「ET & IoT Technology 2019」に出展します

2019年11月20日(水)~ 22日(金)

開催時間

10:00~17:00、21日は18:00まで

●場所

    パシフィコ横浜

「創造×想像」を支える最先端のソフトウェア・ソリューションをテーマに、オートモーティブ、家電/AV/アミューズメント、FA、モバイル/ネットワーク、スマートエネルギー、医療/介護、金融(銀行/証券/保険)領域のソフトウェア開発を支える、最先端のソフトウェア・ソリューションを次の5つのカテゴリーから紹介します。

自動運転/ADAS開発(機能安全)
自動車サイバーセキュリティ
シミュレーションモデル管理
働き方改革/生産性向上
デジタルトランスフォーメーション


イベント概要

名称 ET & IoT Technology 2019
(組込み総合技術展&IoT総合技術展)
会期 2019年11月20(水)~ 22日(金)
10:00~17:00、21日(木)は18:00まで
会場 パシフィコ横浜
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1[交通アクセス
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会
企画・推進 株式会社JTBコミュニケーションデザイン

展示ソリューション

★★ 小間番号:C-14 ★★

①自動運転/ADAS開発(機能安全)

 

C/C++対応動的テストツール「Cantata」

単体テストと統合テストの効率的な実施環境を提供し、費用対効果の高いC/C++ソースコードの動的検証を実現します。

⇒ さらに詳しく

 

 

ソースコードレビュー支援ツール「Helix QAC Dashboard」

静的解析したソースコード情報のWebベースでの共有、コードレビューを支援するツール。車載ソフトウェア向けコーディングガイドラインの遵守をサポートします。

⇒ さらに詳しく

 

 

アプリケーション・ライフサイクル・マネジメントツール「Helix ALM」

要件、タスク、変更要求などソフトウェア開発における様々な要素を体系化・集中管理できる、単一の統合アプリケーションです。

 

②自動車サイバーセキュリティ

 

C言語用ソースコード静的解析ツール「Helix QAC」自動車関連企業をはじめとする多くのお客様に採用されている、C言語ソースコード用の静的解析ツール。プログラムを実際に動作させることなく、ソースコード全体を詳細に解析し、不具合を発生させる箇所/保守性を損ねる箇所/移植性を損ねる箇所などの検出や複雑度を数値化、品質改善を支援します。

⇒ さらに詳しく

 

 

C/C++/Java対応ソースコード構造解析ツール「Imagix 4D」

大規模化および複雑化するC/C++/Javaプログラムのための、リバースエンジニアリングおよびドキュメント作成ツール。構造分析でソースコードの理解を容易にします。

⇒ さらに詳しく

 

③シミュレーションモデル管理

 

高速ソフトウェア構成管理ツール「Helix Core」

大規模シミュレーションモデルの高速かつ安定的なバージョン管理を実現。自動運転用リアルタイムシミュレーションに使われるモデルデータ、画像データ、映像データなどの大容量バイナリデータを高速かつ安定的にバージョン管理できる唯一のシステムです。

⇒ さらに詳しく

 

 

コラボレーションツール「Helix Swarm」

Webベースのチームコラボレーションツール。バージョン管理プロセスにレビュープロセスを組み込んで、チーム内のコラボレーションを促進します。また、開発成果物の品質の迅速かつ確実な向上をサポートします。

⇒ さらに詳しく

 

④働き方改革/生産性向上

 

ソフトウェア開発設計支援ツール「astah* professional」

開発支援のUML、データ設計のためのER図、データの流れを表現するDFD、フローチャート、発想支援のマインドマップなどを一つのツールで作成することができます。図間の連携機能もサポートするソフトウェアモデリング設計ツールです。

⇒ さらに詳しく

 

 

プロジェクト管理ツール「Hansoft」

クライアント・サーバー型のストレスフリーな高速プロジェクト管理ツール。従来のウォーターフォール開発からアジャイルやリーン開発まで、様々な開発手法を自由に組み合わせて、プロジェクトのスケジュール管理やバックログ管理、バグ管理を実現します。

⇒ さらに詳しく

 

 

トレーサビリティ管理&ALMツール「Polarion ALM」

トレーサビリティ管理で機能安全対応をサポートします。ソフトウェアのライフサイクルを通じて必要になる、要件管理、変更管理、リスク管理、タスク管理、テスト管理、不具合管理、リリース管理などの一連の管理機能をワンパッケージで提供し、機能安全対応用ソフトウェアの開発プロセス全体を効果的にサポートします。

⇒ さらに詳しく

 

⑤デジタルトランスフォーメーション


脆弱性静的解析ツール「Checkmarx CxSAST」
OSSリスク管理ツール「Checkmarx CxOSA」


ソースコードに潜む脆弱性を検出し可視化することでセキュアなソフトウェア開発を支援する、セキュリティに特化した高精度で柔軟性のある静的解析ツール、ならびに、オープンソースソフトウェア(OSS)のリスクを可視化し、適切に管理するためのツール。セキュリティリスクの見える化をソースコードレベルから実行します。

⇒ 「Checkmarx CxSAST」について、さらに詳しく

⇒ 「Checkmarx CxOSA」について、さらに詳しく

 

 

インタラクティブアプリケーション脆弱性検査ツール「Checkmarx CxIAST」

Webアプリケーションのセキュリティテストを自動化し、脆弱性を動的かつ継続的に検出する脆弱性検査ツール。 精度の高い検出結果がソースコードと共に提⽰されるため、開発エンジニアはセキュリティに関する知識やスキルに依存することなく、検査結果をもとに解決策の特定と修正を迅速に行うことができます。“DevSecOps”をより少ないコストで実現し、セキュリティ面も含めた高品質なWebアプリケーションを迅速にリリースすることが可能になります。

⇒ さらに詳しく

 

 

モバイルテスト自動化支援サービス「Perfectoモバイル」
Webテスト自動化支援サービス「Perfecto Web」


DevOpsの開発スピードを損ねることなく、確実かつ継続的にテストを実施できるモバイルアプリ/WebアプリのSaaS型テスト自動化支援サービス。位置情報/Touch ID/画像認識/音声認識を利用したモバイルアプリやレスポンシブ/プログレッシブなWebアプリなどの困難なテストシナリオも自動化します。

⇒ 「Perfectoモバイル」について、さらに詳しく

⇒ 「Perfecto Web」について、さらに詳しく

 

*展示内容は予告なしに変更することがございます。