ソフトウェア開発支援
IR情報 会社情報





ISO 26262認証支援用セーフティマニュアル 

Programming Research Ltd.
ISO 26262認証支援用セーフティマニュアル 118_ext_07_0.jpg
0
  • 118_ext_0

    1

ISO 26262認証支援用セーフティマニュアルは、ISO 26262 Part 6に準拠したソフトウェア開発のために「QA・CとMISRA-Cコンプライアンスモジュール」「QA・C++とMISRA-C++コンプライアンスモジュール」および「QA・C++とAUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」を使用する方法とツールが認証取得をサポートできる範囲を説明します。

また、ISO 26262認証支援用セーフティマニュアルは、ISO 26262認証を取得する際に認定機関への提出が求められる下記2点の書類とセットで提供されます。

 
  • - ISO 26262認証証書 (SGS-TÜV-SAAR発行)
  • - ISO 26262認証取得時に使用されたレポート

     

特長

ISO 26262は、自動車の機能安全に関する国際規格です。このISO 26262のPart 6「ソフトウェアレベルの製品開発」では、ソフトウェア開発初期段階で実施されるアーキテクチャ設計、ソフトウェアユニット設計とその実装における要件が規定されています。
 

TUV-SAAR-Certificate-Thumbnail.jpg

「QA・CとMISRA-Cコンプライアンスモジュール」「QA・C++とMISRA-C++コンプライアンスモジュール」および「QA・C++とAUTOSAR C++コンプライアンスモジュール」は、ISO 26262認証支援用セーフティマニュアルに記載される方法で利用した場合、ISO 26262(ASIL Dまで)に準拠した“安全に関わるソフトウェア開発”を行う上での利用に適したツールとしての認証を受けています。

   

ISO 26262認証支援用セーフティマニュアルは、ISO 26262 Part 6に準拠したソフトウェア開発のために上記組み合わせの「QA·C/C++とコンプライアンスモジュール」を使用する方法を説明します。


また、ISO 26262 Part 6に準拠する上で考慮することが求められる点に対して、上記組み合わせの「QA·C/C++とコンプライアンスモジュール」が対応できる範囲を以下の例のように示します。

表1 - モデリングとコーディングのガイドラインによってカバーされる項目(一部のみ抜粋)
項目
ASIL
対応
A
B
C
D
QA·C
QA·C++
1a. 低複雑性の厳守
++
++
++
++
1b. 言語サブセットの使用
++
++
++
++
1c. 強い型付けの厳守
++
++
++
++

(出典:ISO 26262:2011)

仕様

■ツール認証対象バージョン

ISO26262ツール認証が行われたQA·C/C++は以下のバージョンです。

 

※いずれも対応する MISRA C/C++コンプライアンスモジュール、またはAUTOSAR C++コンプライアンスモジュールを使用する必要があります。
 

  • QA·C8.0, QA·C8.1.1, QA·C8.2.2, QA·C9.1.0, QA·C9.3.1, QA·C9.5.0
  • QA·C++3.0, QA·C++3.2.2, QA·C++4.1.0, QA·C++4.3.0

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (4)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。