情報通信
IR情報 会社情報





次世代ネットワークパフォーマンステスタ「Spirent TestCenter」 

Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)
次世代ネットワークパフォーマンステスタ「Spirent TestCenter」 SPT-N11U
0
  • SPT-N11U

    1
  • SPT-N4U

    2
  • PX3-400G

    3
  • C50

    4
  • C1

    5
  • 受賞情報

    6

キャンペーン中

Spirent TetCenter 100Gモデルのキャンペーン

400Gアプライアンスリリース!
SR(Segment Routing)/SRv6対応!
IEEE802.11ax対応!

製品関連情報

製品ラインナップ最新版ダウンロード動画配信

※最新版ダウンロードは会員ページへのログインが必要です。

※会員/製品登録の手順はこちら

特長

■Spirent TestCenterの特長

"Spirent TestCenter"(スパイレント テストセンター)は、米国SPIRENT Communications社が提供する次世代リアルタイムIPパフォーマンステスタです。最新鋭の制御処理試験機能と帯域負荷試験機能を併せ持ち様々なフェーズに対応する次世代テスタです。   Spirent TestCenter FAQ

 
総合プラットフォーム

クラウド、モバイル、アプリケーション、レガシーからハイスピードイーサネットまで、あらゆる試験をサポートします

トポロジー
エミュレーション

複雑なネットワーク構成も1ポートでエミュレート、"リアル"パフォーマンス試験を実現

 
バーチャライゼーション

試験ネットワークとアプライアンスの仮想化環境における負荷試験に対応します

 
リアルタイム解析

1ポートあたり数万~100万ストリームの高精度リアルタイム解析能力を実装

 
スケーラビリティ

制御系やデータ系が独立して動作、複数プロトコルを同時に制御させながら大容量負荷試験も可能です

 
ハイパーフィルター

注目したい値によるフィルタ、グループ化様々な角度からの測定データ解析に役立ちます

エクストリーム 
オートメーション

試験自動化機能を標準搭載、テストエンジニアの負荷軽減とともに試験時間を短縮します
 
 

〇Spirent TestCenter
■製品ラインナップはこちら

■バーチャル版TestCenterはこちら ■小型ポータブルTestCenterはこちら
■無線LAN モデルTestCenterはこちら
 

〇その他関連製品

■L4-L7パフォーマンステスタはこちら ■L4-L7セキュリティ/アプリケーションテスタは
   こちら

製品ラインナップ

Spirent TestCenter(スパイレント テストセンター)では様々な試験ソリューションとそれを行うためのハードウェアをご用意しております。ハードウェアはシャーシとシャーシに組込むためのモジュールから構成されます。またシャーシとモジュールが一体化したアプライアンスモデルがございます。 100GbE光トランシーバ変換アダプタなどの関連アクセサリもご用意しております。

シャーシ

 試験規模に応じてシャーシを2種類からお選びいただけます。
SPT-N4Uシャーシ
SPT-N4Uシャーシ
SPT-N11Uシャーシ
SPT-N11Uシャーシ
製品名 サイズ 最大モジュール実装数 データシート
SPT-N4U 4Uシャーシ(19インチラックマウント可), 27kg 2 PDFアイコン
SPT-N11U 11Uシャーシ(19インチラックマウント可), 48kg 12 PDFアイコン

page top↑

モジュール

 Spirent TestCenterは各種インターフェースに対応したモジュールを取り揃えております。
 テストポート数、パフォーマンスに応じてモジュールを選択し、最適なテスト構成を組むことができます。
Multiplay Scale
MXシリーズ
コアルータ試験等に最適なハイプロトコルパフォーマンス・モジュールです。上位レイヤ試験にも対応します(Avalanche機能)。
Functional Depth
FXシリーズ
エッジルータやキャリアスイッチ試験等に十分なパフォーマンスと経済性を併せ持つパフォーマンス・モジュールです。
Protocol Scale
PXシリーズ
高ポート密度で優れたプロトコルエミュレーション性能を持つ、プロトコルスケール・モジュールです。
Data Density
DXシリーズ
パケットジェネレータ機能とアナライザ機能に特化した最高密度のコストエフェクティブ・モジュールです。
 
モジュール種別:
PXシリーズ
PX3-400GO-O2
PX3 2ポート400GbE OSFP モジュール PDFアイコン
PXシリーズ
PX3-400GO-P2
PX3 2ポート400GbE CFP8 モジュール
PXシリーズ
PX3-400GO-T2
PX3 2ポート400GbE QSFP-RDDモジュール
PXシリーズ
PX3-400GQ-O2
PX3 2ポート400/200/100/50GbE OSFPモジュール
PXシリーズ
PX3-400GQ-P2
PX3 2ポート400/200/100/50GbE CFP8モジュール
PXシリーズ
PX3-400GQ-T2
PX3 2ポート400/200/100/50GbE QSFP-DDモジュール
DXシリーズ
DX3-400GQ-T2
DX3 2ポート 400G/200G/100G/50GbE マルチレート QSFP-DDモジュール PDFアイコン
DXシリーズ
DX3-400GO-T2
DX3 2ポート 400GbE QSFP-DDモジュール
DXシリーズ
DX3-200GO-T2
DX3 2ポート 200GbE QSFP-DDモジュール
DXシリーズ
DX3-400GQ-P2
DX3 2ポート 400G/200G/100G/50GbE マルチレート CFP8モジュール
DXシリーズ
DX3-400GO-P2
DX3 2ポート 400GbE CFP8モジュール
DXシリーズ
DX3-200GO-P2
DX3 2ポート 200GbE CFP8モジュール
DXシリーズ
DX3-400GQ-O2
DX3 2ポート 400G/200G/100G/50GbE マルチレート OSFPモジュール
DXシリーズ
DX3-400GO-O2
DX3 2ポート 400GbE OSFPモジュール

page top↑

MXシリーズ
MX3-QSFP28-4
MX3 100GbE QSFP28 4ポートモジュールNEWスピードオプション対応
※100G 4ポート、50G 8ポート、40G 4ポート、25G 16ポート、10G 16ポート

PDFアイコン
MXシリーズ
MX3-100GQ-T2
MX3 2ポート 100G/50G/40G/25G/10GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100G 2ポート、50G 4ポート、40G 2ポート、25G 8ポート、10G 8ポート搭載
PDFアイコン
MXシリーズ
MX3-100GTN-T2
MX3 2ポート 100G/50G/25GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100G 2ポート、50G 4ポート、25G 8ポート搭載
MXシリーズ
MX3-100GD-T2
MX3 2ポート 100G/25GbE デュアルレート QSFP28モジュール
※100G 2ポート、25G 8ポート搭載
FXシリーズ
FX3-QSFP28-4
FX3 100GbE QSFP28 4ポートモジュールNEWスピードオプション対応
※100G 4ポート、50G 8ポート、40G 4ポート、25G 16ポート、10G 16ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX3-100GQ-T2
FX3 2ポート 100G/50G/40G/25G/10GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100G 2ポート、50G 4ポート、40G 2ポート、25G 8ポート、10G 8ポート搭載
PDFアイコン
FXシリーズ
FX3-100GTN-T2
FX3 2ポート 100G/50G/25GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100G 2ポート、50G 4ポート、25G 8ポート搭載
FXシリーズ
FX3-100GD-T2
FX3 2ポート 100G/25GbE デュアルレート QSFP28モジュール
※100G 2ポート、25G 8ポート搭載
PXシリーズ
PX3-QSFP28-12
PX3 100GbE QSFP28 12ポートモジュールNEWスピードオプション対応
※100G 12ポート、50G 24ポート、40G 12ポート、25G 48ポート、10G 48ポート
PDFアイコン
DXシリーズ
DX3-100GQ-T12
DX3 12ポート 100G/50G/40G/25G/10GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100G 12ポート、50G 24ポート、40G 12ポート、25G 48ポート、10G 48ポート搭載
PDFアイコン
DXシリーズ
DX3-100GTN-T12
DX3 12ポート 100G/50G/25GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100G 12ポート、50G 24ポート、25G 48ポート搭載
DXシリーズ
DX3-100GD-T12
DX3 12ポート 100G/25GbE デュアルレート QSFP28モジュール
※100G 12ポート、25G 48ポート試験可能
MXシリーズ
MX3-25GD-T2
MX3 8ポート 25G/10GbE デュアルレート QSFP28モジュール PDFアイコン
MXシリーズ
MX3-25GD-S8
MX3 8ポート 25G/10GbE デュアルレート SFP28モジュール PDFアイコン
MXシリーズ
MX3-25GO-S8
MX3 8ポート 25GbE SFP28モジュール
FXシリーズ
FX3-25GD-T2
FX3 8ポート 25G/10GbE デュアルレート QSFP28モジュール PDFアイコン
FXシリーズ
FX3-25GD-S8
FX3 8ポート 25G/10GbE デュアルレート SFP28モジュール PDFアイコン
FXシリーズ
FX3-25GO-S8
FX3 8ポート 25GbE SFP28モジュール
DXシリーズ
DX3-25GD-T12
DX3 48ポート 25G/10GbE デュアルレート QSFP28モジュール PDFアイコン
DXシリーズ
DX3-25GO-T12
DX3 48ポート 25GbE QSFP28モジュール

page top↑

MXシリーズ
MX3-100GTL-T2
MX3 2ポート 100G/40G/10GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100GbE 2ポート、40GbE 2ポート、10GbE 8ポート搭載
PDFアイコン
FXシリーズ
FX3-100GTL-T2
FX3 2ポート 100G/40G/10GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100GbE 2ポート、40GbE 2ポート、10GbE 8ポート搭載
PDFアイコン
DXシリーズ
DX3-100GTL-T12
DX3 12ポート 100G/40G/10GbE マルチレート QSFP28モジュール
※100GbE 12ポート、40GbE 12ポート、10GbE 48ポート搭載
PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-100G-P4
DX2 100GbE/40GbE/10GbE マルチレート CFP2 4ポートモジュール
※100GbE 4ポート、40GbE 8ポート、10GbE 32ポート搭載
PDFアイコン

page top↑

MXシリーズ
MX3-100GO-T2
MX3 2ポート 100GbE QSFP28モジュール PDFアイコン
MXシリーズ
MX2-100GO-P4
MX2 100GbE CFP2 4ポートモジュール PDFアイコン
FXシリーズ
FX3-100GO-T2
FX3 2ポート 100GbE QSFP28モジュール PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-100GO-P4
FX2 100GbE CFP2 4ポートモジュール PDF
DXシリーズ
DX3-100GO-T12
DX3 12ポート 100GbE QSFP28モジュール PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-100GO-R8
DX2 100GbE CFP4 8ポートモジュール PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-100GO-T8
DX2 100GbE QSFP28 8ポートモジュール
DXシリーズ
DX2-100GO-P4
DX2 100GbE CFP2 4ポートモジュール PDFアイコン

page top↑

MXシリーズ
MX2-40G-Qx
(x: 1, 2, 3)
MX2 40GbE/10GbE デュアルレート QSFP+モジュール
Q1: 40GbE 1ポート、10GbE 4ポート
Q2: 40GbE 2ポート、10GbE 8ポート
Q3: 40GbE 3ポート、10GbE 12ポート
PDFアイコン
MXシリーズ
MX2-40GO-Qx
(x: 1, 2, 3)
MX2 40GbE QSFP+モジュール
Q1: 40GbE 1ポート
Q2: 40GbE 2ポート
Q3: 40GbE 3ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-40G-Qx
(x: 2, 3, 4, 5)
FX2 40GbE/10GbE デュアルレート QSFP+モジュール
Q2: 40GbE 2ポート、10GbE 8ポート
Q3: 40GbE 3ポート、10GbE 12ポート
Q4: 40GbE 4ポート、10GbE 16ポート
Q5: 40GbE 5ポート、10GbE 20ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-40GO-Qx
(x: 2, 3, 4, 5)
FX2 40GbE QSFP+モジュール
Q2: 40GbE 2ポート
Q3: 40GbE 3ポート
Q4: 40GbE 4ポート
Q5: 40GbE 5ポート
PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-40G-Qx
(x: 8, 24)
DX2 40GbE/10GbE デュアルレート QSFP+モジュール
Q8: 40GbE 8ポート、10GbE 32ポート
Q24: 40GbE 24ポート、10GbE 96ポート(2スロットモデル)
PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-40GO-Qx
(x: 8, 24)
DX2 40GbE QSFP+モジュール
Q8: 40GbE 8ポート
Q24: 40GbE 24ポート (2スロットモデル)
PDFアイコン

page top↑

MXシリーズ
MX2-10G-Sx
(x: 4, 8, 12)
MX2 10GbE/1GbE デュアルレート SFP+モジュールAvalanche対応
S4: 4ポート
S8: 8ポート
S12: 12ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-10G-Sx
(x: 8, 12, 16)
FX2 10GbE/1GbE デュアルレート SFP+モジュール
S8: 8ポート
S12: 12ポート
S16: 16ポート
PDFアイコン
MXシリーズ
MX-10G-Cx
(x: 2, 4, 8)
MX 10G/1000BASE-T モジュール
C2: 2ポート
C4: 4ポート
C8: 8ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX-10G-Cx
(x: 2, 4, 8)
FX 10G/1000BASE-T モジュール
C2: 2ポート
C4: 4ポート
C8: 8ポート
PDFアイコン

page top↑

MXシリーズ
MX2-10G-Qx
(x: 1, 2, 3)
MX2 10GbE QSFP+モジュール
Q1: 4ポート
Q2: 8ポート
Q3: 12ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-10G-Qx
(x: 2, 3, 4, 5)
FX2 10GbE QSFP+モジュール
Q2: 8ポート
Q3: 12ポート
Q4: 16ポート
Q5: 20ポート
PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-10G-Qx
(x: 8, 24)
DX2 10GbE QSFP+モジュール
Q8: 32ポート
Q24: 96ポート(2スロットモデル)
PDFアイコン
MXシリーズ
MX-10G-Sx
(x: 2, 4, 8
MX 10GbE SFP+モジュール
S2: 2ポート
S4: 4ポート
S8: 8ポート
PDFアイコン

page top↑

DXシリーズ
DX2-10GQ-C16
DX2 10G/5G/2.5G/1G/100M BASE-T マルチレート 16ポートモジュール PDFアイコン
DXシリーズ
DX2-5GD-C16
DX2 5G/2.5G BASE-T デュアルレート 16ポートモジュール
DXシリーズ
DX2-2.5GO-C16
DX2 2.5G BASE-T 16ポートモジュール

page top↑

MXシリーズ
MX2-1G-Sx
(x: 8, 12, 16)
MX2 1GbE SFPモジュールAvalanche対応
S8: 8ポート
S12: 12ポート
S16: 16ポート
PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-1G-Sx
(x: 8, 12, 16)
FX2 1GbE SFPモジュール
S8: 8ポート
S12: 12ポート
S16: 16ポート
PDFアイコン

page top↑

PXシリーズ
PX3-QSFP28-12-225A-FLEXE
PX3 100/50/40/25/10GbE QSFP28 12ポートモジュール, FlexE対応モデル PDFアイコン

page top↑

MXシリーズ
MX3-100GQF32-T2
MX3 32G/16G Fibre Channel, 100G/50G/40G/25G/10G マルチレートEthernetモジュール
※32G/16G 4ポート、100G 2ポート、50G 4ポート、40G 2ポート、25G 8ポート、
10G 8ポート搭載
PDFアイコン
MXシリーズ
MX3-100GTNF32-T2
MX3 32G/16G Fibre Channel, 100G/50G/25G マルチレートEthernetモジュール
※32G/16G 4ポート、100G 2ポート、50G 4ポート、25G 8ポート搭載
FXシリーズ
FX3-100GQF32-T2
FX3 32G/16G Fibre Channel, 100G/50G/40G/25G/10G マルチレートEthernetモジュール
※32G/16G 4ポート、100G 2ポート、50G 4ポート、40G 2ポート、25G 8ポート、
10G 8ポート搭載
FXシリーズ
FX3-100GTNF32-T2
FX3 32G/16G Fibre Channel, 100G/50G/25G マルチレートEthernetモジュール
※32G/16G 4ポート、100G 2ポート、50G 4ポート、25G 8ポート搭載

page top↑

FXシリーズ
FX2-11AC-2
FX2 WLAN 802.11ac Wave1 2ポート モジュール
 
※無線LANクライアントエミュレーション台数
- 512 802.11 a/b/g/n/ac(wave1) clients
PDFアイコン
FXシリーズ
FX2-11ACN-2
FX2 WLAN 802.11ac Wave1, 802.11a/b/g/n モジュール
 
※無線LANクライアントエミュレーション台数
- 256 802.11 a/b/g/n/ac(wave1) clients
- 800 802.11 a/b/g/n clients
FXシリーズ
FX2-11ACW-2
FX2 WLAN 802.11ac Wave2 (5GHz only) 2ポート モジュール
 
※無線LANクライアントエミュレーション台数
- 256 802.11 a/n/ac(wave2) clients
PDFアイコン

page top↑

アプライアンス

 高機能ながら静音性に優れた可搬モデルです。
Spirent C1アプライアンス
Spirent C1アプライアンス
Spirent C50アプライアンス
Spirent C50アプライアンス
PX3-400Gアプライアンス
PX3-400Gアプライアンス
製品名 サイズ 搭載可能テストポート データシート
Spirent C1 331(W) x 87(H) x 241(D) mm, 4.5kg - 10GbE SFP+ 2ポート
- 10G/5G/2.5G/1G/100MBase-T 4ポート
- 10/100/1000Base-T 4ポート
*無線LANモデルはこちら
PDFアイコン
Spirent C50 445(W) x 133(H) x 502(D)mm, 14kg - 100G QSFP28 4ポート
- 10G SFP+ 8ポート
- 1G SFP 16ポート
- 1G SFP 8ポート
*無線LANモデルはこちら
PDFアイコン
PX3-400G 445(W)x43(H)x947(D)mm,25kg - 400GbE QSFP-DD 8ポート PDFアイコン
 

〇Spirent TestCenter
■製品ラインナップ

■バーチャル版TestCenterはこちら ■小型ポータブルTestCenterはこちら
■無線LAN モデルTestCenterはこちら
 

〇その他関連製品

■L4-L7パフォーマンステスタはこちら ■L4-L7セキュリティ/アプリケーションテスタは
   こちら

オプションライセンス

ルーティング/スイッチング
OSPFv2/v3, BGP-4/4+, RIPv1/v2/ng, ISISv4/v6
BGP Performance (Router Block)
BGP FlowSpec
BGP IPv6 FlowSpec
BGP-LS
BGP VPNv4/v6 Import Route
Segment Routing(OSPF)
Segment Routing(ISIS)
Segment Routing(BGP)
Segment Routing v6(ISIS)
Segment Routing v6(BGP)
SR IS-IS L2-Bundle
BFD
STP, RSTP, PVST, RPVST
MSTP
LACP(802.3ad)
LAGエミュレーション
Micro BFD for LAG
データセンタ
FCoE/FC, FIP, LLDP/DCB
VEPA(802.1Qbg)
LISP
OTV
VXLAN
OpenFlowコントローラ
OpenFlowスイッチ
OVSDB
MPLS/トランスポート
RSVP, LDPv4, LSP-Ping
LDPv6
EVPN
PBB EVPN
EVPN VPWS
FlexLSP/RSVP Bi-dir LSP
PCEP コントローラ( PCE )
PCEP クライアント( PCC )
MPLS-TP
MPLS-TP プロテクション
MPLS-TP パフォーマンスモニタ
BFD for MPLS LSP
GMPLS
アクセス
PPPoX
DHCP
DHCPv6 & DHCP-PD
L2TPv2
L2TPv3
L2TP AVP
ANCP
802.1x
DHCP over L2GRE
DHCP INIT-REBOOT
DHCP Multi-Homing
50G PAM4
WLAN AP エミュレーション
マルチキャスト
IGMP&MLD ホスト/クエリア
PIM-SM/SSM
MSDP
MLDP P2MP
NG MVPN RSVP
NG MVPN MLDP
NG MVPN Ingress Replication
キャリアイーサネット
EOAM Fault(CC, LB, LT, AIS, LCK)
EOAM Performance(DM, LM, SLM)
Link OAM(802.3ah)
MAC-in-MAC(802.1ah)
IEEE 1588v2(PTP)
Synchronous Ethernet

TWAMP

AVB (802.1AS,Qat,Qav,1722, 1733)
アプリケーション
HTTP, FTP, RawTCP
Virtual App Perf. (HTTP, TCP )
IP, RTP/RTCP
SIP エンコードRTP & VQA
NTP クライアント
XMPP
Frame Response
VIDEO クライアント/ サーバ
VIDEO アナライザ& MDI
IPTV
ベンチマークシナリオ
RFC 2544(IPv4)/RFC5180(IPv6)
RFC 2889
RFC 3918
Asymmetrics Performance
制御API
Tcl ( 標準)
REST (標準)
C/C++
C#
Java
Perl
Python
Ruby

制御用アプリケーション

統合的なGUI

PC 上に専用アプリケーションをインストールし、パフォーマンス試験やプロトコルエミュレーション試験、 ベンチマーク試験などの設定・実行・解析・試験自動化を実現します。

Spirent TestCenterの統合的なGUI

page top↑

トラフィック設定

従来の試験機では数十行、数百行にわたったテストトラフィックの設定を、ストリームブロック機能により数行に集約することができます。また、Priority Basedモード、高度なFrame Editor機能により、よりリアルかつ大量のトラフィック設定が可能です。

ストリームブロック設定

ストリームブロックとは、テストトラフィック作成単位であり、任意フィールドへの変数設定を含む大量のストリームを単/複数ポートへ一度に容易に作成することができる機能です。下記のような3種類の方法があります。

ウィザードによる作成 手動設定による作成 Pcapファイルからのインポート作成
ウィザードによる作成 手動設定による作成 Pcapファイルからのインポート作成
送信負荷量の設定

4種類の送信負荷量の設定方法をサポートしています。

Port Based 送信レートやバーストをポート単位で設定します。 イメージ
Rate Based 送信レートをストリーム・ブロック単位で設定します。 イメージ
Priority Based 送信レート、バーストや優先度をストリームブロック単位で設定します。 イメージ
Manual Based トラフィック送信順序のスケジュール・テーブルを手動で設定します。
複雑なストリーム構成、送信タイミングも実現可能です。
イメージ
フレームエディタ

100種類を超えるFrame Templateをサポート。マニュアル設定、Variable Field Definitions(Modifier)を活用することにより、多彩なフレームを容易に設定できます。

page top↑

解析機能

最新鋭の高精度ハードウェア技術によるリアルタイム解析機能を実装、1ポートあたり65,000ストリームという脅威の解析能力を保有します。

カウンタ機能

ポートカウンタ、ストリームカウンタ、各種プロトコルエミュレーションカウンタを実装します。右クリック操作からグラフィカルチャートも描画可能、時系列を意識した観測も含め様々な角度からDUTのふるいまいを解析します。

フィルタ機能

受信する多くのストリームの中から注目したいストリームだけを表示させる事ができます。

キャプチャ機能

ポートごとにフルレートキャプチャ機能を実装しています。

様々な表示機能

フレームパターンや設定値によるグルーピング解析、測定値によるフィルタ解析、非常に高い時刻精度による時系列解析など、試験対象装置や目的にあわせた解析機能を実装しています。

Dynamic Query View Interesting Streams表示機能 High Resolution Sampling機能
Dynamic Query View Interesting Streams表示機能 High Resolution Sampling機能
これまでの統計情報フィルタ表示に加えて、カウンタ情報や送信側に基づいたフィルタ、グループ化による表示が可能です。 ユーザが設定したフィルタ条件(ロス、遅延、シーケンスエラーなど)に合致したストリーム結果のみを表示することができます。大量ストリーム試験や長時間試験の結果解析においてユーザの負担を軽減します。 最小1msec間隔でポート/ストリームカウンタの情報をグラフィカルチャートへ記録します。記録開始の条件をユーザ定義できるため瞬間的に変化するトラフィックの様子や回線の切替時間を記録することができます。

page top↑

自動試験サポート機能

Spirent TestCenterは、複雑化する試験シナリオに対応しつつ試験の効率化をはかるため、試験の自動化機能を標準で実装しています。長期繰返試験、複雑多ポート試験などに掛かるリソースやコストを大幅削減。「White Box」試験機能による試験対象機器と連動した最新測定手法も標準搭載されています。

 

コマンドシーケンサ機能

プログラミング言語を意識することなく、GUI上で自動試験のシナリオを作成できます。

GUI to Script機能

GUI上の設定をスクリプトへ変換、エクスポートすることができます。

GUI to Wizard機能

コマンドシーケンサやTclで作成したシナリオにSpirent TestCenter以外の機器の制御を組込む事ができます。

page top↑

試験自動化

NoCode AutomationTM -コマンドシーケンサ

 Spirent TestCenterは複雑化する試験シナリオに対応しつつ試験の効率化をはかるため、試験の自動化機能を標準で実装しています。コマンドシーケンサ機能はGUI上のコマンドリストから使用したいコマンドを選択、試験シナリオの作成を行うことができます。複数の変数を変更しながらの繰り返し試験や条件分岐など、高度なシナリオ作成も可能な便利機能です。

便利な機能
  • コンディションコマンド(While, Do While, If, Elseif, etc)による条件分岐
  • マニュアル操作を自動記録するレコーディング機能を実装
  • ウィザードによる試験シナリオ生成機能を利用可能
  • フィルタリングによるコマンドの選択補助機能
  • 外部スクリプト/ アプリケーションの実行コマンドを利用した外部装置と連動した試験も可能
auto_01p.jpg
auto_02p.jpg

GUI to Script(スクリプト自動生成機能)

 [File] メニューから[Save As Script] を選択すると、Spirent TestCenter GUI 上のテスト設定をそのままTCLやRuby, Perl といったスクリプトにエクスポートすることができます。スクリプトファイルの作成にはスクリプトの詳細な知識は必要ありません。生成されたスクリプトはすぐにそのまま実行することができます。

GUI to Script(スクリプト自動生成機能)

White Box試験

 Spirent TestCenterではSpirent社が提唱しているWhite Box試験を実行する事が可能になりました。コマンド・シーケンサやスクリプトを用いる事で、単に測定器の設定を自動で変更し、結果を収集するだけでなく、試験対象機器(DUT)の設定を変え、試験の最中もDUT内部の状態を監視しそのログを保存する事が可能です。

Spirent社が提唱しているWhite Box試験
試験中に取得したDUT CPU状態
試験中に取得したDUT CPU状態

page top↑

試験例

Spirent TestCenterでは様々な試験ソリューションとそれを行うためのハードウェア(シャーシ/モジュール)をご用意しております。

お問い合わせ

etc-search03-16x18-16x18-16x18.gif製品の問合せ先
株式会社東陽テクニカ 情報通信システムソリューション部
メール:testcenter-sales@toyo.co.jp
電話:03-3245-1250
受付時間:月曜日から金曜日 9:30~17:30(祝日を除く)

etc-search03-16x18-16x18-16x18.gif技術サポートの問合せ先
株式会社東陽テクニカ 情報通信技術部
メール:testcenter-support@toyo.co.jp
電話:03-3279-0771(代表)
受付時間:月曜日から金曜日 9:30~17:30(祝日を除く)
※モデル名、バージョン、S/N情報を明記の上お問合せください。

detail__vid--text.png

はい (18)
いいえ (25)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。