自動車計測ポータル-最新計測技術の情報発信サイト
お問い合わせ
EV/ADAS/自動運転時代に必要な新試験手法とは?
注目のコラム 1
技術コラム

EV/ADAS/自動運転時代に必要な新試験手法とは?

自動車の安全性と快適性の両立にはEMC(電磁両立性)技術が不可欠です。電気自動車、自動運転の開発が進む中、自動車産業界では新しいEMC試験方法を取り入れる動きがあります。東陽テクニカは、ハブ結合式シャシダイナモメータ「ROTOTEST Energy」のEMC対応など、 常に最適な評価方法を模索して提案を行っています。

more
これからの自動車計測はどこへ行く 1/3
注目のコラム 1
技術コラム

これからの自動車計測はどこへ行く [1/3]

自動運転実現のために今後必要となる計測手法を探る!歩行者、運転者、そして自動車の挙動を測ることによって、車両自体が制御を行うより高度な自動運転、より安全で能率的な輸送システムの実現に役立ちます。計測の専門家集団、東陽テクニカだからこそできる実験に挑戦しました。3回連載の第1回目です。

more
EV(電気自動車)特有の音を<br>「はかる」Part 2
注目のコラム 2
技術コラム

EV(電気自動車)特有の音を
「はかる」Part 2

EV(電気自動車)は静かで快適、というのは本当でしょうか。実は、ICE(内燃機関エンジン)による“音のマスキング効果”がなくなることで、EV特有の高周波音が表面化します。従来目立たなかった音を測るためには、自己ノイズレベルの小さい精密マイクロホンが必要になるのです。

more
注目のコラム 2
技術コラム

安全なEV時代を迎えるために
~バッテリ評価の観点から~

環境にやさしく、静かで乗り心地が良い ー いいことずくめのようなEV(電気自動車)。そのEVの駆動を支えているのはバッテリとモーターです。安心してEVに乗るためには、バッテリの安全性が確保されなくてはなりません。EV用車載バッテリを安全にかつ効率的に評価するためにどんな試験を行う必要があるのでしょうか?

more
EV/ADAS/自動運転時代に必要な新試験手法とは?
これからの自動車計測はどこへ行く 1/3
EV(電気自動車)特有の音を「はかる」Part 2
安全なEV時代を迎えるために~バッテリ評価の観点から~

ニュースリリース&お知らせ

 

セミナー・イベント

一覧を見る

コラム:自動運転

自動運転コラム一覧へ

コラム:電動化

電動化コラム一覧へ
PageTop
本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。