ナノイメージング
IR情報 会社情報

>0.2~1N/m

  • OPUS4レバータイプAFM用SIプローブ
    1

    OPUS4レバータイプAFM用SIプローブ
    OPUS by μmasch®

    4XCーGGシリーズは、チップ両端にそれぞれ2種類、合計4種類の異なるカンチレバーがあり、さまざまな測定モードに対応します。
    カンチレバーA:コンタクトモード用
    カンチレバーB:ソフトサンプルへのACモード用
    カンチレバーC:標準ACモードイメージング用
    カンチレバーD:高速スキャン用
    先鋭な先端、化学的不活性、高Q値の設計となっています。
    四面体探針はカンチレバーの先端に精度よく設置されています。これにより、高い再現性をもって試料表面の測定位置に探針を合わせる事が可能になります。

  • OPUS3レバータイプAFM用SIプローブ
    1

    OPUS3レバータイプAFM用SIプローブ
    OPUS by μmasch®

    3XCシリーズは、3種類のカンチレバーが、さまざまな測定モードに対応します。
    カンチレバーA:コンタクトモード用
    カンチレバーB:標準ACモードイメージング用
    カンチレバーC:ソフトサンプルへのACモード用
    先鋭な先端、化学的不活性、高Q値の設計となっています。
    四面体探針はカンチレバーの先端に精度よく設置されています。これにより、高い再現性をもって試料表面の測定位置に探針を合わせる事が可能になります。

  • OPUSバイオAFM用Au両面コートプローブ
    1

    OPUSバイオAFM用Au両面コートプローブ
    OPUS by μmasch®

    OPUS ライフサイエンス用Au両面コートプローブシリーズは、生物学的応用、探針機能化およびカスタムアプリケーションに最適です。
    カンチレバーおよび探針全体の金コートによって、大気中・溶液中・腐食性化学物質のある環境において光源の反射率が向上および安定することはもちろん、化学的に不活性で、導電性が確保されています。
    四面体探針はカンチレバーの先端に精度よく設置されています。これにより、高い再現性をもって試料表面の測定位置に探針を合わせる事が可能になります。
    標準プローブから高速ACモードイメージング用まで幅広いラインナップをご用意しています。

  • PNP(パイレックスナイトライド)プローブ 
    1

    PNP(パイレックスナイトライド)プローブ 
    NanoWorld AG

    大気中コンタクトモードおよび液中ダイナミックモード測定用の、バネ定数の低い窒化シリコン製のプローブです。カンチレバーの形状として、三角形と短冊形の2タイプあります。

  • ScanAsystAir互換プローブ 
    1

    ScanAsystAir互換プローブ 
    NanoWorld AG

    PNP-TRSプローブはBruker社のScan Asyst Air用(Peak Force Tapping)のプローブとして使用することが可能です。

  • Ptプローブ
    1

    Ptプローブ 
    NanoWorld AG

    チップ先端部にPtIr5をコートしたプローブ。表面電位顕微鏡や電流イメージングに使用可能です。
     

  • 導電性ダイヤモンドコートプローブ
    1

    導電性ダイヤモンドコートプローブ 
    NanoWorld AG

    導電性を持たせたダイヤモンドをコーティングし、スキャンによる磨耗と高電流による膜破壊を低減させています。強い接触力やμAレベルの電流を流す必要があるアプリケーションに対応します。

  • ダイヤモンドコートプローブ 
    1

    ダイヤモンドコートプローブ 
    NanoWorld AG

    チップにダイヤモンドコートを施し、耐久性を上げたプローブです。バネ定数が高く、サンプルに強い力をかけたスクラッチ試験などに向いています。

  • 新製品

    PeakForce・ScanAsyst用Uniqprobe 
    1

    Uniqprobe-HBC
    NANOSENSORS

    uniqprobeはカンチレバーの共振周波数やバネ定数のバラツキが他のプローブに比べて格段に小さいという特長をもっています。そのため、繰り返し実験を行う際には非常に有効です。
    uniqprobe-HBCはBruker社のScanAsyst®またはPeakForceTapping™(大気中)で用いることが可能です。

  • Uniqprobe 
    1

    Uniqprobe 
    NANOSENSORS

    uniqprobeはカンチレバーの共振周波数やバネ定数のバラツキが他のプローブに比べて格段に小さいという特長をもっています。そのため、繰り返し実験を行う際には非常に有効です。
    またカンチレバーの自然なそりやたわみが小さく、ドリフトによるカンチレバーの曲がりが非常に小さいため液中測定に最適なプローブです。

  • SiO2コロイダルプローブ 
    1

    SiO2コロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にSiO2粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • ボロシリケイトガラスコロイダルプローブ 
    1

    ボロシリケイトガラスコロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にボロシリケイトガラス(硼珪酸ガラス)粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • 金コロイダルプローブ 
    1

    金コロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端に金粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • ポリスチレンコロイダルプローブ 
    1

    ポリスチレンコロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にポリスチレン粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • アクリル樹脂コロイダルプローブ 
    1

    アクリル樹脂コロイダルプローブ 
    sQube

    チップレス・カンチレバー先端にアクリル樹脂粒子を付着させたコロイダル・プローブです。粒子相互間あるいは粒子と表面との間のフォースを測定するのに非常に有効です。

  • ラウンドチップ 
    1

    ラウンドチップ 
    NANOSENSORS

    力学測定に用いることができるプローブです。先端径が通常のプローブより大きくなっており、凝着力や付着力の計算がしやすくなっています。特別開発品です。

  • PNP(パイレックスナイトライド)チップレス 
    1

    PNP(パイレックスナイトライド)チップレス 
    NanoWorld AG

    PNP-TR-TLシリーズはカンチバー先端に探針が無い、スペシャルアプリケーション向けチップレスカンチレバーです。 ユーザー自身でカンチレバー先端に粒子などを修飾することが可能です。サンプル表面と修飾した物質との間の相互作用を測定する場合などに最適です。

  • USC(ウルトラショートカンチレバー) 
    1

    USC(ウルトラショートカンチレバー) 
    NanoWorld AG

    USC(ショートカンチレバーシリーズ)は、5MHzまでの高共振周波数で測定できるようデザインされた高速AFM用プローブです。極微小カンチレバーとシャープで耐摩耗性に優れた高密度カーボンチップを組み合わせています。

  • ライフサイエンス用biotoolチップ 
    1

    ライフサイエンス用biotoolチップ 
    nanotools GmbH

    ライフサイエンスでよく使用されるSiNプローブにHDCチップを成長させたチップです。HDCは疎水性で化学的に安定なため、バッファー溶液中でも安定して使用可能です。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。