ナノイメージング
IR情報 会社情報

0.2N/m

  • メーカー協賛プロモーション商品

    Arrowプローブ
    1

    Arrowプローブ 
    NanoWorld AG

    矢印形状のカンチレバー先端にプローブを形成していますので、狙った測定場所へのアプローチを容易に行うことができます。高解像度イメージングにも使える高品質プローブです。
    ・高解像イメージング用Si単結晶プローブ
    ・背面から探針の位置がわかる優れたデザイン
    ・反射コート有、無の両方のパッケージをご用意

    プロモーションは2019年7月末で終了いたします。8月以降は通常価格となりますので、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

  • CONT(ロングレバー)プローブ 
    1

    CONT(ロングレバー)プローブ 
    NanoWorld AG

    CONT(ロングレバー)シリーズは、コンタクトモードでの測定用に設計されています。0.2N/mと低いバネ定数により高感度にフォースカーブやPFM(パルスフォースモード)測定を行います。

  • CONTSC/LFM(ショートレバー)プローブ 
    1

    CONTSC/LFM(ショートレバー)プローブ 
    NanoWorld AG

    CONTSC/LFMシリーズは、コンタクトモードのアプリケーションである水平力(LFM)や摩擦力(FFM)測定でお使い頂けるプローブです。コンタクトモードからノンコンタクトモードへのプローブ交換を容易に行う必要のあるAFM装置のためにカンチレバーの長さを225μmと短くしてあります。

  • AdvencedTECプローブ
    1

    AdvencedTECプローブ 
    NANOSENSORS

    チップ先端がカンチレバー先端より突出し、直上からチップの先端を観察可能。チップ先端を視確する必要があるアプリケーション(マニピュレーション等)に有効です。

  • XYアライメント対応プローブ 
    1

    XYアライメント対応プローブ 
    NANOSENSORS

    X-Yアライメントに対応したプローブは、アライメントチップと同時に使用する事で、長さの異なるプローブをSPMにセットした場合でもチップ先端の位置がほぼ同じ位置にセット可能です。

  • チップ反転プローブ 
    1

    チップ反転プローブ  
    NANOSENSORS

    チップ反転プローブは、探針の前後の角度がほぼ対称になるように、従来の探針の向きを180°回転した状態で取り付けています。探針先端から200nmまでのハーフコーンアングルは10°以下で、イメージの対称性が重要となる測定で威力を発揮します。
    タッピングモード、フォースモジュレーション、コンタクトモード用の3種のラインナップをご用意しています。

  • Ptプローブ
    1

    Ptプローブ 
    NanoWorld AG

    チップ先端部にPtIr5をコートしたプローブ。表面電位顕微鏡や電流イメージングに使用可能です。
     

  • Arrow/ATECPtプローブ 
    1

    Arrow/ATECPtプローブ 
    NanoWorld AG

    チップ先端がカンチレバー先端より突出し、直上からチップの先端を観察可能。チップ先端を視認する必要があるアプリケーション(プロービング等)に利用可能。

  • PtSiプローブ
    1

    PtSiプローブ 
    NANOSENSORS

    白金コートのもつ導電性とダイヤモンドコートのもつ耐摩耗性を両立させた新しい電気測定用プローブです。先端曲率半径が小さいので、より高分解能なイメージングが可能です。
     

  • Au両面コートプローブ 
    1

    Au両面コートプローブ 
    NANOSENSORS

    Au両面コートプローブシリーズは、PointProbePlusシリーズのカンチレバー全体にAu/Cr反射膜をコートしています。化学的に安定なため、液中測定でのダメージを抑えられます。また、チップにチオールをベースとした化学修飾を行い、バイオアプリケーションでの相互作用測定に利用されます。

  • Au背面コートプローブ 
    1

    Au背面コートプローブ 
    NANOSENSORS

    Au背面コートプローブシリーズは、PointProbePlusシリーズのカンチレバー背面側にAu/Cr反射膜をコートして、レーザ光の反射を高めています。
    Auは化学的に不活性なため、液中測定においても安定してお使いいただけます。

  • プラトーチップ 
    1

    プラトーチップ 
    NANOSENSORS

    プラトーチップシリーズは、チップの先端部を平坦状に加工しています。ご要望によって平坦部の大きさを特注することが可能です。

  • SiO2コロイダルプローブ 
    1

    SiO2コロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にSiO2粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • ボロシリケイトガラスコロイダルプローブ 
    1

    ボロシリケイトガラスコロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にボロシリケイトガラス(硼珪酸ガラス)粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • 金コロイダルプローブ 
    1

    金コロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端に金粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • ポリスチレンコロイダルプローブ 
    1

    ポリスチレンコロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にポリスチレン粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • アクリル樹脂コロイダルプローブ 
    1

    アクリル樹脂コロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にアクリル樹脂粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • スフィアチップ 
    1

    スフィアチップ 
    NanoWorld AG

    球形プローブです。先端の径がそれぞれ0.8μm、2μm、4μmと異なる3種用意されています。プローブと試料の接触面積を見積もることができるので、主に力学特性の計測に用いられます。バネ定数も計測レンジに合わせて3種用意されています。特別開発品です。

  • ナノインデンテーション用Ballチップ 
    1

    ナノインデンテーション用Ballチップ 
    nanotools GmbH

    チップ先端に対称性の高い球状のHDCを成長させたプローブです。主にナノインデンテーション用に使用されます。20nm~500nmまで幅広いラインアップを揃えています。

  • ラウンドチップ 
    1

    ラウンドチップ 
    NANOSENSORS

    力学測定に用いることができるプローブです。先端径が通常のプローブより大きくなっており、凝着力や付着力の計算がしやすくなっています。特別開発品です。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。