Lake Shore Cryotronics Inc.(レイクショア / USA)

VSM 振動試料型磁力計 8600シリーズ

8600シリーズは、高感度、ハイスピードを実現した次世代VSMです。永久磁石から岩石や軟磁性材料まで幅広く対応可能です。

<FORC測定について>
一般的にFORC測定は100ループほど測定するため時間がかかります。また低ノイズである必要がありますが、8600シリーズは適しています。磁場を100nT分解能でスイープ可能なため、軟磁性材料評価にも対応しています。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Email:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

  • 真空中、または不活性ガス雰囲気中での測定が可能
  • 高感度測定 (1.0 x 10-7 emu) が可能
  • 磁界強度 最大-3.1T~3.1T (室温)
  • バイポーラ電源により、零磁場を通じたスムーズで連続的な変移が可能
  • 典型的なサンプル測定時間は、1分程度(ヒステリシスループ全域測定)
  • 試料大きさは最大で25.4mmに対応
  • 磁気抵抗測定(MR)オプションにより、サンプルサイズ18mm、673K(400℃)に拡張
  • 液体He/N2クライオスタットにより 6K~425Kの低温測定に対応
  • 高温オーブンにより 305K~1,273Kの測定に対応
  • 自動回転機構付き

仕様

  8604 8607
最大磁界強度 2.76T 3.26T
測定レンジ 25nemu ~ 1,000emu
磁場ランプレート 1T / sec 0.5T / sec
磁場分解能 100 nT
サンプルローテーション レンジ:連続、設定分解能:0.1°
温度オプション クライオスタット(LHe):4.2Kベース、5.5-450K温調
クライオスタット(LN2):77.6Kベース、85-450K温調
SSVT:78Kベース、100-950K温調
オーブン:303-1,273K
  • ヒステリシス曲線
  • FORC測定
  • 初期磁化曲線
  • 減磁曲線
  • 残留磁化測定
  • 時間軸測定
  • マイナーループ測定
  • 角度依存性測定
  • スクリプト機能によるカスタマイズ測定
  • 温度依存性測定、キュリー点測定等(温度オプション使用時)

アプリケーション

磁気記憶装置材料

  • 磁気ヘッド材料(GMR、CMR)、スピンバルブ材料
  • スパッタされたハードディスク薄膜
  • 金属蒸着テープ、オーディオテープ、ビデオテープ
  • 光磁気材料、磁気光学材料

永久磁石

  • 希土類ネオジウム/鉄/ボロン、サマリウムコバルト化合物
  • ハードフェライト
  • ポリマー複合磁石

研究

  • GMR, CMR, TMR 極薄膜磁気構造
  • 希土類、遷移金属材料
  • 分子磁石
  • 高温・有機超伝導体
  • スピングラス
  • アモルファス・微小結晶体
  • 磁性流体・反磁性体・常磁性体・超常磁性体・鉄合金・反強誘電体・フェリ磁性体材料

わずか13nemu RMS、50nemu p-p の低ノイズ

14memuの磁性体を10ms/ptの条件でヒステリシスループ測定した場合、わずか13秒。

14memuの磁性体を46ループしたFORC測定の場合、わずか4分32秒。

動画