Perforce Software, Inc.

プロジェクト管理ツール Hansoft

Hansoftは、クライアント・サーバー型の大規模開発支援プロジェクト管理ツールです。

Hansoftをご利用いただくことで、従来のウォーターフォール開発からアジャイルやリーン開発まで、様々な開発手法を自由に組み合わせて、プロジェクトのスケジュール管理やバックログ管理、バグ管理を行うことが可能になります。軽快な動作と直観的なインターフェースで、ストレスなく複数のプロジェクトとそれに伴う大量のタスクの優先度や進捗を一元的に管理できます。Hansoftは、ゲーム業界をはじめ、航空、宇宙などの幅広い業界で利用されており、大規模開発につきもののストレスを大幅に軽減し、混乱状態を解消します。

特長

大規模開発のためのバックログ管理機能

近年、開発プロジェクトのプランニングやトラッキングに欠かせないのがバックログ機能です。やるべき仕事の数が膨大になったとしても、Hansoftなら階層化し、優先順位をつけて大量の作業も整理できるため、開発チーム内での作業量の予測と適切な担当決めが可能になります。

意思決定者に最適なレポート&ダッシュボード機能

プロジェクトの進捗状況を部署/プロジェクト/個人単位で視覚化し、遅れの原因となるボトルネックも即座に特定できます。意思決定者は、Hansoftのレポート&ダッシュボードを利用することで必要な情報を全てリアルタイムに確認できます。

スクラム、かんばん、ガントチャートの融合

プロジェクトや製品開発の成功に必要な鍵となるのが、短期プランと長期プランをいかに巧みに組み合わせるかです。従来型のスケジュール管理手法(ガントチャート)とアジャイル型のスケジュール管理手法(スクラム、かんばん)を必要に応じて自由に使い分けたり、融合させることができる点がHansoftの強みです。

臨機応変なプロジェクト管理 - 最大20%の効率アップ

Hansoftは他社のWebベースツールと比べ、10倍から100倍も軽快に動作します。Hansoftのクライアントソフトは、Windows、Mac、Linux用のネイティブアプリとして動作するため、クリックから処理を待たなければならないというようなイライラとは無縁です。更に、属性やワークフローの変更もいつでも行うことができます。

Hansoftの特長


Windowsネイティブ
Windows OSの最新版でネイティブに動作します。

OS Xネイティブ
OS Xの最新版でネイティブに動作します。

Linuxネイティブ
ほぼ全てのLinuxディストリビューションでネイティブに動作します。

スクラム
スプリント、ユーザーストーリー、ポイント、バーンダウンなど、スクラムに必要なものは全て利用できます。

ガント
タスク間の依存関係が強く、タイムラインが重要になる場合は、ガントチャート機能が便利です。

かんばん
WIP(Work in Progress:仕掛り作業)を制限することで、無駄を抑えてフロー効率を最大限に高めることができます。

スプリントとガントスケジュールの融合
開発手法は、チームや開発する製品ごとに自由に最適なものを選択できます。

プロダクトバックログ(WBS)の一元管理
開発手法を問わず、プロダクトバックログ(WBS)を活用できます。

柔軟なリリースタグ
複数のリリースへのタスクのタグ付けが可能です。Hバーンダウンチャート&レポート機能も使えます。

チームでの利用にも最適
個人で使いやすいtodoリストに加え、Hansoftはチーム内での作業の見える化も実現します。

プログラムプランニング
プログラム実行に不可欠な共有バックログやダッシュボードをはじめとする様々な機能を搭載しています。

ポートフォリオ
リスク管理や予算管理に必要な情報を全て一か所に集めることで、タイムリーかつ適切な意識決定をサポートします。

大規模開発環境向け
管理権限の移譲設定と公開設定で、一万人以上のユーザーを抱える開発環境にも対応。

分散開発環境にも対応
距離が離れていて、ネットワーク環境が悪かったとしても、問題なくプロジェクト管理が行えるようにHansoftは最適化されています。

品質保証(QA)
機能もバグも課題も、全てを一か所で管理できます。品質管理機能で厳しい要求にも応えます。

ダッシュボード
全てのユーザーがリアルタイムに必要な情報にアクセスできます。

レポート
SQLなどの知識が無くても簡単かつ柔軟にレポートの作成ができます。

情報共有
ダッシュボードやレポートはユーザー間で簡単にシェアすることができます。

パフォーマンス
JIRAのようなWebツールと比べて、10倍から100倍も速く動作します。

セキュリティ
安全性に関しては、X.509規格に対応。また、全てのコミュニケーションはAES-256ビットの暗号化がされています。

臨機応変
ワークフローの変更も一括更新やドラッグ&ドロップなどで一瞬でできるため、臨機応変な対応が可能です。

SDK&連携


SDK
C++, C#, Javaなどの.NET言語を使って、カスタムプラグインの作成や連携が可能です。

Active Directory
Active Directoryとの連携により、簡単に各企業のITポリシーに準拠した認証が可能になります。

JIRA
双方向かつリアルタイムに課題の同期ができます。ワークフローもJIRAから自動的にマッピングされます。

Perforce
PerforceからのチェックインをHansoftのアイテムにマッピングすることで双方向の連携を実現できます。

Git
Gitレポジトリと連携し、フックを利用することで、Hansoftのアイテムへのマッピングのタイムングを決定できます。

その他
カスタムプラグインが、GitHubレポジトリでも提供されています。

評価版
実際の作業環境でHansoftの使いやすさを実感していただくために、5ユーザーまで無償・期間無制限で使用できるライセンスを提供しております。こちらからお申し込みください。

5ユーザー以上での評価をご希望の場合は、お気軽に弊社までご相談ください。

テクニカルサポート

技術的なお問い合わせ

Hansoftに関する技術的なご質問に対しては、弊社のサポートデスクがお答えいたします。
お問い合わせ先:ss_support@toyo.co.jp

緊急の場合には、電話によるお問い合わせに対してもお答えいたします。
お取扱い時間は、 9:30~17:30(⼟⽇、祝⽇を除く)です。

ご注意:
サポートデスク宛に技術的なご質問をお出しになる場合、お客様と弊社の間には 保守契約が締結されている必要があります。

お問い合わせに際してのお願い

  1. お問い合わせのE-mailに、次の情報を付加してください。それによって、より早い回答をお届けすることができます。
    ・ ご使用になっているOSの種類とバージョン
    ・ ご使用になっている製品のバージョン
  2. エラーメッセージが出ている場合は、そのエラーメッセージを正確にお送りください。また、問題が発生した画面をキャプチャした画像ファイルをお送りください。
  3. 可能な限り、その問題が発⽣した経緯、再現の⼿順をお知らせください

保守契約のご案内