mediCAD

整形外科3Dデジタルプランニングツール 『mediCAD Knee 3D』

『 mediCAD Knee 3D』は、下肢CT画像による3Dの人工関節置換術や骨切り術等の術前計画を簡単かつ精緻に行います。整形外科医が行うワークフローに沿ったステップをチュートリアル(動画)操作ガイドを参照しながら実施し、豊富な3Dテンプレートライブラリからテンプレートを選択、迅速な術前計画の作成をサポートします。

販売名:整形外科デジタルプランニングツール mediCAD
医療機器認証番号:301AOBZX00004000

*****
本ページは医療関係の方をご利用対象者とした情報提供を目的としております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。
*****

>>整形外科2Dデジタルプランニングツール『 mediCAD Classic』はこちらへ
>>整形外科股関節用3Dデジタルプランニングツール『 mediCAD Hip 3D』はこちらへ

特長

主な特長

  • 操作に慣れていない方でも簡単にプランニングが可能な動画によるわかりやすい操作ナビゲーション
  • 単純X線画像とCT画像を融合した”2D-3Dハイブリッドプランニング”機能

単純X線で下肢全長、CTで部分撮影を組み合わせることで患者の被ばくの低減に貢献

  • 自動セグメンテーション、自動ランドマーク抽出

  • TKAプランニングでは、骨とインプラントのコンタクト部分を可視化し、インプラントの配置をよりわかりやすく再現

  • Rotation Osteotomy、回線評価
     
  • CT画像による正確な計測
    • 下肢アライメント評価(mLPFA, JLCA, mLDFA, mMPTA, mLDTA,aMPFA, aLDFA, AMA, FSA-mTA, mFA-mTA, Mikulicz line)
    • Tibial torsion
    • Femoral torsion
    • Posterior tibial slope
    • Condylar offset

システム構成

院内画像サーバから画像をDICOM形式で取得、プランニングした画像をDICOM形式で保存することで、PACSシステムを介してあらゆる端末から参照することが可能です。医局や病棟でプランニングした画像を手術室での参照、カンファレンスでの検討、外来での説明といった様々な目的で二次利用できます。

カタログダウンロード

ご要望の方は下記までお知らせください。

資料送付希望