Klippel GmbH

スピーカ測定システム R&Dシステム

スピーカ、ヘッドフォーン、シェーカ等の開発、解析、診断、測定に。>
スピーカ測定R&Dシステムは各種パラメータの測定モジュール、設計と最終性能の間の関係を示すシミュレーション・モジュール、ならびに主観的なリスニング評価との比較モジュールを提供します。

製品一覧を見る

スピーカ測定システム カタログ

特長

  • 概要
    スピーカのT/Sパラメータのような線形なパラメータをはじめ、大信号時の非線形パラメータの測定や高調波ひずみの測定、スピーカの表面振動の可視化、3次元の放射特性の測定、更には、サスペンションパーツ単体の動的特性評価等、スピーカの開発に幅広くお使いいただけるツールです。
  • 測定可能項目
    TRF:伝達関数、過渡応答
    LPM:線形パラメータ(T/Sパラメータ)
    LSI:大信号(非線形)パラメータ
    DIS:高調波ひずみ、変調ひずみ
    PWT:長時間試験、ボイスコイル温度評価
    SPM:サスペンションパーツの動特性評価
    SCN:振動形状及び指向性、ジオメトリの取得
    NFS:3次元の放射特性計測、反射音除去機能で無響室不要
    その他、様々な評価に対応しております。
  • 特長
    スピーカ、ヘッドフォーン、シェーカ等の開発、製造、品質制御のユニバーサルツール
    レーザ変位計による線形/非線形パラメータの短時間取得
    振動面、3次元指向性等の自動計測
    スピーカの問題点を適切に評価
    大信号ドメインにおける温度、ノンリニア、時間変動プロセスを考慮し、大信号パラメータのダイナミック(動的)測定を可能に
    大信号パラメータ:最大出力の予測、信号歪の物理的な原因追求、トランスジューサを重さ、寸法、効率の点で最適化するのに重要
    豊富なパラメータ測定ソフトウエア:リニアパラメータ測定、歪み測定、歪みシミュレーション、伝達関数、リスニング比較

システム構成

測定系

機器構成

ハードウエア

●必須 ○任意

ディストーション・アナライザ ● DA2
レーザセンサ ● LK-Hxxx他(被測定物による)
マイクロフォンセット ○ マイクロフォンセット他
ドライバスタンド(DUT取付け冶具) ● プロ用ドライバスタンド
オーディオアンプ ● PLXシリーズ
PC ●  

機器構成

ソフトウエア

●必須 ○任意

基本ソフトウエア

デスクトップ・ソフトウエア ● dB-Lab

アプリケーション(測定)ソフトウエア・モジュール

リニアパラメータ測定 ● LPM
大信号ドメインのパラメータ測定 ○ LSI他(ウーファ、ツィータ、ミッドレンジ、ボックス)
伝達関数測定 ○ TRF他(伝達関数、伝達関数+ラブ&バズ)
歪み測定 ○ DIS他(3D歪み、HI2 +IMD )
シミュレーション ○ SIM
オーラリゼーション ○ AUR

dB-Labデスクトップ・ソフトウエア

  • 必須ソフトウエア
  • 各種モジュールへの共通環境を提供するマネージメントソフトウエア
  • アプリケーション・モジュールのカスタマイズ
  • 生産、ラボ、オフィスでデータの評価が可能
  • 測定結果のグラフ表示のカスタマイズと保存
  • データの簡単なアーカイブ

LPMリニアパラメータ測定(Thile-Smallパラメータ等)

  • リニアT/Sパラメータとその他のトランスジューサ・パラメータ測定
  • 小信号ドメインのリミット検出
  • パラメータ確度の評価
  • 各種トランスジューサの測定

LSI大信号ドメインのパラメータ測定

  • リニア、ノンリニア、サーマルパラメータの測定
  • ボイスコイル位置と入力電流に対するBl、Kms、Le関数の測定
  • モータとサスペンションの解析
  • ボイスコイルの定常位置のチェック

TRF伝達関数測定


  • トランジェント動作の調査(インパルスレスポンス)
  • 歪みとノイズのチェック
  • ラブ&バズの測定

DIS 3D歪測定

  • 小信号、大信号ドメインでのスピーカ最適化
  • 信号歪みと振幅飽和の測定
  • 安定動作と最大出力の確定
  • リミットでのスピーカ測定を安全に

SIMスピーカシステムのシミュレーション

  • トランスジューサの集中定数解析
  • FEA、BEAを測定と比較
  • プロトタイプのコスト削減

オーラリゼーション

  • 客観評価と主観評価の組合わせ
  • 音楽でスピーカの解析
  • 個別歪み成分のリスニング
  • エンジニアリングとマーケティングの橋渡しに

カタログダウンロード

スピーカ測定システム

スピーカ測定システム

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます

FAQ