Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)

次世代ネットワークパフォーマンステスター「Spirent TestCenter」

Spirent C2 リリース

fiber_new

  • 業界屈指の可搬性と高性能の両立
  • レイヤ2-7のさまざまな試験を1台で実施可能
  • 重さ6kg弱 持ち運び可能

ニュースリリースはこちら

“Spirent TestCenter”(スパイレント テストセンター)は、米国Spirent Communications社が提供するトラフィックジェネレータです。端末やBGPルータなどのエミュレート機能を併せ持ち、大量のネットワーク装置を擬似することが可能です。ルータやスイッチなどのネットワーク装置やネットワーク全体のスループット/遅延/ジッタの測定、BGPの大量経路の処理能力といったパフォーマンス評価を最適に行うことができます。

特長

統合プラットフォーム

クラウド、モバイル、アプリケーション、レガシーからハイスピ ードイーサネットまであらゆる試験をサポート

バーチャライゼーション

試験ネットワークアプライアンスの仮想化を実現

トポロジーエミュレーション

複雑なネットワーク構成も1 つのポートでエミュレート、リアリスティックなエミュレーション、パフォーマンス試験が可能

リアルタイム解析

最新鋭の高精度ハードウェア技術が実現する数万~ 100 万ストリーム / 物理ポートのリアルタイム解析

ハイパーフィルタ

フォーカスし、解析したいストリームにフィルタ・トリガを設定することで様々な角度からパフォーマンスの劣化原因を特定

スケーラビリティ

制御系 (C-Plane) やデータ系 (D-Plane) のそれぞれに独立したデーモン処理を行い、複数プロトコルを同時に制御させながら大容量負荷試験を実現

エクストリーム・オートメーション

標準機能コマンドシーケンサを使用することにより、長期繰り返し試験、多ポート試験などにかかるリソースやコストを大幅に削減

多ポート・大容量試験に対応

100Gで最大144ポート(N12U)、24ポート(N4U)を実装可能

その他容量・最大実装ポート数はこちら

ラインアップ

Spirent TestCenter(スパイレント テストセンター)では様々な試験ソリューションとそれを行うためのハードウェアをご用意しております。ハードウェアはシャーシとシャーシに組込むためのモジュールから構成されます。またシャーシとモジュールが一体化したアプライアンスモデルがございます。 100GbE光トランシーバ変換アダプタなどの関連アクセサリもご用意しております。

シャーシ型
SPT-N4U / SPT-N12U: シャーシ + モジュール + オプションライセンス

高パフォーマンス、高ポート密度のテストモジュールを柔軟に搭載できるシャーシモデルです。各種インタフェースのテストモジュールを組み合わせて最適な環境を実現します。検証室での多ポート試験、プロトコル負荷試験や複数のテスト対象、テストシナリオによる並列試験に最適です。

アプライアンス型
Spirent C50: アプライアンス + オプションライセンス

省スペースでテスト環境を構築できるアプライアンスモデルです。使用するポートに応じたアプライアンスが選択できます。

シャーシ

 試験規模に応じてシャーシを2種類からお選びいただけます。

SPT-N4Uシャーシ

SPT-N4Uシャーシ

SPT-N12Uシャーシ

SPT-N12Uシャーシ
製品名 サイズ 最大モジュール実装数 データシート
SPT-N4U 4Uシャーシ(19インチラックマウント可), 27kg 2

ダウンロード

SPT-N12U 12Uシャーシ(19インチラックマウント可), 58kg 12

ダウンロード

モジュール

Spirent TestCenterは各種インターフェースに対応したモジュールを取り揃えております。
テストポート数、パフォーマンスに応じてモジュールを選択し、最適なテスト構成を組むことができます。

Multiplay Scale
MXシリーズ

コアルータ試験等に最適なハイプロトコルパフォーマンス・モジュールです。上位レイヤ試験にも対応します(Avalanche機能)。

Functional Depth
FXシリーズ

エッジルータやキャリアスイッチ試験等に十分なパフォーマンスと経済性を併せ持つパフォーマンス・モジュールです。

Protocol Scale
PXシリーズ

高ポート密度で優れたプロトコルエミュレーション性能を持つ、プロトコルスケール・モジュールです。

Data Density
DXシリーズ

パケットジェネレータ機能とアナライザ機能に特化した最高密度のコストエフェクティブ・モジュールです。

モジュール種別:

400G/200G/100G/50G Ethernetモジュール

100G/50G/40G/25G/10G Ethernetモジュール

100G/40G/10G Ethernetモジュール

100G Ethernetモジュール

40G/10G, 40G Ethernetモジュール

10G/1G Ethernetモジュール

10G Ethernetモジュール

10G/5G/2.5G/1G/100M BASE-T Ethernetモジュール

1G Ethernetモジュール

Flexible Ethernet(FlexE)対応モジュール

Fibre Channel / Ethernetモジュール

無線LANテストモジュール

アプライアンス

高機能ながら静音性に優れた可搬モデルです。

PX3-400Gアプライアンス

PX3-400Gアプライアンス

Spirent C50アプライアンス

Spirent C50アプライアンス

Spirent C2アプライアンス

Spirent C2アプライアンス
製品名 サイズ 搭載可能テストポート データシート
PX3-400G 445(W)x43(H)x947(D)mm,25kg - 400GbE QSFP-DD 8ポート
詳細はこちら

ダウンロード

Spirent C50 445(W) x 133(H) x 502(D)mm, 14kg - 100G QSFP28 4ポート
- 10G SFP+ 8ポート
- 1G SFP 16ポート
- 1G SFP 8ポート
無線LANモデルはこちら

ダウンロード

Spirent C2 353(W) x 89(H) x 284(D) mm, 5.9kg -10G/5G/2.5G/1G/100MBase-T 8ポート
無線LANモデルはこちら

ダウンロード

Spirent C1 331(W) x 87(H) x 241(D) mm, 4.5kg - 10GbE SFP+ 2ポート
- 10G/5G/2.5G/1G/100MBase-T 4ポート
- 10/100/1000Base-T 4ポート
無線LANモデルはこちら

ダウンロード

オプション

ルーティング/スイッチング

BGPやOSPF、SegmentRoutingなどのルーティングのプロトコルエミュレーションを実行できます。

オプション一覧

マルチキャスト

IGMPやPIM-SIMなどのマルチキャストのプロトコルエミュレーションを実行できます。

オプション一覧

キャリアイーサネット

PTPやTWANPなどキャリアネットワークで使用するプロトコルエミュレーションを実行できます。

オプション一覧

データセンタ

VXLANやOpenFlowスイッチなどデータセンタで使用するプロトコルエミュレーションを実行できます。

オプション一覧

アプリケーション

L4-L7アプリケーションなどを実行する際に使用できます。

オプション一覧

MPLS/トランスポート

EVPNやMPLSなどのプロトコルエミュレーションを実行できます。

オプション一覧

ベンチマークシナリオ

RFC2544やRFC5180などの規格に準拠した試験を実行できます。

オプション一覧

制御API

Tcl、REST、PythonなどのAPIを使用できます。

オプション一覧

アクセス

PPPoX、DHCP、L2TP、802.1x、WLAN AP エミュレーションなどを実行できます。

オプション一覧

アプリケーション

統合的なGUI

PC 上に専用アプリケーションをインストールし、パフォーマンス試験やプロトコルエミュレーション試験、 ベンチマーク試験などの設定・実行・解析・試験自動化を実現します。

Spirent TestCenterの統合的なGUI

「Spirent TestCenter」アプリケーション
について詳しくはこちら 

試験例

詳細はこちら

コア / エッジルータ

コア/エッジルータ

詳細はこちら

アクセスネットワーク

アクセスネットワーク

詳細はこちら

データセンタ

データセンタ

詳細はこちら

クラウド / 仮想化

クラウド / 仮想化

詳細はこちら

無線LAN

無線LAN

詳細はこちら

動画

ユーザー向けトレーニング動画

Spirent TestCenter IQ ユーザートレーニング

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 1: 概要と基本操作

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 2: ヘルプメニュー

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 3: ProfileとView

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 4: Health Indicator

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 5: Time Series Chart

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 6: レポート機能

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 7: Analyzer Filter

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 8: イベント・ダッシュボード

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 9: ヒストグラム・ビュー

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 10: Generate Report メニュー

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 11: Predefined ヒストグラム

play_circle_filled TestCenter IQシリーズ 12: Action メニュー

Spirent TestCenter Automation ユーザートレーニング

play_circle_filled Automation シリーズ 1: APIの概要

play_circle_filled Automation シリーズ 2: インストールと環境設定

play_circle_filled Automation シリーズ 3: オブジェクト

play_circle_filled Automation シリーズ 4: ファンクションと構文

play_circle_filled Automation シリーズ 5: アトリビュートとハンドル

play_circle_filled Automation シリーズ 6: 基本フロー(前編)

play_circle_filled Automation シリーズ 7: 基本フロー(後編)

Spirent TestCenter 400G L1 Serviceユーザートレーニング

play_circle_filled 400G L1 Service編

その他動画

ネットワーク性能ベンチマークの歴史について、日本語で解説します。これからネットワークの勉強を始める方にお勧めです。

play_circle_filled ネットワーク性能ベンチマークの歴史、RFC(RFC2544/RFC2889/RFC3511など)解説

play_circle_filled RFC2544/RFC2889の測定項目や測定条件、用語の解説

play_circle_filled RFC(2544/2889/3511/4689/6412/6413)のレイテンシー(遅延)などの測定項目や測定条件、用語の解説

play_circle_filled ネットワーク性能測定手法の解説、およびSpirent TestCenterでのスループット測定のメリットについて

play_circle_filled QoS測定分析手法(優先制御、帯域制御)のご紹介と測定手法について