPだけでなくIRIG信号によるタイミング同期を提供することで、精度があがり、かつ冗長構成を組むことが可能となった。
  • Spectracom社製SecureSyncはMIL規格を持っており、様々な環境に適用することが可能となった。

システム構成

事例紹介(官公庁)SecureSync

関連製品

 

contact
contact

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

アーカイブ

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。