第13回オートモーティブワールド
「第4回自動運転EXPO」

開催時間

10:00~18:00 (最終日のみ17:00)

●場所

    東京ビッグサイト
    【ブース位置:南ホール1F S12-30】

「世界最高水準の“はかる”技術でクルマの未来を創る」をコンセプトに、 自動運転向けの試験装置を多数展示します。皆様のご来場をお待ちしております。


出展製品のご紹介

*都合により予告なく出展製品を変更することがあります。予めご了承ください。

車載イーサネットパフォーマンステスタ「Automotive C1/C50」 情報通信 取扱い製品 

Automotive C50/C1

「Spirent Automotive C1/C50」は、リアルタイム車載イーサネットパフォーマンステスタです。AVB/TSN など最新鋭の制御処理試験機能とフル帯域負荷試験機能を併せ持ち車載イーサネットバス対応 ECU、エッジデバイスのベンチマークテストに最適な開発ツールです。

製品詳細はこちら

高速伝送ハーネステスター「MMVNA-200」 情報通信 取扱い製品 

MMVNA-200

車載イーサネットに代表される高速伝送で利用されるハーネスに求められる試験機能を実装したハーネステスターです。テーブル上で邪魔にならないコンパクトサイズで、コストパフォーマンスに優れています。ケーブル製造会社、ハーネス加工会社、自動車会社等で製造工程や性能試験の用途で使われています。

製品詳細はこちら

5G/V2X 電波伝搬エミュレーター 情報通信 取扱い製品 

5G/V2X 電波伝搬エミュレーター

5GやV2Xといったコネクテッドで利用する無線通信の電波伝搬をエミュレーションします。距離や遮蔽物による信号の減衰、反射物によるマルチパスなどリアルな環境をラボ内で生成します。無線通信品質の評価、セーフティアプリケーションの評価に役立ちます。

製品詳細はこちら

ミリ波レーダーHILS ソリューション「ASGARD2」

ASGARD2

ADAS機能と処理アルゴリズムの評価を行うためのレーダーHILSソリューションです。ほぼゼロ距離までの衝突シナリオや多くのオブジェクトでの割り込み・飛び出しシナリオが実行可能です。アンテナを動かさずに、それぞれ異なる到来角度をもつマルチターゲットのシミュレーションが可能です

製品詳細はこちら

機械学習用CG 画像提供サービス「Anyverse」

Anyverse

AD(自動運転)/ADASの認知アルゴリズムに使用する AI(人工知能)の機械 学習用の CG 画像を提供します。お客様の要求に合わせて、実走行では撮影が困難なコーナーケースや特殊な状況などの CG 画像をお客様毎にカスタマイズして作成することが可能です。

製品詳細はこちら

自動運転/ADAS開発向けデータロガー(Zuragon)

自動運転/ADAS開発向けデータロガー

自動運転やADAS で使用されるカメラ LiDAR,Radar などのセンサ信号や CAN,LIN などの車内バス信号などを同期収録し、後から再生するためのデータロガーです。データロガーは 250mm x 210mm x 172mm の小型サイズ PC です。SDKによって解析表示機能を拡張することができ、レーンキープアシスト機能やオートパーキング機能の定量評価も可能です。

製品詳細はこちら

電力回生式・双方向直流電源(EA Elektro Automatik GmbH & Co.KG)

電力回生式・双方向直流電源

力行と回生がシームレスに行える2象限動作の直流電源です。コンパクト・軽量を実現し、 60V モデル~ 2,000V モデルまで電圧ラインナップをご用意しております。鉄道、自動車、二輪、小型モビリティなどの分野で、インバータ、 DC/DC コンバータ等の電装品評価、モーターの動作試験、大容量のバッテリー模擬、充放電試験に最適です。並列運転で最大36台1MWの大容量に対応可能です。

製品詳細はこちら

EV充電アナライザ・シミュレータ(comemso GmbH)

EV充電アナライザ・シミュレータ

EV充電アナライザシリーズは、充電ラインと制御・通信ラインを時刻同期して解析が可能です。また、電源・電子負荷と組み合わて EVや充電器の充電シミュレーションが可能です。拡張シミュレーション機能で通信の遅延・ロスなどの異常状態もシミュレーションできます。各種AC充電規格、CHAdeMO、COMBOⅠ、GB/Tの急速充電規格に対応。EV 充電機構の開発、品質確認、EV車載充電器やECUのテスト、EV 充電器の評価などに最適です。

製品詳細はこちら

バッテリーセルシミュレータ(comemso GmbH)

バッテリーセルシミュレータ

本製品はBMSのテストを、高精度かつ動的に実施出来ます。仮想的なバッテリーセルの模擬により、安全で再現性のあるBMSの試験を行うことが可能です。たとえば、実バッテリーでは再現の難しい各セルの電圧ばらつきを高精度に模擬します。また、短絡、開放、極性反転などの異常状態も模擬できます。最大 200ch までの拡張、外部通信による制御が可能で、BMSの自動テストに貢献します。

製品詳細はこちら

 

【展示会招待券(無料)お申し込み】
招待券(通常入場料:5,000円)をお送りしております。ぜひ、弊社までご請求ください。
下記「招待状ご希望の方はこちら」をクリックしていただき、必要事項をご記入して送信ください。
折り返し、招待状をお送りいたします。
(※2021年1月12日まで)

招待状希望はこちら

【主催者公式サイト】
第13回オートモーティブワールド
第4回自動運転EXPO
https://www.autonomous-drive.jp/