メディカルシステム
IR情報 会社情報

メーカー

IBAC

感染性医療廃棄物を滅菌処理し、安全な一般産業廃棄物にするため、
加熱と加圧を併用した今までにない、全自動の医療廃棄物処理装置を開発している会社です。医療施設での廃棄処分の現場において、金属製品が混入するという現実的な課題を克服できる日本で唯一の装置を開発しています。

  • 大規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    1

    大規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    IBAC

    大規模病院向け  
    『ディスポパック・スーパープレヒーター』 6B4P-1C


    6つのベルトコンベア、4つのプレヒータを備えた、高速処理・自動運転型ラージモデル。
    1時間あたり500ℓ(*)処理の大容量処理を実現。
    (*)廃棄物形状、嵩密度により異なります

  • 中・大規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    1

    中・大規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    IBAC

    中・大規模病院向け 
    『ディスポパック・スーパープレヒーター』 4B2P-1C


    4つのベルトコンベア、2つのプレヒータを備えた、高速処理・自動運転型ミドルモデル。
    1時間あたり300ℓ(*)処理の大容量処理を実現。
    (*)廃棄物形状、嵩密度により異なります

  • 小・中規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    1

    小・中規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    IBAC

    小・中規模病院向け  
    『ディスポパック・スタンダードシステム』


    プレスを実装、確実な滅菌、手動投入型モデル。
    2.7m×1.1mの省スペースを実現。
    1時間あたり100ℓ(*)処理の大容量処理を実現。
     (*)廃棄物形状、嵩密度により異なります

  • 小・中規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    1

    小・中規模病院向け感染性廃棄物滅菌装置
    IBAC

    小・中規模病院向け  
    『ディスポパック・ノーマンシステム』


    3つのベルトコンベア、プレス装置を実装、全自動処理型モデル。
    自動運転ながら2.7m×2.9mの省スペースを実現。
    1時間あたり100ℓ(*)処理の大容量処理を実現。
    (*)廃棄物形状、嵩密度により異なります

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。