メーカー

mediCAD

mediCAD

mediCAD Hectec GmbHは、1999年に世界で初めて整形外科医向け人工関節置換術の術前計画ソフトウェアをリリースしたソフトウェアメーカーです。従来の計画作成に必要な時間を最大85%削減できるこのソフトウェアは、以降、主要な医療技術企業との緊密な協業を経て20年間に渡って開発が継続されています。現在では全世界の医療施設で10,000人以上の整形外科医に使用されています。今後もmediCAD Hectec GmbHは医療ソフトウェア市場のグローバルプレーヤーとして成長し続けます。

Qaelum NV

Qaelum NV

Qaelum NVは、ベルギーのルーベン大学からスピンオフし、現在急成長を遂げているソフトウェアメーカです。医療用画像処理の革新的なソリューションを開発しており、世界中の放射線科の品質と効率を向上させることを目的としています。Qaelum社が開発した線量管理システムは、全世界600以上の医療機関で使用されており、他にはない先進的な機能で一歩先を行く線量管理を実現しています。

Riverain Techonologies

Riverain Techonologies

Riverain Technologies社は、2002年に胸部X線画像に対するCADソフトウェアを開発以来、肺疾患の早期検出に効果的なソフトウェアを提供する会社として、パターン認識やマシンラーニングにおいても高い技術力を誇る会社です。独自の画像処理技術を用いて、病変検出や病態確認の支援を行うユニークかつ革新的な画像処理技術を世界の医療現場に提供しています。
 

骨透過処理お試しはこちら

ContextVision

ContextVision

ContextVision は、画像解析と人工知能技術(AI)の専門知識を持つ世界的に著名な研究者達で構成されるR&Dチームを有しております。ContextVisionのR&Dチームは絶えず最新の科学技術の発展に遅れないよう、そして製品開発に貢献するために常に新しい技法を考案しその実現可能性の実験を行い続けています。

 

IBAC

IBAC

感染性医療廃棄物を滅菌処理し、安全な一般産業廃棄物にするため、
加熱と加圧を併用した今までにない、全自動の医療廃棄物処理装置を開発している会社です。医療施設での廃棄処分の現場において、金属製品が混入するという現実的な課題を克服できる日本で唯一の装置を開発しています。

MX Imaging, Inc

MX Imaging, Inc

MX Imaging社は、X線撮影装置内部の、画像収集・画像処理・画像表示といった、一連の画像化プロセスそれぞれに対応した、イメージングコンポーネントを開発・提供しています。コストを抑えつつ高画質化を実現し、世界中のX線撮影装置メーカ様に幅広くご採用いただいています。

Intrasense SA

Intrasense SA

Intrasense社はフランス本社を拠点に、世界で約800の病院や医用学術研究機関などの施設に導入実績がある、ベンダーニュートラル(VN)・マルチモダリティ対応医用画像ビューア・解析ソフトウェア「Myrian®」を開発・販売しています。肝切除シミュレーション、アブレーション(焼灼)穿刺計画やオンコロジーフォローアップ等、独自性の高い臨床アプリケーションを豊富に取り揃えモダリティメーカ様などにご提供いたしております。
 

BARCO N.V.

BARCO N.V.

Barco社は、ベルギーのコルトレイクに本社を構えるディスプレイメーカです。 PACSディスプレイのみならず、撮影装置に実装されるほどの高い画像処理技術を保持しています。 モノクロディスプレイでは世界トップシェアを誇り、世界各国で使用されています。