メディカルシステム
IR情報 会社情報

動画

健診施設における胸部X線画像。それは最も汎用的な検査の1つであり、日々膨大な数の検査が実施されている。その反面読影を行う医師の数は限られており、長時間の集中力の維持や読影時の心的負担など、その負担はますます大きくなっている。そのような課題の解決に取り組んでいる施設として国内でも有数の検査数を誇る京都工場保健会の医師、技師に話を聞きました。
国内の医療機関で日々撮影されている胸部X線画像。その読影に携わる医師が抱える現在の問題点、そしてその解決策の1つとして考えられるデジタルならではの画像処理技術について東京医科歯科大学の齋田先生にお話を伺いました。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。