機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

ソリューション

OR30FFTアナライザ フィールドバランシング機能

OR30FFTアナライザ
OR30FFTアナライザは堅牢かつ軽量に作られているため、現場で使用することに適しています。またバランシング検査では、位相角度の情報が非常に重要になりますが、OR30FFTアナライザでは、業界最高水準の位相角度をもっているため、正確にアンバランスの位置を同定することができます。バランシングソフトウェアが提供しているウィザードに沿って必要な項目を設定するだけでバランシング検査を実施することができるので、どなたでも簡単にバランシング検査を実施することができます。
ターボチャージャーのバランシング
通常ターボチャージャーは弾性帯域で使用されるため、ターボチャージャーのバランシング問題は弾性ローターのバランシング問題として扱う必要があります。速度が可変の弾性ローターに対してバランシングを実施する場合には、最小二乗法を用いたバランシング手法が用いられます。この計算はOR30シリーズFFTアナライザに搭載されている「1~14面可変速フィールドバランシングソフトウェア」で実行されます。
システム構成
システム構成
世界最速:30万RPMまで対応
FFTアナライザフィールドバランシング機能
OR30FFTアナライザに搭載されているフィールドバランシング機能は速度が可変の弾性ローターのバランスをとるためのツールです。回転1次成分のトラッキング分析結果を測定し、お客様が指定した一つないしは複数の回転数範囲において回転1次成分の総和が最小になるようにバランシングは実施されます。
世界最速:30万RPMまで対応
ラインナップ
  OR34J-4 OR35 OR36 OR38
入力チャンネル数 4ch 8ch 16ch 24ch,32ch
回転パルス入力 2ch 2ch 2ch~6ch 2ch~6ch
ダイナミックレンジ 125dB 125dB 140dB 140dB
最大検出回転数 384,000rpm 384,000rpm 384,000rpm 384,000rpm
寸法(幅X高X奥行mm) 45X205X154 54X246X222 102X260X311 102X380X311
重量 1.4kg 2.8kg 5.6kg 7.9kg
製品詳細を見る
 

pageback_arrow.gifソリューション一覧へ

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。