Perforce Software, Inc.

C言語用ソースコード静的解析ツール「Helix QAC」

「Helix QAC(旧)QA·C」は、C言語ソースコード用の静的解析ツールです。
プログラムを実際に動作させることなく、ソースコード全体を詳細に解析し、不具合を発生させる箇所 / 保守性を損ねる箇所 / 移植性を損ねる箇所などの検出や複雑度の数値化を行い、品質改善に役立てて頂くことができます。

評価版

ダウンロード

特長

IEC61508とISO26262の認証取得

MISRA-Cコンプライアンスモジュール(MISRA-C Compliance Module)[オプション製品] をアドオンしたQA·Cは、機能安全規格IEC61508とISO26262への準拠を達成するうえでの「目的に適合する」ツールとして認証を受けています(参照:ニュースリリース)。

また、機能安全規格IEC61508またはISO26262に対するQA·CとMISRA-Cコンプライアンスモジュールの適用方法や位置づけをまとめた「セーフティマニュアル」を含むパッケージを認証パッケージ(有償)としてご提供しております。

ツール認証対象バージョン

QA·C 8.0, QA·C8.1.1, QA·C8.2.2, QA·C9.1.0, QA·C9.3.1, QA·C9.5.0

※認証パッケージ内の「セーフティマニュアル」に従って、それぞれ対応するMISRA-Cコンプライアンスモジュールとの組み合わせで使用した場合

MISRA-Cコーディングガイドラインチェック

IEC61508/ISO26262などの機能安全規格で求められている安全性の高いソフトウェア開発を実現するためには、開発言語に対応するコーディングガイドラインを策定し、順守する必要があります。
  QA·Cとアドオン製品のMISRA-Cコンプライアンスモジュールを用いることによって、自動車業界などで長年の実績があるMISRA-Cに対して、開発したソースコードが適合しているかどうかを評価し、機能安全規格への対応を円滑に進めることができます。
(MISRA適合度評価用ツールの第三者評価においてPRQA社の静的解析ツールQA·Cが首位を取得もご参照ください)
また、QA·Cの開発元である英国PRQA社は、MISRA-C:1998およびMISRA-C:2004の策定委員会の一員であるため、適切な解釈に基づいたサポートをご提供できます。

メリット

様々なチェック観点でソースコードの問題を早期に検出

開発の早い段階でソースコードを静的に解析することにより、単体テストなどの動的テストの実施前に潜在的なバグを発見できるため、開発コストと時間を大幅に削減できます。
ソースコードの信頼性、移植性、保守性を上げることができるため、ソースコードの品質向上と将来の保守コストの削減ができます。

可読性の向上による効率化の推進

ソースコードの可読性が低いと、機能変更や不具合修正をする際に、既存の処理フローを誤読してしまい、新たな不具合を作りこんでしまう可能性があります。
可読性を向上することで、このような問題を解消し、コードレビューやテストをより効率的に実施することができます。

移植性の向上による問題の未然防止

「ISO Cに準拠していないコンパイラ独自の機能を使用している箇所」と「ISO Cに準拠しているがコンパイラによって動作が異なる箇所」は移植時に問題を引き起こす可能性があります。
これらを早期に特定または解消することで、移植時の生産性を上げるとともに、信頼性の高いコードを記述することができます。

豊富なメトリクスによる品質の定量化

45 種類以上のソフトウエア・メトリックスを用いてソースコードを計算し、ソースコードの品質を客観的かつ定量的に評価できます。 品質を定量的に表すことによって、対象ソースコードを自社あるいは産業界の基準と比較でき、品質改善の指標とすることができます。

仕様

サポートOSとバージョン

Helix QACのバージョンによって、対応プラットホームが異なります。
詳しくは、Helix QACリリース情報 をご参照ください。

機能

ここでは QA·C の製品情報を記載します。 QA·C の製品情報は次の項目となります。

FAQ

TOYO DEVELOPER PORTAL (要会員登録)にて、製品・ソリューションに関するFAQ・設定手順等をご覧いただけます。
トラブル解決・環境構築等にご利用ください。

関連ソリューション

カスタマーサービス

コード解析センターの概要

東陽テクニカ コード解析センターでは、お客様のソースコードをお預かりし解析するサービスを行っております。対象の言語は、C、C++です。解析結果からコード解析レポートを作成し、(株)東陽テクニカのエンジニアがコード解析レポートに記された解析結果をレビューします。
当社のコード解析センターでは、これまでに 約250社の日本のお客様からお預かりしたソースコード(総数約400万行)を、静的解析してまいりました。
その結果によると、 日本のソースコードには欧米に比べ、深刻な問題が約5倍多く含まれている ことが分かりました。
高品質なコードを生成するためには、より慎重な言語の使用と能率の良いテストが必要です。
プログラムを実行しての動的テストを行う前に、自動的にリスクの高い深刻な問題を検出する静的テストが不可欠です。
コード解析センターで、静的テストを体験してみませんか?

コード解析のお申し込み方法

コード解析のお申し込み方法についてご説明いたします。

  1. 画面右端の「お問い合わせ」より、必要事項をご記入の上、送信してください。
    (注:ご用件項目では「その他」を選択し、「コード解析」とご入力ください。)
  2. 弊社の担当営業から、お客様にご連絡を取らせていただきます。

対象言語
C、C++

解析コードサイズについて
ソースコードは、約2万行(コメント、空白行込み)を 目安にしてください。
正確なコード解析レポートを作成するため、言語の様々な 側面を見ることが必要です。その為には、約2万行のソースコードが理想的です。

インクルードファイルについて
ソースコードが参照している全てのヘッダファイルを、 ソースコードとともにご送付ください。
ユーザ・プログラム内でローカルに作成されたヘッダファイルは もちろん、コンパイラのシステム・ヘッダ(stdio.h等)も、ご面倒でも全てご送付下さい。その際、ヘッダファイルから更に別のヘッダ ファイルを参照している場合も多くあります。この場合は、該当する全ての ヘッダファイルをご送付下さい。

解析期間
ツールによるコード解析の結果から、担当エンジニアがレポートを作成するため、 通常3週間の解析期間をいただいております。
ただし、コード解析の申し込みが集中した場合には、解析の納期が遅れることも ありますので、ご了承ください。

ライセンス情報

テクニカルサポート

技術的なお問い合わせ

QA·C に関する技術的なご質問に対しては、弊社のサポートデスクがお答えいたします。
お問い合わせ先:ss_support@toyo.co.jp

緊急の場合には、電話によるお問い合わせに対してもお答えいたします。お取扱い時間は、9:30~17:30(土日、祝日を除く)です。
ご注意
サポートデスク宛に技術的なご質問をお出しになる場合、お客様と弊社の間には保守契約が締結されている必要があります。

お問い合わせに際してのお願い

1. お問い合わせのE-mailに、次の情報を付加してください。それによって、より早い回答をお届けすることができます。

  • ご使用になっているOSの種類とバージョン
  • ご使用になっている製品のバージョン

2.エラーメッセージが出ている場合は、そのエラーメッセージを正確にお送りください。GUI の場合は、画面をキャプチャした画像ファイルをお送りください。

3. 可能な限り、その問題が発生した経緯、再現の手順をお知らせください。

トレーニング

QA·C のトレーニング・セミナーを開講しております。
具体的な日程につきましては、トレーニング・セミナー案内をご参照ください。

コード解析センター

コード解析センターでは、お客様のソースコードをお預かりし解析するサービスを行っております。対象の言語は、C、C++ です。
解析結果からコード解析レポートを作成し、東陽テクニカのエンジニアが、コード解析レポートに記された解析結果をレビューします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
コード解析センター

保守契約のご案内

保守ユーザ様向け情報

Softwareダウンロード

Manualダウンロード