Müller-BBM VibroAkustik Systeme GmbH

フロントエンド MKⅡ

MKⅡはPAKシステムのフロントエンドです。測定する物理量に合わせて入力モジュールを構成することにより、実験環境に適応した計測システムを構築する事が可能です。

製品一覧を見る

騒音振動解析システム PAK カタログ

特長

MKⅡフロントエンドはユーザーの測定規模と計測内容に併せて自由にシステムを構成する事が可能です。

メインフレーム一覧

モデル 最大チャンネル数 モジュール数
MKⅡ-2slot 16ch 4
MKⅡ-3slot 32ch 8
MKⅡ-4slot 48ch 12
MKⅡ-6slot 80ch 20
MKⅡ-10slot 128ch 32

入力モジュール一覧

モデル 測定モード チャンネル数
ICP42 電圧入力(最大±10V) ICPセンサ 4
ICP42S 電圧入力(最大±60V) ICPセンサ (高速サンプリング) 4
ICM42S 電圧入力(最大±60V) ICPセンサ 電圧出力 16
ICT42 電圧入力(最大±10V) ICPセンサ + タコ 2 + 2
ICT42S 電圧入力(最大±60V) ICPセンサ (高速サンプリング) + タコ 2 + 2
CHG42S 電荷出力型センサ(シングルエンド入力) 4
DCH42S 電荷出力型センサ(差動入力) 4
THM42 熱電対 Pt100 電圧入力 8
WSB42 電圧入力 AC-DCブリッジ 差動変圧式センサ 4
WSB42X 電圧入力 AC-DCブリッジ 差動変圧式センサ ICPセンサ 4
MIC42X 外部分極型マイクロフォン 2
ALO42S 電圧出力 4
CAN42 CAN入力 2ノード
FLX42 FlexRay入力 2ノード
GPS42 時刻 位置 1ノード
IRG42 時刻 位置 IRIG 1ノード
ECT42 EtherCAT 1ノード
DAR42 AES3デジタルオーディオ入力 2

アプリケーション

多チャンネルの同期計測例(~500ch)

更に多チャンネルの同期計測例(500ch~)

カタログダウンロード

騒音振動解析システム PAK

騒音振動解析システム PAK

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます

動画