機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報





imc CANSASfit 

imc Test & Measurement GmbH
imc CANSASfit
0

imc CANSASfit

は、小型・軽量で、耐環境性に優れたモデルです。-40~125℃の動作温度、IP65防水、そしてMIL-STD-810に対応した耐振・耐衝撃性はあらゆるシーンでの利用を可能にします。
エンジンルームや内装パネル内など、限られたスペースに設置して分散型計測システムを構築したり、モジュールをスタックして集中型計測システムとしてご利用いただくことも可能です。
モジュールをスタックする際は、ワイヤリングや専用工具を必要としません。

製品一覧を見る

imc CNASASflex カタログ

sample

特長

imc CANSASfitは、小型で耐環境性が高いため、限られたスペースに設置するのに最適です。 imc CANSASfitをセンサ近傍に設置することでアナログ信号配線を減らしたり、ノイズの影響を軽減することができます。

imc CANSASfit

また、複数のモジュールをワンタッチでクリックすることができ、分散型計測システムと集中型計測システムの双方に対応することができます。 スタックされたモジュール間はCANケーブルや電源ケーブルの配線は不要です。

imc CANSASfit
誰でも簡単にスタック  複数モジュールのスタック例    極低温環境下での動作試験

ラインナップ

imc CANSASflex/imc CANSASfitのラインナップ

記号:●標準 ○オプション (●)限定

imc CANSASflex imc CASNASfit ※画像クリックで拡大表示

アプリケーション

imc CANSAS による計測アプリケーション
imc CANSAS モジュールを使った試験計測アプリケーションは、自動車開発現場、各種監視計測分野などで設備投資上の様々なコスト削減/試験時間短縮などの効果を実現するために役立ちます。
配線量および配線工数の削減
近年、各産業における計測要求は日増しに高まっており、計測チャンネル数という観点においても、より多くのチャンネルを計測する要求が発生しています。 しかし、数十から数百チャンネルのアナログ配線を行う場合、そ の配線量や配線工数は膨大になります。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b01a.jpg.jpg
ノイズ軽減
アナログ式センサの出力は数mV、あるいはそれ以下の場合もあ ります。このように非常に小さな電気信号をアンプまで配線する場合、ノイズの影響を受け、センサ信号がノイズに埋もれてしまうことがあります。
そのため、センサアンプはできる限りセンサの近くに設置することが望ましいと考えられます。
しかし、センサアンプから出力される数V 程度の信号も、決してノイズに強いわけではありません。また、センサアンプをセンサ近傍に設置することが困難な場合や、近年主流となっているアンプ内蔵型(一体型)データロガーを使用することで、センサアンプのみをセンサ近傍に設置することができない場合もあります。
小型・軽量でセンサアンプを内蔵したimc CANSAS は、センサで近傍AD 変換することが可能です。AD 変換後の信号はデジタル信号「CAN」としてデータ収録システムまで配線されるため、ノイズの影響を受けにくい計測環境を実現することが可能です。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b02a.jpg.jpg
分散型計測システムの構築
多くの計測点が広域に渡って分散されている場合、アナログ信号配線では、前述のように配線量およびその工数、そしてノイズの問題が生じます。このような環境では、imc CANSAS を計測点の近くに分散設置し、 imc CANSAS 間をCAN バスで接続することで、スマートな計測システムを構築することができます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b04.jpg.jpg
CAN バス付き各種収録器/解析装置/コントローラーへの入力
近年、CAN バスインターフェース付きのデータ収録システムは 数多く存在し、あらゆる産業で広く使われています。これらの収録システムにimc CANSAS を接続して、計測チャンネル数を追加することが可能です。また、CAN バスアナライザや、自動車用統合制御開発などで利用されるラピッドプロトタイピングコントローラなどへの信号入力の追加にimc CANSAS をご利用いただけます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b05a.jpg.jpg
自動車の実車両試験
実車両試験において、計測信号配線の取り回しは工数を削減した項目の1 つです。例えば、エンジンルーム内の温度を数十点計測する場合、車室内に設置された収録装置まで数十本の熱電対を配線しなければならず、その作業には多くの時間を費やします。120℃での動作を保証しているimc μCANSAS シリーズならば、エンジンルーム内に設置することができるため、エンジンルームから数十点、あるいは数百点のデータを1本のCAN バスラインで車 室内の収録装置に配線することができます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b06.jpg.jpg

エンジンルームに限らず、車両の各点を測定する際、imc CANSAS を測定点の近くに分散設置することで配線量と配線工数を削減することができます。
また、試験車両は複数の部門で共有されることがありますが、 予め各部門が必要とするセンサをimc CANSAS に接続し、計測用の CAN バスラインを車両に敷設しておくことで、各部門でのセットアップ工数を削減することができます。上述のように車両内にimc CANSAS を設置した状態で、環境試験ベ ンチや風洞試験ベンチに投入することで、ベンチ内でのセットアップ時間を削減し、走行試験からベンチ試験への移行が短時間で行えます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b07a.jpg.jpgimage_toyo_car_img_CANSAS_can_b08a.jpg.jpg
自動車のベンチ試験
近年、テストベ ンチ試験設備の高度化により、効率的に試験が行 えるようになってきています。しかし、センサの配線を含む計測部のセットアップ作業は、人の手による作業が大半を占めており、多大な工数がかかっています。従来、このような作業はベンチ内で行われていましたが、これはベンチの稼働率を低下させる要因 となります。
imc CANSAS を試験設備の計測フロントエンドとして利用した場合、ベンチの外でセットアップ作業を行うことができるため、ベンチ 内での作業を大幅に軽減し、ベンチの稼働率を向上させることができます。
また、計測チャンネルをモジュール単位で構成できるimc CANSAS は自由度が高く、且つ複数のベンチ間で共有することでモジュールを有効活用することができます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b09a.jpg.jpg

境試験ベンチでimc CANSAS をご利用いただく場合、μCANSAS シリーズが有効になります。
imc μ-CANSAS シリーズは温度-40 ~120℃、高度20,000m
相当の環境で動作するため、高温/低温環境試験や、高地(低気圧)環境 試験を行う際、ベンチ内にimc CANSAS を設置することができます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b10.jpg.jpg

モジュール単位で共有できるimc CANSAS は、ベンチ間での共有だけでなく、実車試験との共有もできます。
実車試験とベンチ試験で同じフロントエンドを使用することで、 同じ精度で計測することができます。
image_toyo_car_img_CANSAS_can_b11.jpg.jpg

カタログダウンロード

アナログ-CAN変換ツール imc CANSASfit カタログ

アナログ-CAN変換ツール imc CANSASfit カタログ

カタログダウンロード

クリックしてPDFを表示・保存できます

ダウンロード

●imc CANSAS設定用ソフトウェア
 「CAN/CON17」のダウンロードはこちら
ダウンロードはこちら
右のアイコンをクリックし、ライセンス規約に同意のうえダウンロード願います。 なお、ダウンロードにはお客様の情報を入力いただく必要がございます。

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。